• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

小説/詩

このテーマに投稿された記事:64303件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c279/32/
小説/詩
このテーマについて
JUGEMの旧公式テーマです
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

水槽

 板張りの床。ふかふかとした毛のカーペットの上に木のテーブルと椅子とが置かれ、生なりのテーブルクロス、シンプルなカップと小皿が、天井から下がった橙色の電灯で照らされている。まるで紙でできているみたいな、深緑色のランプシェード。右手の壁には一枚の風景画が掛けられ、その下には二人掛けの紺色のソファ。左手の壁には窓、白い窓枠、薄緑色の分厚いカーテンは閉まったまま。  僕は椅子に腰掛けている。  目の前の椅子に座る彼女を見ている。  彼女は微動だにしない。白いブラウス、両腕をテーブルにのせ、左手の細...

水平線上の雨 | 2018.06.01 Fri 19:16

詩『5月に憂鬱:Melancholy In May』

この春にであったひともいまは毎日のようにあう この春にはじめようとおもったことは結局おもったままだ かわることとかわらないこと それがはっきりとわかるのがいまだ はれたらはれたでさつきばれとよび ふったらふったでさみだれとよぶ いったい、なにをいとしくおもっているのか それともそんな些事にだけかまけていたいのか そろそろそれはかたちをなすべきときであり そろそろそれは成否がわかるそのときだとしたら 右顧左眄したそのうえで右往左往するばかりなのだ よのなかはきっとそう おそらくそれでせいいっ...

with a kiss, passing the key | 2018.05.27 Sun 00:00

詩『ふりむいたわたし:Turning My Face』

だれかにさいなまされている いわれのない みにおぼえのない しかもとりかえしがつかないことを それもゆめのなかで めざめてみてようやくそれにきづく ただ そのときの不快 そのときの不安 そのときの不信は けっしてぬぐいとることができない もしもふたたびであえるのならば けっしてただではすまない だがその感情のほこさきがさだまらない だれかとはいったいだれだ あいつだ あいつだ あいつにちがいない そうおもいこんでかけよったその人物がふりむけば きっとそいつも おなじかおをしている おびえきっ...

with a kiss, passing the key | 2018.05.20 Sun 00:00

未定

人身御供の人柱となった宮沢昌宏。

常闇の塔 | 2018.05.19 Sat 06:33

単発ブログエッセイ「ハッスルばあちゃん伝説?〜カラオケでJ-POPを歌う年寄りもおるんやで!!〜」

早いもので、1ヶ月後には母方の祖母(通称、ハッスルばあちゃん)が亡くなって半年になります。 さて今月も、今年2月・3月にお送りしてきた「ハッスルばあちゃん伝説」のエッセイをお届けいたしますが、今回は祖母の意外な一面を、ブログの中でお見せしたいと思います。 まずは、こちらをご覧くださいませ。 〈ハッスルばあちゃんは生前、カラオケが大好きで、しょっちゅうカラオケボックスに行っていた。 晩年は、いわゆる“1人カラオケ”を楽しんでいたのだが、その選曲自体が、ハッスルばあちゃんと同年代の人間から見れば、か...

素晴らしき出会いに…乾杯!!〜良き人・良き物・良き話〜 | 2018.05.15 Tue 14:43

詩『クレヨン:Crayon』

とげとげしたなにか ぐしゃぐしゃしたなにか まるといえばまるだし さんかくといえばさんかくだ おえかきちょうとクレヨン12色 さっきからそのこはそれにかかりっきりなのだ ふっとかおをあげたしゅんかんをみはからって そのこにたずねる それはなあに かえってくるこたえはちっともまとをいていない きいろいとげとげしたものがどっかんだとしても あおくてゆがんだしかくがぶうぶうだとしても いくつもはてなまあくをうかべていると そのこはわたしをいちべつし 12色のなかのひといろをにぎるのである

with a kiss, passing the key | 2018.05.13 Sun 00:00

考えれば考えるほど

将来の夢は、ケーキ屋さんだった。 だって、毎日おいしいケーキを食べられると思ったから。 私は本気だった。 お菓子作りの本を買ってもらって、自分で分量を量り、毎日お菓子を作った。 家族は私の作った失敗さくをおいしいと言って食べてくれた。 ある日、燃えるゴミの日の朝、食べ残されたお菓子が袋の中に入っているのを見て、二度とお菓子は作らなくなった。 次になりたくなったのは、ペットショップの店員だ。 だって、動物がかわいかったから。 中学校の職場体験でペットショップに体験に行ったら、ア...

未消化排出物 | 2018.05.12 Sat 17:08

波の回廊 108

            20   会津若松からレンタカーを借りて走ってきた信子は車をとめた。 目の前の建物は、金村良治がいっていたようにホテルと見紛う(みまごう)ほどの洒落た建物である。社会福祉法人みどりの郷に着いたのだ。 玄関先に施設の送迎車が三台とまり、デイサービスにきた人たちがつぎつぎと乗り込んでいる。手助けしている職員が信子に気づいて、こんにちはと声をかけたが、どの職員も笑顔で仕事をしている。 一階の施設案内板に理事長の名前があった。高橋慈明とある。 信子はエレ...

 at dawn | 2018.05.10 Thu 14:53

丸襟

  いつか丸襟のブラウスが似合わなくなったらすぐに着るのをやめます           みみぴ( = ・ ω ・ = )  

惑星フルーツ | 2018.05.06 Sun 19:12

詩『ドアーズ:The Doors』

そのひとに抱擁されて陶然とむけるまなざしのむこうにはとびらがあった そのとびらがひらき、そのむこうにまたとびらがみえる そしてみえるやいなやそのとびらがまたひらく つぎからつぎへとむこうへむこうへととびらがひらかれていくのだ そのひとのおもいをかんじながらふと、わたしはぎゃくではないかとおもう ひらかれたとびらはつぎからつぎへととじていく そしてふたりだけになる ふたりっきりとなる そうあるべきではないだろうか 多角形のなにもないこのへやの各辺にそれぞれ とびらがひとつもうけられている わ...

with a kiss, passing the key | 2018.05.06 Sun 00:00

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 51 - 60 件表示 (6/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!