• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

小説/詩

このテーマに投稿された記事:65161件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c279/32/
小説/詩
このテーマについて
JUGEMの旧公式テーマです
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

詩『隣家:About A House Nearby』

Jに

with a kiss, passing the key | 2021.06.06 Sun 00:00

負社員 第14話 指図をするというストレス、指示待ちするだけという小狡さ

JUGEMテーマ:小説/詩    新入社員たちは地道にこつこつと、またこつこつと、岩壁を叩き続けた。皆の口から出る言葉は、元からそう多くあるわけではなかったが、それでも次第にますます減ってゆき、ついには    こつこつ  こつこつ  こつこつこつ   という音だけが、宇宙開闢のときから未来永劫に到るまでただその音だけがこの世界にあったかのように、耳と、脳と、全身とに感知され続けた。  だが遂に、そこに変化が現れた。    がらっ    それはそういう音だ...

葵むらさき言語凝塊展示室 | 2021.06.01 Tue 18:06

【本日のSS】訊けない言葉

彼女は、何も知らなかった。 それが自分に、何をもたらしてくれていたのかも。それが自分を、どう思っていてくれていたのかも。 確かにそれは、彼女にとって恐怖以外の何物でもなかった。見た目も、物言いも、考え方も、人のそれとは一線を画していたから。   そう、それは人間ではなかった。 その正体は最期までわからなかったのだけれど、それでも唯一断言出来たのは『それは人間では決してない』ということだった。 他人の生命など何とも思わず、その姿にともすれば自分もいつかそれに滅されるのではないか...

雪乃に!サイコロ振らせろ!! | 2021.05.30 Sun 23:47

詩『にくかい:A Lump Floating』

Hに

with a kiss, passing the key | 2021.05.30 Sun 00:00

五本の指に入るくらいに好きな作品

『悲しみの時計少女』を、ようやく読み終えることが出来ました!! 前々からずっと欲しいと思っていたけれど、なかなか入手することが出来ずにぐぬぬしていた小説。先日ようやく執念で手に入れてはいたものの、読む小説がたまっていたのでそちらを読み終えてから読んだのですが、面白すぎて速攻で読み終えちゃいました。     ラジオドラマで内容は知っていたのですが それでもページを繰る手が止まらなかったです     著者はシンガーソングライターの谷山浩子さんで当ブログでも何度も書い...

雪乃に!サイコロ振らせろ!! | 2021.05.27 Thu 23:37

試し読み:小説・廃屋の画家 #5

  はじめまして。 または、いつもご訪問いただきありがとうございます。 成長中の女小説家です。 どうぞよろしくお願いいたします。   販売中の小説を、どうしてもたくさんの方に読んでいただきたく、 原稿の一部をこのブログでも紹介することにしました。   全編はnoteで販売しておりますが、 部分的にお読みいただいても楽しんでいただけるよう工夫しております。 無料部分の他は想像で補っていただく楽しみ方も、良いかと思います。   が、もしも気に入っていただ...

小説『廃屋の画家』を書いた人 | 2021.05.26 Wed 21:46

短編小説 ノスタルジア 上/夏は来ぬ

  卯の花の 匂う垣根に 時鳥 早も来鳴きて 忍音もらす 夏は来ぬ 五月雨の そそぐ山田に 早乙女が 裳裾ぬらして 玉苗植うる 夏は来ぬ 橘の 薫るのきばの 窓近く 蛍飛びかい おこたり諌むる 夏は来ぬ 楝ちる 川べの宿の  門遠く 水鶏声して 夕月すずしき 夏は来ぬ 五月やみ 蛍飛びかい 水鶏鳴き 卯の花咲きて 早苗植えわたす 夏は来ぬ   唱歌「夏は来ぬ」 佐佐木信綱作詞・小山作之助作曲 どこかの大きな古い木の家の暑い縁側、寝転ぶ四歳の男の子。汗だくの体を...

小説『廃屋の画家』を書いた人 | 2021.05.26 Wed 20:29

小説・廃屋の画家 #4

昨日、絵を見たあと高は、この鉛筆とカッターナイフをテーブルに置いた。 「削り方、分かる? 分からないか」 高は新しい鉛筆を摘まみ、指先のいい位置で握るとカッターを当て、あっと言う間にデッサンするための芯の長い鉛筆を作り出した。 「こういう感じ。これができないと話にならない」 拓海は完成した鉛筆を見本に貰い、もう1本を掴む。悪戦苦闘。早く描きたいのに出来上がる手前で芯が折れてしまう。鉛筆が可哀想。 「おはよう。この子、昨日話した北高の子。旅立ち君」 急に声が...

小説『廃屋の画家』 | 2021.05.26 Wed 15:03

小説・廃屋の画家 #3

拓海は高と二人になり再び緊張した。 「描いた絵、持ってきてくれた?」 「はい」 カルトンバッグからカルトンを取り出し、中に挟んできた十枚のデッサンや水彩画を高に渡した。高はそれを微笑んで受け取り机に並べる。 「旅立ち君」 「え?」 「旅立ち君。油絵、石田君教える?」 「……はい、授業はほとんど油絵です」 「ほとんど」 高はただ面白そうにして笑った。 「彼も僕も苦手なんだ、物作り。描くのが専門だったから……。本当は広く教えないといけないんだろうけど。ああ、ほんと、油絵を...

小説『廃屋の画家』 | 2021.05.26 Wed 14:56

小説・廃屋の画家 #2

「拓海」 「お母さん、改名したい」 「やっと口を開いたかと思ったら。そんなの簡単にできることではないのよ。なんて名前にするのよ」 「雄男」 「ややこしいわよ」 「ややこしくなんかない。この名前はいやだ。荷が重い」 「何それ」 「さあ」 「名前の文句はお父さんに言うのね」 「死人に聞く耳はない。耳なんかない。骨すらない。誰かが望んでそうなった。海に撒いたんだ」 「それより結構するのね、美術の学校……入る為の、お教室の月謝も」 「え?」 「お月謝」 「ああ。高い?」 「高い。見て、こ...

小説『廃屋の画家』 | 2021.05.26 Wed 10:36

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 51 - 60 件表示 (6/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!