>
思想・啓発・哲学
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

思想・啓発・哲学

このテーマに投稿された記事:1312件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c1/1794/
思想・啓発・哲学
このテーマについて
自己啓発・哲学・思想・・・等々
自分の考えること,思うことを出しあう.
このテーマの作成者
作者のブログへ:「tohru829」さんのブログ
その他のテーマ:「tohru829」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14 >

イレギュラリティ

  最近は、このブログでも宗教や実存に関する記事を書くことが増えてきました。   かなりセンシティブな話なので、個人的には結構気を使う部分でもあるのですが。   現状では、私がさせていただいているサービスというのも、終活なども含めてほとんどがそういった分野のお仕事です。   そもそもこちらのサービスはカウンセリングと言っても保険が効かないし、臨床心理という面ではもっとちゃんとしたところがいくらでもあって、皆様そちらを選ばれるのが当然の流れでしょう。   ...

夜ルコト 営業日誌 | 2019.02.27 Wed 22:30

種の折衝

  経済というものを考えれば考えるほど、私の中で、それがひとつの有機的な生命、ひとつの生物種なのだという実感が深まってきます。   経済システムは、人間という培地を用いながら、すでにこの地球上で一人歩きし始めている。誰もそれを止めることはできない・・・。   構造上、それは人間よりもより上位の種族であるということも言えるでしょう。   例えば大腸菌は私たちの体内でひとつひとつ生息しているけれど、見方を変えれば、大腸菌は私たち人間のあくまで一部であって、彼らにとっての...

夜ルコト 営業日誌 | 2019.02.26 Tue 21:11

偽りにも眼を開けて

  相変わらず興味深い、日本社会の右と左の問題について。   最近また、世相を観察していて気付いたことがある。   現代の日本では、右寄りの人は大抵、理想主義的な人だ。左寄りの人は大抵、現実主義的な人だ。   このこともまた、リベラルと保守とか、個人主義と集団主義とかの文脈と重なりあいつつ、右左という適切かどうかもよくわからない呼称で指摘される分裂の原因になっている。   理想とか現実とかの言葉が不適切なら、演繹と帰納という言葉で使い分けても良いだろう。...

夜ルコト 営業日誌 | 2019.02.24 Sun 16:06

力学的エネルギー保存

  経済のこと。   今となっては何を声高らかに言う必要も無く、少子高齢化に伴ってこの日本という国が衰退しはじめていることは、誰の目から見ても明らかな現実になってきている。   一次二次三次、全体としてどの業界も厳しく、呪いのように折り重なった人件費の高騰と、経営不調から生じる低賃金、その先の消費の冷え込み、若者の家庭を持つことや子供を産むことへの敬遠の連鎖は、先を見透すこともできない広大な暗がりを、国の、特にまだ若い人たちの将来に投げかけている。   (1999年...

夜ルコト 営業日誌 | 2019.02.23 Sat 19:09

終末がやってくる

  麻原 彰晃。きっと誰でも知っている有名人のこと。   (心理というものをテーマに学ぶ一人の個人として、私は人間である一人ひとりの犯罪者を、単純に『頭がおかしい』とか『人間失格』とかいう安易な切り捨てで蓋して良いものだとは思わない。むしろ私たちには、犯罪者が犯罪に至る心理的過程を詳細に理解分析し、その同じ状況が社会に再現されないよう予防を行う義務があるのだと思う。だから私は、タブーとされるものを敢えて取りあげて暴き立てはするが、それによって反社会的な思想を先導するつもりはないし...

夜ルコト 営業日誌 | 2019.02.19 Tue 21:31

なんと幸福な人々

  本日は昼から、定期的に通わせていただいているグリーフワークかがわさんの公開セミナーへ。   その後美術館のカフェで休憩。ホットケーキのセットを頼んで一息つき。   ふと思うのは、今日の私たちの生活というものは、何と豪奢で豊かだろうかということ。   頼めばいつでも好きな料理が食べられ、望めばすぐに温かいお風呂で十分なお湯に浸かれる。着るものと快適な居室を探して苦労することも無ければ、おおよその病についても適切な医療を受けさせてもらえる。   仮に私た...

夜ルコト 営業日誌 | 2019.02.17 Sun 23:00

女に生まれたせいで

  宗教の世界では、長らく、女性というものは一段下の存在として考えられてきました。   それはもはや古い考えになってきているとは思いますが、それでも『女性は悟らない』というのは未だ根強い誤解です。   悟りの定義を何とするかという問題にはなりますが、それをもし”無分別智”という所に持ってくるとしたら、確かに女性というのは奇妙なもので、生まれつき悟った状態にあるために、永遠に悟り得ないという宿命を持っています。   しかし私が思うに、女性と男性の精神進化...

夜ルコト 営業日誌 | 2019.02.12 Tue 21:00

go for broke

  何の認可も承諾も無いものをそう言って良ければ、一人の”ロゴセラピスト”として、私はいつも物事の『考え方』というものをより多様に発展させようと努めてきました。   価値観を拡張する過程で、私は自分が人間であるという前提や、通常私たちの精神を取り囲むであろう、この社会という小さなシステムの固定観念の枠組みを、積極的に破壊してきたのです。   結果として私は、良い側面として人の世の中のおよそほとんどの物事を許容できるようになりました。殺し合い、憎み合い、盗み合う...

夜ルコト 営業日誌 | 2019.02.11 Mon 19:24

セロリちゃん語録〜面白半分にやってる人〜

昨今のおふざけ事件のニュースを見て セロリちゃん曰く。 「面白半分にやってる人ほど (見てる方は)面白くない」   また、以前はこんなことも言ってました。 「悪口を言ってる人は だいたいキラキラしてる」   ”極陽”に住まわれる方々のことですなあ(^^;;)     セロリちゃんはなかなかに辛辣なことを言うし、 規則(誰も守ってないようなものも)遵守します。 ソクラテスですね(笑)  

宇宙家族の方程式 | 2019.02.10 Sun 15:25

変わり生く魂

  純粋に宗教的な話題として、私たちの魂の本質は如何なるものか、ということについて。   現代人として、その筋のことに励む一人の人間として、私にも、神や善悪というものが理解できないではない。   しかしどうにも、それは私には完全なものとは思われない。神は偏狭すぎ、私たちの魂に宿る自由や無限への実感というものに十分には応えていない。   私が思う限りのことを言わせてもらうならば、この世界の神は、ただ無限にある状態の内の一つに過ぎないのではないか。   秩序...

夜ルコト 営業日誌 | 2019.02.10 Sun 11:57

このテーマに記事を投稿する"

< 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14 >

全1000件中 81 - 90 件表示 (9/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!