• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

建築

このテーマに投稿された記事:7905件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c276/427/
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

エコハウスってことで、イイでしょうか。4

 さて、それでは「エコハウス」という定義を、一般の方が国や大企業に騙されることなく区別する物差しはあるのでしょうか。例えば、研究者や資材メーカービルダー有志などの研究団体「HEAT20」が示す外皮性能グレードはそのひとつの物差しだということが出来ると思います。G1、G2というグレードに加えて、先頃G3というグレードが発表されました。ちなみにパッシブハウスというドイツのグレードはこのまだ上位にあります。いずれも地域区分に対して外皮性能Ua値の下限が定められています。それぞれに解説がなされています。この中で、...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2020.01.20 Mon 07:54

エコハウスってことで、イイでしょうか。3

 エコハウスブームになって、私の一番の懸念は、やっているフリでそのブームが一過性で通り過ぎていくということにあります。「喉元過ぎれば…」ではないですが、世の中は常に飽き症で真新しいものには食らいつくのですが、飽きればまた次の流行を追いがちです。グレタ・トゥーンベルさんが放った大人たちへの辛辣なメッセージは、「私たちの未来を壊すな」と言っています。流行り廃りで片付けずに、この未来からの警告に真摯に取り組まなければならないのですから、到底ブームで終らせて良い訳もありません。30年以上ずっ...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2020.01.19 Sun 06:57

エコハウスってことで、イイでしょうか。2

 写真は、4年前にドイツダルムシュタッドで行われたパッシブハウス国際カンファレンスの展示ブースに置かれていた品物です。何だと思いますか?これはシャワーブースなどの排水溝の設備なのです。つまり、私たちがシャワーで使ったお湯の熱を、この渦をまいたパイプの中の別の循環水で回収して再利用しようという装置なのです。いわゆる熱を加えて作ったお湯を真水の温度にまで使い切らないと捨てないという装置なのです。私はその取組み方に、驚嘆したのを覚えています。ひと言で言えば、「そこまでやるのか」といった感じです。ただ...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2020.01.18 Sat 07:27

エコハウスってことで、イイでしょうか。1

 さて、グレタ・トゥーンベルさんの国連でのスピーチ以降、世界的に温室効果ガスの削減をはじめとする環境改善の気運が高まっています。  ですが、私たちの暮らす日本ではどうもその姿勢に真実味がない。まあ、周囲を海に囲まれて、国境と言うものを意識せず、恵まれた自然で安穏と暮らせて来た歴史が長いこの国では、そう言う感覚に希薄であると言えなくもないのですが、これからはきっとそれでは通用しないと思います。先日も、EU諸国は連携して、多大な予算をかけてこれから排出ゼロをめざしていくと報じられていました。情け...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2020.01.17 Fri 06:52

住まいづくりの根っこは愛情 5

 普段、温熱性能のことを語る事が多い私が、全く別の視点から少し住まいづくりの根本の話しをしました。根っこの部分に、血の通った「愛情」がなければ、ものづくりはよいことを産まないと思うからです。愛情は結果だけではなく、そのプロセスにも脈々と流れていきます。テクニックに走りすぎたり、経済行為としての住宅産業目線だったりと言うものが横行して、これから住まいを建てようとする住まい手の皆さんですら、どうかすると実利を追求するあまりそう言う目線になってしまっているきらいがなくはありません。  「どんな住...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2020.01.16 Thu 06:41

住まいづくりの根っこは愛情 3

 人間の根本である「くう・ねる・あそぶ」が、現代人の場合ほとんど室内で行われています。大昔は寝るだけで、食実も仕事も屋外だったかもしれませんが、食事も室内でするようになり、やがて仕事や遊びと言うあらゆる要素も室内になってきました。例えば野営で火を囲み、温かい食事と身の安全を確保するといった原始の暮らしが、段々と今の暮らしに変遷していく中で、室内に取り込まれていったのだと想います。  気忙しい現代の暮らしの中で、一つ一つのことを見つめて、充実させていくということはなかなか難しいことですが、例...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2020.01.14 Tue 07:11

住まいづくりの根っこは愛情 2

 もう昔の私のお客様で、小児科のお医者様の先生がいらっしゃいます。分野は違えど尊敬できる方からはたくさんの学びがありますが、すらりとした長身の先生で、彼がこうおっしゃいました。「私は日々診療で何百回とスクワットをしているから、腰に負担がかかってしかたない」と。最初は意味がわかりませんでしたが、先生は子供さんの患者に向かう時に、必ず視線を子供に合わせるためにしゃがみ込んでお話しをされるのだそうです。上からでなく、目線を合わせて語りかけてくださる先生のことが、患者さんに取ってはどれほど安心できる...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2020.01.13 Mon 07:39

住まいづくりの根っこは愛情 1

 もう30年余り、人様の住まいづくりに携わってきて、ずっとプロとしての目線でそのことに従事してきました。あなたのための一棟の住まいには、気が遠くなるような数の様々な要素が絡み合っていて、まるで難解なパズルを解くような作業が必要なのです。結局は地道な人の思考の積み重ねによってのみ構築されていくプロセスですが、ともすると結果ばかりを焦るあまりに、もっと効率良い方法はないかとかえって迷走した時期もありました。ただ、結局はひとつひとつレンガを積んでいくように時間をかけて重ねていくしかないわけで、回り道...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2020.01.12 Sun 09:30

世界基準の住まい手になりませんか? 5

 その昔、北海道に技術を学びに行っていた頃に、先輩たちに口が酸っぱくなる程に言われていたのは「この国もそのうち、窓ガラスが曇って結露したら訴えられるような時代が来る」ということです。幸か不幸か、皆さんに取っては不幸にも、業界に取っては幸い?か、まだそんな事態にはなっていませんが、あれから30年近く、コアな部分で技術はだいぶ進みましたが、住まい手の認識はあまり変わっていないと言うのが実態ではないかと思います。ドイツの国際パッシブハウス研究所の認定パッシブハウスとして、私たちが福岡パッシブハウスを建...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2020.01.11 Sat 06:55

世界基準の住まい手になりませんか? 4

 九州福岡と言う、日本列島の中では温暖なエリアに居て、福岡は寒いと言い続けて30年近くの時が流れます。北海道の客人は、今でも福岡の冬に遭遇して「本当に寒い」と言われます。それは、寒暖計で簡単に測れる気温・室温ではなく、体感として「寒い」ということなのです。住まいの作り様も、暖房の方法も何もかもひっくるめて寒いのです。日本海型の曇天候が多い冬で、勿論気温はプラスですが、北から海風がきつく吹き、湿度も高いまま5℃あたりを行ったり来たりするのは実は体感的に寒い。しかも、皆、催眠術に掛かったように「ここ...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2020.01.10 Fri 07:10

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!