• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

小説/詩

このテーマに投稿された記事:64117件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c279/32/
小説/詩
このテーマについて
JUGEMの旧公式テーマです
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16 >

Core Porno

僕以外の敵にも眼球を向けて こっそり数を増やしてるよね 堕落の味を覚えた危うい顔 二人の交尾を見届け何十人目 得意気に君が聴かせたがる 古びたメロディはB級ゾンビ 遠く離れていてもテレパシー 膝が笑ってる君を透視するよ 感情を揺さぶること叶わない 酷く肥えた君が僕に泣き縋る 破壊済みの観念を基準として 無為に流れる時間に甘えてく 意図的に目を合わせた白昼に 軽く恐怖を植え付けたけど 後退りできない悲惨な君を 僕は密やかに嘲り見下すだけ 変態であると告白した君の恋 抱き寄せて欲しいと強...

常闇の塔 | 2017.07.13 Thu 15:28

Angra Mainyu

邪神を唸るその身に取り込む 見る見る内に変形していく もはや人科とは呼べぬ 強力で危険な自己暗示 夢想ではない心情を現す術だ 浅ましい協調性で奇怪した 教室を血の海に変えて 思う存分化身すればいい 性に合わない割に合わない 級友を切り捨てな 役に立たない話にならない 先公をぶちのめしな 愚の骨頂たる発想力じゃ 笑止千万 井の中の蛙 一点のみしか汲み取れぬ低能 変異と怪奇で手遅れの社会 水面下でのみ平行線を辿れ 見苦しい作り笑いで異変した 職場を血の海に変えて 思う存分咆哮すればいい...

常闇の塔 | 2017.07.13 Thu 15:20

詩『金輪際:On No Account』

にどと、けっして、ぜったいに なぜかそれをあらわす語彙は豊富にあるのだ だれもがそこに直面せざるをえないからなのだろうか 過去をちょうけしにするのはもちろん 未来の可能性さえも否定する だから現在はただ、そこにたちつくすのみ ちっぽけなスポットライトにうかびあがるたったひとりのわたし 無論、それ以外は闇のなかだ そうして自閉する せまくくらくちっぽけな空間に にもかかわらずにそのそとは荒涼とした原野だ つよい風がふきあれるにまかせている だから安心するがよい きみはけっしてうそつきで...

with a kiss, passing the key | 2017.07.09 Sun 00:00

蜜蜂と遠雷

2017年上期の#1ベストセラー、『蜜蜂と遠雷』を読みました。500ページを2日で一気読みではあったのですが、3次審査のあとはコンクールの緊張感と同じように弛緩してしまい、コンクールの制約から逸脱できずにありきたりにまとまっていることを残念に思う。「爆弾を仕掛けた」と言って期待を持たせたからには塵と亜夜の音楽的な進化をもう少し飛躍させてもらいたかったのだけど。   リストのピアノソナタ ロ短調から湧き上がるドラマは恩田陸らしくて好きだけど(あのロシア文学っぽい物語を読んでみたい)、音楽を可視...

通訳日記 | 2017.07.04 Tue 01:25

お前には無理だ、魚住。壊れた部外者・YUI(ダセー物狂い)の葬儀。デブ醜女、もうやめた方がいい。

空っぽ豚のエアYUI無才のデブ虫YUIのじいさん。犯されラリった肉YUI弱い空気ハゲYUIのじいさん。根暗空想パンクYUI口臭臭い幻の夢YUIのじいさん。落ちぶれヘタレ死亡YUI糞うざい沈むYUIのじいさん。恥知らず不様大昔YUIゴミの下劣ペテン師YUIのじいさん。低俗マネキン巨人YUI哀れデク旧世代YUIのじいさん。古い自虐の無YUI終わる惨め永眠YUIのじいさん。過大評価のカワイイ馬鹿YUIズタズタ絶命バケモノYUIのじいさん。吊され放屁死ねYUI昇るデブタ人形YUIのじいさん。傷だらけ亡霊バラバラYUIうんこ可哀想な逃げるYUIのじいさん。きも...

常闇の塔 | 2017.07.02 Sun 03:43

移植

ものの見事に 下郎に反映された 自業自得の恥辱か 裁きで与えたものは 死生ではない 兢兢と混迷よ 植え付けられし 蟹の種が すくすく芽生える頃 腫れ上がる臓物 殺られて殺られて 少女は虚ろ 夢精を嫌う僕と 快感を望む彼 30分及び5分で違う 此れら神格化の大局 乳離れできない 僕の子を抱きたがる 生娘を呼び寄せる 不登校日は不貞寝 夏よ来たれ 僕が犯る

常闇の塔 | 2017.07.02 Sun 02:32

修羅扇

五月雨の日の生理に 駆り立てられる 君が僕にぶつけた苛立ち 切れた唇に笑みが浮かぶ 僕の横で眠る君と 二人で見た夢は 現を超えて 地上を脅かしてゆく 成就の扉を招来して 沙漠に埋もれた 異形の白骨 古代の声を運んでくる 氷の国で 壊されてたあの娘に 求めたものは 愛玩じゃない 即ち氷の愛慾だった 生殺しで飼われる白兎を 気が狂うまで強請り 二人で拉致る 頬に宛行う冷えた掌 涙ぐむ僕が俯く なぞり落ちる指先に 君の涙は伴わない 現れては消える妖花 面影を重ねて 宵宮の艶姿 射影が...

常闇の塔 | 2017.07.02 Sun 02:28

詩『敵意:Aggression』

さすような視線を始終かんじる 昨日も今日も 昨夜も今朝も 逐一、わたしをみつめているようだ それはいまはじまったことでもない いまさらながらの日常だ そいつはかねてから おしだまり わたしひとりをみているのだ わたしのねがい わたしのほまれ わたしのいつくしみ そしてもちろん わたしのねたみ わたしの殺意も すべてそいつはしっている だからわたしは日記をやめた わたし以上にわたしをみている わたし以上にしっている きっと そいつに なにもかも だからゆだねるのだ

with a kiss, passing the key | 2017.07.02 Sun 00:02

修羅扇

五月雨の日の生理に 駆り立てられる 君が僕にぶつけた苛立ち 切れた唇に笑みが浮かぶ 僕の横で眠る君と 二人で見た夢は 現を超えて 地上を脅かしてゆく 成就の扉を招来して 沙漠に埋もれた 異形の白骨 古代の声を運んでくる 氷の国で 壊されてたあの娘に 求めたものは 愛玩じゃない 即ち氷の愛慾だった 生殺しで飼われる白兎を 気が狂うまで強請り 二人で拉致る 頬に宛行う冷えた掌 涙ぐむ僕が俯く なぞり落ちる指先に 君の涙は伴わない 現れては消える妖花 面影を重ねて 宵宮の艶姿 射影が...

常闇の塔 | 2017.07.01 Sat 00:14

このテーマに記事を投稿する"

< 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16 >

全1000件中 101 - 110 件表示 (11/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!