>
思想・啓発・哲学
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

思想・啓発・哲学

このテーマに投稿された記事:1323件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c1/1794/
思想・啓発・哲学
このテーマについて
自己啓発・哲学・思想・・・等々
自分の考えること,思うことを出しあう.
このテーマの作成者
作者のブログへ:「tohru829」さんのブログ
その他のテーマ:「tohru829」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

経済、実存、愛、技術――人類の未来を歪めうる4つのボトルネック

        ※この記事は以前の記事「実存、愛、経済――人々を窒息させている3つの鎖」の続きです。お手数ですが、先にそちらをお読みください。     以前の記事で、私は現代社会の根本的な問題として「経済」「実存」「愛」という3つの領域を提起し、次のような図を示しました。     そして、この3つの領域に加えて科学技術(テクノロジー)の領域にも大きな問題があると思われるが、まだ個人的にあまり探究できていないことを述べました。 &nbs...

SHKDのブログ | 2019.06.08 Sat 06:45

『インテグラル理論』出版記念読書会のお知らせ(大阪、6月30日)

      翻訳者本人による『インテグラル理論』読書会・質問会のお知らせです。   6月15日に出版されるケン・ウィルバーの新訳書『インテグラル理論:多様で複雑な世界を読み解く新次元の成長モデル』をとりあげながら、インテグラル理論や統合的アプローチに関する理解を深めていきます。   インテグラル理論は、世界的ベストセラー『ティール組織』のベースとなった理論モデルであるほか、成人発達理論やトランスパーソナル心理学と関連が深く、この多様で複雑な現代世界を清濁...

SHKDのブログ | 2019.06.04 Tue 06:37

ケン・ウィルバー著『インテグラル理論』予約受付中のお知らせ

      訳書出版のお知らせです。   ケン・ウィルバーの著書の邦訳 『インテグラル理論:多様で複雑な世界を読み解く新次元の成長モデル』 (ケン・ウィルバー著, 加藤洋平 監訳, 門林奨 訳, 日本能率協会マネジメントセンター) がまもなく出版されます。Amazonなどで既に予約することができます。   <書籍紹介(ブログ版)> 近年、日本でも、成人以後の発達理論に対する関心が高まりつつあります。ロバート・キーガンの邦訳書や加藤洋平氏の著作を初め...

SHKDのブログ | 2019.05.31 Fri 17:03

書籍『私が総理大臣ならこうする』レビュー

    『私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン』(大西つねき著, 2018)     目次  第一章 現状認識 第二章 我々は何を間違え続けて来たか? 第三章 政府の借金を税金で返してはいけない 第四章 お金の本質について 第五章 私たちがすぐにやるべきこと 第六章 国家経営のあるべき姿 第七章 日本から世界を変えよう 第八章 土地を公有化する 第九章 世界の中の日本 第十章 日本の政治状況と取るべき戦略       ...

SHKDのブログ | 2019.05.31 Fri 14:38

「儲かってます!」

「儲かってます!」 「リピーター多数!」 「多くのお客様が集まりました!」 お医者さん 心理カウンセラー 癒し系 なんか良くわからんけど人を良くする系 なんか良くわからん教祖系 などなどに従事されている方々 それ・・言っていいやつ?(;´д`)ゞ   人の悩みで生活できている   そんな自覚すらない人、 いくら人を良くする(つもりの)仕事をしていたとしても 人としてどうよ。 ビジネスの目的は、リピーター獲得。 怖っ! ・・・ってことを、 そろそろ気づ...

宇宙家族の方程式 | 2019.05.20 Mon 10:46

Turn off the light, take a deep breath and relax

  特に深い意味も無い、着想の吐露。   意識というものは、量子が粒子としての形を確定する際に生まれる余剰エネルギーであると思っている。   有名な二重スリット実験の結果が私たちの「観測という行為そのもの」に影響を受けることの説明として、この考えは一つの仮説を成し得るだろう。   超実存的な考え方で言うところのバウンダリー、私たち一人分の閉じた心の宇宙というのは、この余剰エネルギーの側で形作られるものであろう。   というのは、そう考えることで、バウンダ...

夜ルコト 営業日誌 | 2019.05.01 Wed 21:24

ウィルバーとインテグラル理論への6つの根本的提案

        ウィルバー思想やインテグラル理論に対する不満や批判については、このブログでも何度か述べましたが、現在の私からの主要な批判/提案は以下の6点にまとめることができます。   1. ウィルバーの著作そのものを発達論的に分析する 2. 内在領域の個別的問題に対峙する I:経済とカネの根本的な倒錯状況を解決する 3. 抗議の神義論の視点を包括する / プロセス神義論の視点を相対化する 4. 内在領域の個別的問題に対峙する II:家族と愛の未来を創造する 5. 内在...

SHKDのブログ | 2019.05.01 Wed 19:51

おめでとう!いよいよ『令和』の時代!これからのキーワードは『誠実』!

開けましておめでとうございますヽ(´▽`)ノ   ふと気づくと1ヶ月半ぶりのブログです。 毎日、忙しく動いておりました。   立春によせて・・『誠実』であること。自分の器を鍛えよう!(2019.02.04)   上の記事にもかきましたが、 今後は特に誠実さが大切になっていきます。   『言うだけ番長』とか、 『いい事言ってる風な人』   特に、 言葉をコピペしている”だけ”の人、 コピペした言葉で人を導こうとしても 長く持たないと思います。   ...

宇宙家族の方程式 | 2019.05.01 Wed 19:05

倫理の大きさ、寛容の階段

  心理療法家と一般人の一番の違いは、病んだ心に対する寛容さの違いであると思います。   社会一般の人は基本的に、精神疾患になることを悪いこと、あってはならない、おぞましく恥ずかしいことだと捉えます。   心理療法家は、そうではなくて精神疾患とは誰にでも起こり得る事象であって、特別なことではないし、ましてや救いようのない悪なんかでは全然ないと考えるでしょう。   そういう部分に、精神疾患という事象に対する態度の違いや、優しさ前向きさなどの程度の違いが出てくるので...

夜ルコト 営業日誌 | 2019.04.26 Fri 20:05

『天才とは…』 天才シリーズ (61-70)

『61. 天才とは、本当はアホな奴の事だ。』 (2011/7/10)   『62. 天才は、生前は認められない。』 (2011/7/12)   『63. 天才とは、固定観念にとらわれない奴の事だ。』 (2011/7/14)   『64. 天才は、音痴である。』 (2011/7/17)   『65. 天才とは、独自の哲学を持っている奴の事だ。』 (2011/7/19)   『66. 天才は、テレビを見ない。』 (2011/7/23)   『67. 天才とは、個性的な奴の事だ。』 (2011/7/25)   『68. 天才は、病弱である。』 (2011/...

【BLOG】 天才の憂鬱。 | 2019.04.25 Thu 00:53

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 51 - 60 件表示 (6/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!