• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

小説/詩

このテーマに投稿された記事:64303件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c279/32/
小説/詩
このテーマについて
JUGEMの旧公式テーマです
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 >

お知らせ(作品投稿したぞ)

JUGEMテーマ:小説/詩       どうも、お久し振りです。柏木です。   随分前だけど、後輩ちゃんに大学時代に何故か書くハメになったBLの話をしたら「読みたいです!」と言われてしまったので、せっせと誤字などを修正し発表の準備をしていました。   何やってんだ?   いや、本当に何やってんだ?       というワケで、PrivatterとpictBLandで公開することにしました! 読むのにログインが必要だったりするので、お好きな方をどうぞ。 ...

新・戯言綴り | 2018.05.01 Tue 23:51

波の回廊 95

    「松島さんは東京のご出身なのに、会津若松の理事長さんと何かつながりでもあったんですか」 「特にありません。でも、わたくしが東京出身だなんて誰がいいましたか?」 権蔵は夜勤の門口恵子から聞いていたのだ。 「違いますか」 「東京ではありません」 松島は否定するだけで出身地はいわなかった。口の固い女だ。これ以上プライベートなことを訊いても彼女は何もしゃべらないだろう。 「いろいろと詮索なさるのは新聞記者をされていたからでしょうが、本当はいったい何をおっしゃりたいの...

 at dawn | 2018.04.29 Sun 07:30

詩『むらさき:Purple』

二心のはな くろくもそまる しかし、純潔をほこることはないだろう すくなくとも、そんないさぎよさだけはみとめてもよい 激情も冷酷もそこにある しずかだ なぜならそれは色彩だから かたるにおちる そんな不手際さえもしないだろう かぜも あめも そして陽のいろにも あせることも そまることも ありえない なぜなら そこでさいているのだから わたしのなかにある あさましさを そのはなにみとめ そのはなのように ほこらしげになることもできない おのれの中途半端さばかりがみにしみる そのはなからけっして...

with a kiss, passing the key | 2018.04.29 Sun 00:04

波の回廊 94

    松島沙織は権蔵を四階の医局に案内した。 誰もいない部屋の中で、松島と権蔵は応接セットに向かい合って座った。 「来る途中に大きな病院が二つありましたが、ここの外来に来る人も多いんですか?」 権蔵が訊くと、 「それほどでもありません。ここは病院というよりも本部としての機能が主(おも)ですから」 松島は全国の組織をここで統括しているといった。 「時間もないでしょうから」 と、権蔵は本題に入った。 「昼間電話でお話しした理事長さんの名前についてですが、高橋慈(これ)...

 at dawn | 2018.04.28 Sat 07:24

未定

The Case of the Cottingley Fairies 生命は霊魂と呼ばれる死後の世界に適応される思念体を持って生まれる。 通常は生命が尽きた場合、肉体と一緒に霊魂も消滅するが、彼らは霊魂を選別して黄泉へと誘う事が可能なのだ。 気に入られた者は相応しい姿になって勤仕、又は軍団の一員に加わり、その中でも選ばれた者は軍団を率いる強力な霊に姿を変える。 懲罰を受ける者は陰惨な地底で長い年月を嬲られ苛み死を繰り返す。 現世を漂白する霊たちは連れ出しに失敗した稀な結果だ。 戦争の名を借りた人身御供や、古代から現代に...

常闇の塔 | 2018.04.28 Sat 05:11

カビールの詩を朗読します。

JUGEMテーマ:小説/詩  チラシ表面  クリックすると拡大して見ることができます。  チラシ裏面  クリックすると拡大して見ることができます。             ゴールデンウィークの最終日の夜に、カビールの詩の朗読をします。 それぞれ異なるジャンルの方々のなかに私も混じって久しぶりの朗読です。   開場が時計台ホールなので、雰囲気のよい空間です。 どうぞお越し下さい。   カビールの詩はあまり知られていませんが、邦訳で...

野坂政司の拳禅一如 | 2018.04.27 Fri 23:50

単発ブログエッセイ「ハッスルさんの不思議な生活〜アラサー女子は、懐メロ・昭和歌謡がお好き!?〜」

毎月1回、このブログの中で母方の祖母(通称、ハッスルばあちゃん)にまつわるエッセイを書いていますが、今月は私自身にまつわるエッセイを書くことにします。 本日が、私ハッスル・レディーの誕生日ということもあり、バースデー企画と称してお送りいたしますので、これまで知らなかったハッスル・レディーの知られざるエピソードが出てきますので、お楽しみに…。 では、ご覧ください。 〈私は、アラサー世代とアラフォー世代の境目となる年齢である。 しかし、その年齢とは裏腹に、好んで聞く音楽は何故か、懐メロ・昭和歌謡...

素晴らしき出会いに…乾杯!!〜良き人・良き物・良き話〜 | 2018.04.27 Fri 11:58

波の回廊 93

                  18   権蔵は下郷での滞在を二日だけ延ばすことにした。もう少し長くいてくれと金村はいうが、明日泰子は退院するし、あさってにはどうしても帰りたかった。 昼すぎになって松島沙織が金村に電話をかけてきた。 あいにく権蔵は散歩に出ていてその場にいることができなかったが、金村によると、松島沙織は理事長に名前のことを尋ねて一笑にふされたという。境川さんにも同じことをいわれて非常に不愉快だといっていたそうだ。 「それで?」 「結局は、忙しく...

 at dawn | 2018.04.27 Fri 09:08

波の回廊 92

    朝になるのを待って権蔵は金村を訪ねた。松島沙織もアメリカにいたことがあると伝えると、 「やっぱり!」 金村は読んでいた新聞を投げ捨てるようにして、 「昔から一緒だったんですよ! アメリカのときも一緒だったに違いない!」 金村は謎が解けたような顔になった。しかし、権蔵は、 「同じ時期にアメリカにいたかどうかはまだわからないんですよ。断定はできないでしょう」 「もういいです。待っていられない。とにかくあの女に電話してはっきりさせましょう!――今度はわたしが電話しま...

 at dawn | 2018.04.26 Thu 09:04

波の回廊 91

    骨折した金村社長の友人で、北海道からわざわざ見舞いにこられる方がいるので、お会いしたら必ずご挨拶するようにといわれていたらしい。権蔵だけでなく事前に連絡があった訪問者にはみな同じようにしていると彼女はいった。 右袖にツバメのワッペンがついているが、鳥のマークは班の名前だと施設長から聞いていた。反対のウサギのマークを訊くと主任のしるしだという。 権蔵は理事長のことを訊いてみようと思った。眠れないからと訳をいって、彼女の詰め所を見せてもらうことにした。 この施設は中心...

 at dawn | 2018.04.25 Wed 09:03

このテーマに記事を投稿する"

< 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 >

全1000件中 61 - 70 件表示 (7/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!