• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

建築

このテーマに投稿された記事:7057件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c276/427/
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

断熱は色々な意味で投資ですw。2

 住宅建設で、「断熱」は、非常にマイナーに扱われがちです。即「◯◯ワットの電力つくって、¥◯◯で売れました」などという創エネ設備より、沈黙していますし、即応した数字が見えないので、認識がなかなか変わりません。正直に申し上げれば、業界が言う「高気密高断熱」などという言葉を多様している住まいの性能は、総じて言えば今も25年前からそれほど向上していません。他が駄目すぎるから、アップグレードしなくても、いつまでも「高」という冠が付けれているのです。振り返れば、私はこのブログの前進であるフリーペーパーの中で...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.12.13 Wed 07:37

断熱は色々な意味で投資ですw。1

 大変お恥ずかしい限りなのですが、故あって弊社は築40年の木造家屋の2階にあります。まさに身を以て人体実験状態(笑)。紺屋の白袴とは良く言いますが、「福岡は九州だから暖かい」という皆様の幻想を見事に裏切って、冬は寒いのです。休日に、スタッフも来ず、ひとりで集中して仕事をしていると、なんと暖房の灯油が切れると言うアラートが「ピピピピっ」となりました。「今かよっ」と一人突っ込みをしたのですが備蓄の灯油も切れている。休みだし我慢するかなと思案するのですが、スカスカ空間はみるみる室温が下がって行きます...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.12.12 Tue 07:19

「優しい」住まいのつくり方。4

   唯一無二のカスタムメイドの間取り空間であることは前提として、その空間に満たされる空気が私たちに優しいものであることは当然の条件と言わなければなりません。このコラムでは住宅の温熱性能の事をずっと語ってきていますから、詳細は別の稿に譲るとします。ただ、決定的にこの国で今もつくられている住まいの大多数は、温熱的に「優しくない」と言わざるを得ないのです。また2年後の新築住宅に例外なく義務化される省エネ基準も、まだまだ「優しくない」のです。これもずっとお話ししてきました。遅々としてここが進ま...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.12.10 Sun 07:25

「優しい」住まいのつくり方。3

 住まい手が、どんな暮らしをするかと言う事が、そのまま反映されるので、間取りに関してはほんとうに「特殊解」がそれぞれの住まい手にあるのだと思います。汎用性と言う言葉もありますが、その世界では得られないフィット感は、まさにその先にあり、暮らしに安心と優しさを産むのです。住まい手との綿密なお打ち合わせは、間取りに直接反映します。ここで、業界の中にはどうしても、つくりやすいもの、つくりにくいものという思考が働きます。基本的には出来てしまえばそこには暮らしに対する「フィット感」しかありません。つくり...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.12.09 Sat 07:36

南海本線浜寺公園駅駅舎 / 曳家工事

  南海本線の浜寺公園駅を見てきました。   明治40年に建てられた駅舎(築109年)をそのまま30メートル移動する工事中で、地面から1メートルほど持ち上げられた状態でした。今月18日に完了するようです。⇒ 浜寺公園駅 - 曳家工事     GALLON   http://www.gallon.jp (ガロン / 革製品、革小物、真鍮アクセサリー、レザーグッズの通信販売専門店)   ホームページ : http://www.gallon.jp 通販サイト : http://shop.gallon.jp ブログ : http://blog.gallon...

ガロンの提案するレザーアイテム  ハンドメイドと日常 | 2017.12.08 Fri 12:01

「優しい」住まいのつくり方。1

 兎角、刺々しい社会だなと最近良く思います。殺伐として、何となく皆、いらだっている。まあ、個人には実感のない好景気のプロバカンダと海外情勢不安、何となく閉塞感へ突き進む国内の社会動向と、見渡せばさもありなんの要素ばかりです。時々、自分の仕事で何かよい方向へ変えれないかと真剣に思うのですが、やはり、住まいづくりを生業としている私たちには、暮らしに直結しているのですから、少しでも住まい手に「優しい」住まいをつくりたいと心から思うのです。エゴイスティックに自分の生業だけを思えば、新築の一戸建てを自...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.12.07 Thu 07:19

どうして「温暖地」で断熱なのか...。5

 さて、この稿の最後です。どうして「温暖地」で断熱なのか…。というタイトルで書いてきました。さすがに、九州だから断熱材はいらないと言われる方はもういらっしやいません。ただ、やっぱりこういう感覚は、プロほど固定化していて、暑い寒いの素直な感覚よりも刷り込まれてしまっている。結果、「九州だからそこまではいらないよね」となり、予算配分の優先順位も低いと言うジレンマから抜け出せないでいる住まいづくりもまだまだあるような気がします。「そこまでは」と言う言葉に根拠がないのは少しお分かりいただけたか...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.12.06 Wed 07:24

どうして「温暖地」で断熱なのか...。4

 一度つくった温度環境をキープするための断熱ですが、自ずと外気との温度差が激しい方が重装備にするべきだと言う言い方は、一見正しいのですが、外皮も十把一絡げにしてしまって、全体のUa値だけで論じては方向性がおかしくなってしまいます。ともすると、冬に熱が逃げていくイメージが先行してしまっているきらいがありますが、福岡などはまさに夏対策としても十分な断熱をしたいのです。私が大昔、寒冷地で学習した断熱は、壁、壁でした。それを北部九州で展開し始めた頃、私はそのディテールを物件ごとに改善してきたのですが、...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.12.05 Tue 07:40

どうして「温暖地」で断熱なのか...。3

 あまりにも地域区分の日本列島地図を過信して、「ああ、ここは南国だからこの程度でいいや」なんて話しは、ほんとうにもうそろそろやめなければなりません。ここで認識を新たにしなければならないのは、省エネ基準で論じられている物差しは、消費エネルギーの事など全く考えなかったこれまでの住まいを、「これからは最低これくらいの省エネ性能にして、エネルギーの無駄をなくしましょうね」という物差しであって、「快適性」についての物差しでは全くないと言うことです。北国では、最低これくらいは断熱しなければ命に関わる...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.12.04 Mon 07:29

どうして「温暖地」で断熱なのか...。2

 あまりにも地域区分の日本列島地図を過信して、「ああ、ここは南国だからこの程度でいいや」なんて話しは、ほんとうにもうそろそろやめなければなりません。ここで認識を新たにしなければならないのは、省エネ基準で論じられている物差しは、消費エネルギーの事など全く考えなかったこれまでの住まいを、「これからは最低これくらいの省エネ性能にして、エネルギーの無駄をなくしましょうね」という物差しであって、「快適性」についての物差しでは全くないと言うことです。北国では、最低これくらいは断熱しなければ命に関わるし、...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.12.03 Sun 07:48

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!