• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

建築

このテーマに投稿された記事:7413件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c276/427/
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

未来に通じるエコハウスのススメ  1

 この数年、「エコハウス」という言葉にも随分手垢がつきました。私たちの目から見ても、冠に「なんちゃって」がついてみたり、お尻に「もどき」がついてるものも少なくない現状に、おそらく消費者の皆さんには見分けがつかないのではないかと思ったりします。基本的に、現時点でこの国には、義務となる省エネの基準はないのですから、どんな住まいを建てたところで何のおとがめもない訳です。かつてのアネハ事件のような、構造計算書を偽造して罪になる世界とは違って、何が省エネなのか、何がエコハウスなのかの厳格な線引きはない...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2018.11.16 Fri 07:06

感じないという事の大切さについて。5

 上手く言っているエコハウスにお邪魔すると、玄関ドアを開けた瞬間に、冬はポッと暖かい室内の空気感が感じられて、室内に入るといつしかそれを感じなくなります。残念ながら、という言い方も変ですが、住人は室内にいる限り、このポッと暖かい快感を感じる事はありません。ただ、ノンストレスな時間がずっと流れているのです。この、感じない空間って、ある意味何よりも贅沢なのです。現代人は一旦自宅を出ると様々なストレスに攻撃されまくっています。空気汚染や騒音や暑さ寒さ、人間関係や複雑な社会の中で押しつぶされそうです...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2018.11.15 Thu 07:10

感じないという事の大切さについて。4

 「あったかい住まい」と言いますが、実は「あったかい」は瞬間的な快感で、これがずっと感じられるとストレスである事は少し深く考えるとわかってきます。例えば、床暖房を売りにする住宅展示場のショールームで、「うわぁー、床があったかい、感動!!」なんてなるのは瞬間のマジックと言わざるを得ないのです。少し酔っぱらって、おうちのホットカーペットの上でうたた寝した目覚めは、清々しいものでしょうか。のどはガラガラ頭は何だか重いあの得も言われぬ不快感は、同じ状況で起こります。ショールームの方達が、スリッパはいて...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2018.11.14 Wed 06:56

感じないという事の大切さについて。3

 自動車事故死よりも5倍も多いヒートショックによる死亡という数字は、私たち住まいづくりをしている者にとってはかなり屈辱的なデータだと言わざるを得ません。「そこまでいらない」とか、「九州は暖かいでしょ」なんて言っている場合ではないのです。データを見ても、北海道東・北ばかりが多いわけてはなく、案外九州は上位だったりするのは、明らかに一般の認識と、住まいがジワジワと私たちに与えるストレスとに大きな隔たりがある証拠です。夏の暑さの方が凌げないからと、いわゆる吉田兼好の徒然なるままに語った「夏を旨とすべ...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2018.11.13 Tue 07:26

感じないという事の大切さについて。2

 「あったかい住まい」と簡単に表現してしまうと、高性能住宅の方が一般の住宅より高い室温で暮らしていると誤解しがちですが、私に言わせるとこれは真逆の傾向にあります。ほう射(輻射と同意)の影響を受けて、冷えを感じてしまう一般の住宅では、その分を補うために室温を上げなければならない、つまり高温で暮らさないと寒く感じてしまう。高性能住宅はその影響が極めて少ないために、低い温度で満足できるのです。真夏はこの逆の事が言えます。ほう射を感じるといつまでも暑くて仕方ないから、エアコンの設定温度をみるみる下げて...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2018.11.12 Mon 07:26

感じないという事の大切さについて。1

 暖房の気節に入って来て、高性能住宅のお話しは「断熱材がいっぱい入っている」というお話しがしやすくなります。「断熱」は寒さが減る、という認識では案外皆さんがそう思ってくれているようだからです。暑さにも効くとはなかなか想像力が広がりません。それでも今年の夏は実感として、断熱材がしっかり入っている住まいでは案外涼しかった事例が後押しして、「断熱」は夏涼しいという印象をだいぶん広めてくれました。高性能住宅は夏も冬も一定の温度で、「そこまで制御する必要があるのだろうか」と時々情緒に訴える質問をされる...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2018.11.11 Sun 05:37

省エネを求めると、実は「快適」になる。5

 質素倹約を旨として、勤勉に暮らして来たこの国の国民性が、住まいにおいては仇となってなかなか高性能化が進まない。快適を担保する事は、贅沢でも何でもありません。むしろ、私たちの基本的な権利です。快適でもない住まいで、エネルギーを浪費して、しかも20年で建て直さなければならない住まいを、子も孫も同じように作り続けなければならないという悪循環に終止符を打ちたいと思います。質素倹約というならばむしろ真逆に、徹底した性能アップを施し、百年の計で少ないエネルギーで持続可能な暮らしを担保し、孫子の代まで継続...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2018.11.10 Sat 06:54

山東美建ゲストハウスいよいよオープン!

 佐賀県小城市で建設中でした株式会社山東美建ゲストハウスがいよいよ明日オープンを迎えます。弊社にて基本設計と温熱監修を担当させてただいた同社のゲストハウスとなります。15坪の平屋という小さな空間ですが、その規模の建物で何を感じて頂けるかを山東美建と徹底して協議しながら、彼らの得意とする手の痕跡が残る天然素材の仕上げと弊社のもつ温熱の経験とをもって暮らしの「豊かさ」をこのゲストハウスとして結実しました。この建物は国際パッシブハウスオープンデー2018というイベントにも参加しています。10日はお客様をお...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2018.11.09 Fri 17:10

省エネを求めると、実は「快適」になる。4

 良く言われる、「そこまではいらない」とは何処までだろうかと良く思います。プロはもう随分わかって来ています。気密・断熱を適正にしっかり施せば、驚くほど省エネな暮らしが可能になる事を。そしてもっと言えば、そのレベルに達すると未知の体験ゾーンとして、本当の「快適」がついてくるのです。言い方は悪いかもしれませんが、業界は性能UPをまだまだ小出しにしています。先が見えているのに、中途半端なところから徐々に更新して売って行こうと考えています。住まい手の方が少し賢くなる方が、結局は我慢がなく得な暮らしがい...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2018.11.09 Fri 07:10

山口F邸のオープンハウス間近!!

 久しぶりの山口でのオープンハウス。現キララ道路沿いに建つご家族5人のための住まいです。市内周辺では、これまでもオープンハウスを行って参りましたが、今回は久しぶりの実施となります。F邸は萩市の工務店勝田組(KATSUDAGIMI)さんとの初コラボ。これまでよりも更にスペックアップをして、弊社オリジナル開発のPJパネルを採用した高性能住宅となっています。11日の午前中は髭も在所します。弊社オリジナルのパネル工法での高性能化を実現。是非ご来場ください。 11/10(土)10時から16時まで 11/11(日)9時半から16時まで ...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2018.11.08 Thu 23:01

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!