• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

建築

このテーマに投稿された記事:7837件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c276/427/
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

異常気象と住まいづくり 5

 私たちの住まいづくりで貢献できることは、出来るだけエネルギーを使わないで暮らせる快適な住まいを構築することだと思います。どうやって環境に負荷を与えず、エネルギーを取り出すかという再生可能エネルギー分野のお話しを一旦置いておいて、その基礎性能を担保することは、将来にわたって持続可能なものとして社会貢献します。メカメカなことは、時代に応じて可変的に更新していけば良いのです。ともすると、一番大切なそう言うことがおざなりになって、一見達成感が得られるメカメカなことが先行してしまうことがあります。た...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2019.11.13 Wed 07:15

異常気象と住まいづくり 4

 小手先のことよりも、まずはエネルギー消費の少ない住まいの性能を構築することです。メカメカな事よりも、断熱性能、気密性能を担保することを優先するのは、この為です。メカメカは10年もすれば技術革新で劣化します。一番の省エネは、「使わないこと」なのです。創電なんて最後の最後。まずはどうしても使ってしまうエネルギーを我慢・無理をすることなく、減らすことです。難しい話しではなく、超効率が良い電気ポットではなく、一旦作った温度を出来るだけ長く温存する為に、魔法瓶を使いましょうと言うことなんです。温度を創...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2019.11.12 Tue 07:23

GVBDO 板ばり屋根の大嘗宮が20億円は高すぎるという飛騨匠の意見あり G.V.BLACK DENTAL OFFICE

大嘗宮 2019 宮内庁提供   曇りの高山です。   G.V.BLACK DENTAL OFFICEの建物は   高山でも有名な宮大工の棟梁が   今から50年以上前に建てたので   その弟子の宮大工の人々が管理をしているのですが   その弟子もいつしか大棟梁になっています。   その人が怒っていたのは   今回の予算削減のために   茅ぶきから板ばりの屋根になった大嘗宮で   屋根が板ばりじゃ大嘗宮じゃねえ   ただのプレハ...

GVBDO ブログ 緑の日記 G.V.BLACK DENTAL OFFICE | 2019.11.11 Mon 14:09

異常気象と住まいづくり 3

 3.11の教訓も空しく、この国は未だ原発異存から脱却できずに、各地で再稼動や、呆れることに新設の動きさえもあるくらいで、考えると目眩がしますが、福島の現状を裸眼で評価しないこの国の行き先は本当に恐ろしいものだと言わざるを得ません。「火力に頼る発電が環境負荷が大きいでクリーンな原発」と言う主張は、3.11に完全に根拠を失いました。誤摩化しているだけで、未だ廃炉の目処も立っていない、まさにグレタ・トゥンベリさんでなくても、「私たちの未来に何をしてくれたんだ」と若者はもっともっと叫ぶべきだと思います。 ...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2019.11.11 Mon 06:55

せとっ子ファミリー交流館のモダンさ

モダーンな建物に出会ってしまった。     こんなに近くにずっとアナタはいらしたのね・・   全然知らなかった。   偶然見かけて恋に落ちたよ。   だいたい自分の好みがわかってきた。。   中産連ビル的な、多治見のあの建物といい、キミといい、グリーンのタイルと白い縁取り?に弱いのか?私。   この地方独特のカラーリングなのか?   焼き物の町が近くにある幸せさよ。     元はもっとシンプルだったのでしょ...

レモン糖の日々 | 2019.11.10 Sun 11:44

異常気象と住まいづくり 2

 皆さんの意識の中でも、身の回りの気候が何か急激に変わり始めていると言う認識は、共有して広がっているのかもしれません。あの16歳のグレタ・トゥンベリさんの悲痛な叫びは、私たちの未来にあなたたち大人は何をしてくれているんだ、未来を返せと言われているわけです。これからどうやって暮らして行こうかと考えた時に、まさに問題は待ったナシなのですが、そのことと平素の日常とを直結して考えると言うことがまだ希薄な感じがして仕方ない。何となく、私たちはこれから先の日常も、これまでと同じように続くと盲信してしまって...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2019.11.10 Sun 07:07

異常気象と住まいづくり 1

 異常気象は私たちの想定を遥かに越えたスピードで、私たちの日常を脅かしつつあるような実感が増えてきましたね。温暖化と言いますが、冬の寒いのが緩む訳ではありません。夏はより暑く、冬はより寒くという感じではないでしょうか。今年の冬は寒くなると言う予報もちらほら現れ始めています。  若い頃に、身体を鍛えようと山中の土木現場で少しだけ助監督をやっていたことがありますが、その時の私の仕事は毎日の温度推移と降水量を記録することでした。例年の平均の値に対して今年はどうかと言う現象をして先を予測するのです...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2019.11.09 Sat 07:36

30周年記念イベント報告 5

 さて、一部の映画「カンタ!ティモール」上映会、井上百合さんをお迎えしてのトークライブときて、2部はいよいよ30周年記念のパーティーとなりました。百合さん発声による、気のおけないお仲間との乾杯は、弊社の澱のように30年、積み重なったものをリフレッシュしてくれ、明日からまた頑張ろうと言う想いにさせてくれるものでした。当日終始サポートをしてくれたフラチーム「フムフムヌクヌクアプアア」の6人がフラを皆さんに披露。カンタティモールの中でアレックスや子どもたちが繰り返し歌われていた「星降る島」のメロディーに乗...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2019.11.08 Fri 07:10

30周年記念イベント報告 4

 トークライブの後半はスペシャルゲストの井上百合さんと二人でのトーク。百合さんは200年余り続く日田の伝統の酒蔵の7代目であり自らお酒を創り出す杜氏さん。22年前の最初は住まいづくりのお客様として、そして帰郷されて酒蔵を継承されてからは、分野は違えども同じものづくりをする者同士、何となく馬が合い刺激を与え合える仲間としておつき合いさせて頂いています。近年は百合さんのお酒づくりに惚れ込み、私も酒米の田植え稲刈り、そして蔵開きのお手伝いに伺うほど。時として私が百合さんの妥協のない酒造りを熱く語り、百合...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2019.11.07 Thu 07:03

フィリピン・よもやま帖 2019 その−(15) ミンダナオ島南部地震で分かるフィリピンの建築の危なさ

 10月29日と31日にミンダナオ島南部で地震があり、死者21人、行方不明者2人、負傷者424人の大きな人的被害を受けた。 【写真−1 容積率などお構いなしに敷地一杯に建てられる】  この被害の中で驚かされるのは公的発表による全壊家屋2万戸以上という数字で、半壊や一部損壊を含めれば地震で被害を受けた戸数はこの何倍にもなるのではないか。  こう書くと、強震か烈震クラスの強烈な地震が一帯を襲ったかのような印象を持つが、最初の地震はマグニチュード(M)6.6、次の地震はM6.5と観測された。    これ...

セブ島工房 | 2019.11.06 Wed 21:53

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!