>
思想・啓発・哲学
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

思想・啓発・哲学

このテーマに投稿された記事:1318件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c1/1794/
思想・啓発・哲学
このテーマについて
自己啓発・哲学・思想・・・等々
自分の考えること,思うことを出しあう.
このテーマの作成者
作者のブログへ:「tohru829」さんのブログ
その他のテーマ:「tohru829」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16 >

LoVe(Undertale解題)

  今日はゲームの話。   ここ数年の伝説的ゲームをひとつあげてください、と言ったら、世界中のどれほどの人がToby Fox氏制作の『Undertale』を挙げることでしょうか?   この一本はどこか懐かしいグラフィックと、完成された古き良きチップチューンの音楽とは裏腹に、その圧倒的に斬新なストーリー構成でまさにコンピューターゲームの世界にパラダイムシフトを起こした、と言える傑作です。   本日はそれについて語りたいのですが、何分このゲーム、初プレイ時の衝撃がすさまじく、貴重な体...

夜ルコト 営業日誌 | 2019.02.06 Wed 21:43

簡単な話

  昨日の記事で、『洗脳』という言葉を使いました。   実際、私は良く他人を洗脳します。相変わらずこういうきな臭い物言いが好きな私です。   言葉だけ聞くと、洗脳なんて本当に悪いことのように感じますよね。でも実はそうじゃない。   自分の意見を他人に刷り込んだり、知識を教え込もうとしたりすること。これって実は、世の中の大半の人がやっているし、やられた経験がある。   洗脳って、ちょっとマイルドな言い方をすれば『教育』です。教育は洗脳です。余所の国と自分の...

夜ルコト 営業日誌 | 2019.02.05 Tue 21:50

丸の内キャリア塾スペシャルセミナー 朝夏まなとさんに聞く、 魅力的なチームづくりと 人を動かすコミュニケーション力-セミナー的メモ

せっかくのセミナーなので 役立てたいメモ。     -周囲のやっかみは仕方がないこと   -壁の乗り越え方は  -向き合って続けていくこと  -諦めない  -小さな楽しみや幸せを見出す  例えば昨日より今日ちょっと出来るようになった等。  -人には相談しない  本人が乗り越えるべき。  -自分に負けず嫌い   -名前を覚える=「自分も知ってもらえる」   -コミュニケーション=自分のパワーになる 「挨拶で元気になるタイプ」。 ...

ともぐらし | 2019.02.03 Sun 14:54

because I am involved in mankind

  私は性質上、人権や生命保護などの倫理的な問題を扱うことが多いのですが。   現代において倫理というものを述べ始めると、あるタイプの経済観念を持つ人々からは否定的にとらわれるような気がします。   それは恐らく、イギリス流の経済学を学んだ人々、ということになるのではないかと思います。   消費と生産を拡大せよとか、何となれば特に意味のない公共事業を推進して雇用を創出しろとか、そういう公式上のことをテーマとされている方々です。   経済学というのは、確か...

夜ルコト 営業日誌 | 2019.02.03 Sun 10:06

むじょうじんじんみみょうのほうは

  本当に、倫理観というのはあらゆる分野へと波及するものです。   人間の根本倫理の腐敗は、消費性向と産業構造を傾かせ、家庭の危機と犯罪、そして政治的緊張と外交問題へ容易に発展する・・・現実の細かな問題は逐次対応していけば良いけれど、倫理というのは根っこの問題であって、気付かぬうちに大地のゆっくりとした蠕動運動となって、気付いたときには、最早対処のしようもない巨大な津波の第一波となって現れる。   役に立たない人間、能力の低い人間を黙らせ切り捨てていけばそれで世界がより良く...

夜ルコト 営業日誌 | 2019.02.02 Sat 21:11

自分を敬えない人のためのホ・オポノポノ

  ホ・オポノポノというのが少し前に流行りました。今はもう下火なのかな。当時私もある程度勉強したものです。   日本国内では、主にSITH(セルフ・アイデンティティ・スルー・ホオポノポノ)という理論体系として有名になりました。   ホ・オポノポノというのは元々はハワイの言葉で、心の浄化、とかそんな意味だそうです。   そのハワイの土着文化が色々な人に改良されたり引き継がれたりして、元々の文化とはかなり異なった形でSITHという技法にまとめられ、日本に輸入されてきました。 ...

夜ルコト 営業日誌 | 2019.01.30 Wed 22:18

変容のヘラルド

  ロゴセラピーというのは鷹揚な心理療法だと思います。   それは具体的、直接的なものではなくて、ただ単に人の”価値観”を変えるのです。   価値観が変われば選択が変わり、選択が変われば行動が、行動が変われば結果が変わるので、結局最後には具体化された変容をもたらしはするのですが。   純粋なロゴセラピーでは、ゴミ捨てだとかコミュニケーションだとか、そういう日常の生活能力などについて何かしらの指摘をしたりすることは基本的にありません。   変わり...

夜ルコト 営業日誌 | 2019.01.28 Mon 20:29

村人

  『私は村人でありたい』と言ったら一体何を言っているんだという感じがしますが、常々そう思っておるわけでございます。   山奥の村に住みたい、とかではありません。   RPGのキャラクターになるとしたら、どんな役割が良い? という質問をされたら、の話。   勇者とか魔王とか魔法使いとか色々な役割があるわけですが、その中であえての、村人、ということです。   ゲームでは大抵、町に入ると目の前に村人が居て、話しかけたら聞きもしないのに『ここは〜〜の村ですよ』と教...

夜ルコト 営業日誌 | 2019.01.24 Thu 20:13

無手で手放せ

  例えば「自分自身を手放せ」と言えば、それはヒンズー教とかヨーガ的な考え方でしょうか。   手放せ、と言われて勘違いをしやすいのは、「手放す= 何もしない」だと考えること。   自分の心を手放すために食事を絶ち、断捨離をして、文明から遠ざかる。   それは「手放す」ことではありません。それは「一切を避ける努力」というものです。   手放す、というのは活動を止めよう止めようと「努力する」ことではなく、そこにある自分の心に「つけ加えようとしない」ということ。 ...

夜ルコト 営業日誌 | 2019.01.21 Mon 20:04

生命のウォークライ

  人生には、というより生物の一生の中には、ある程度の激情が必要なように思うのです。   40億年の時間の積み重ね。何億世代にも上ろうという祖先達が、それぞれの時代時代を生きた記憶。   1万年前、凍える夜に焚き火ごしに見た誰かの瞳。その中で静かに揺れている炎。   このDNAの鎖を繋ぐために、切り裂き食い散らかしてきた沢山の他者。   その体液で血まみれになった、鏡の中の醜い牙と指先。   そういうもの全部を思うとき、私たちの一生は、決してつまらない...

夜ルコト 営業日誌 | 2019.01.20 Sun 18:35

このテーマに記事を投稿する"

< 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16 >

全1000件中 101 - 110 件表示 (11/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!