• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

建築

このテーマに投稿された記事:6994件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c276/427/
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

「日本の家展」

 PHJアジアカンファレンスメインフォーラムのために上京したために、国立近代美術館で開催している「日本の家 1945年以降の建築と暮らし」展に伺う事が出来ました。近頃、建築雑誌などを殆ど手にしない私にとって、久しぶりに住まいを近代建築の系譜の一端としてとらえる事の出来る有意義な時間でした。戦災の焼け野原から、国民の復興意欲に支えられて発展を遂げてきたこの国の、言わば華々しい歴史の一面です。私的には、学生時代から業界に入って間もない頃、出ている雑誌は片っ端から目を通し、自分の見識に漏れはないか(何処ま...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.08.28 Mon 09:53

上棟と青空

  群馬県みどり市の住宅 10-house が上棟しました。   この夏の曇り空から一転、青空が広がり 気持ちの良い上棟になりました。   見上げることの多い日ですから、 空の青さと流れる雲の爽快さをより感じました。   大工さんも丁寧に仕事を進めてくれる方。 設計の意図をちゃんと理解して、確認してくれる。 ありがとうございます。                アトリエキノコ 磯貝

きのこ日誌 | 2017.08.28 Mon 09:32

第二回パッシブハウスアジアカファレンス参加!!

 8月25日は東京大学伊藤記念ホールにて、PHJ主催の「第二回パッシブハウス・アジアカンファレンス」にスタッフのひとりとして参加して参りました。2014年のドイツパッシブハウス研究所ファイスト博士の来日以来、今回は、湿度分野ご専門のユルゲンシュニーダース博士をお招きしての国際イベントとなりました。アジアの韓国・中国・台湾各国のパッシブハウスの雄をゲストスピーカーとして招致、ともに温度と共に湿度を最大の課題としながら、快適で省エネな空間の構築に日々邁進しておられる方達が一同に会しての歴史的なカンファレン...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.08.27 Sun 10:27

家創り教室 「設計編」

家創り教室 〜資金編〜 のご案内     「家創り」を失敗無くすすめる為の要となる 資金   数多くあるローンの形式の中で最適なものは何か?   それは人それぞれ違ってきます。              選び方を間違うと、その後の生活に影響を及ぼすことになります。 家創りの基本となる「資金」のポイントを学んでみませんか? 疑問や不安をたくさん持ってお越しください。 無料で開催しておりますので、お気軽にお申込ください。 日 時   平成29年 9月...

サンキ建設のこだわり注文住宅 | 2017.08.26 Sat 08:54

省エネは熱漏れ対策から 5

 極めて基本的な事ばかりを述べてきました。「断熱・気密・計画換気」は建物の性能を語る上で、欠かせない要素です。この考え方は万国共通、私の30年近い住まいづくりでも揺らぎません。ここをしっかり練る事によって、消費エネルギーの少ない住まいづくりが可能になります。ここまでの事をしっかり担保すれば、空調にかかる負荷エネルギーは極限まで小さくして行く事が出来ます。いわゆる「無暖房」といわれる領域は、人が住む限りは人間自体も発熱していますし、家電や生活廃熱もあるのでそれ以上足さなくて良い、現実的に起こりう...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.08.26 Sat 07:34

省エネは熱漏れ対策から 4

 「断熱」と「気密」は確実にセットです。どちらもなしには性能は担保されません。全国各地で一歩リードしている設計者やビルダーの方達はこの辺りは熟知されている方ばかりなのですが、これからエコハウスプームに乗って、事業拡大を目論む方達にはこの基本中の基本はどうか歪めないでほしいと思います。また、これから住まいづくりをしようとする方は、気密測定全棟実施を判断の基本とされれば良いと思います。「断熱」とは、屋外と室内を満たしている空気の温度を断ち、「差」をキープ出来ることを言います。壁の中が中途半端な事...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.08.25 Fri 05:46

省エネは熱漏れ対策から 3

 「断熱」は、熱を伝えにくい性質のある「空気」が貢献していると言うお話をしました。繊維系も、発泡ボード系も、その素材そのものではなく固定化されている空気の熱の伝えにくさが性能と言う訳です。では、極端に言えば壁の中の空洞は空気なので、それだけで「断熱しているのではないか」というお話しになりますが、残念ながら、それでは断熱になりません。まずスカスカで出入りが自由な空気は、そこに留まってくれませんので、断熱には貢献しません。また、無理ですが、例えば内外を完全に密閉したと仮定しても、温度変化を起こせ...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.08.24 Thu 07:17

省エネは熱漏れ対策から 2

 まずは「断熱」というお話から。断熱とは、建物の内外で、「温度を断つ」逆に言えば温度差をキープすると言う事です。外部の刻々と変化する温度に追随すれば、室内では都度暖めたり冷やしたりしなければなりませんが、この温度差を断熱でキープできれば、一旦創った室内の快適温度がキープできると言う事なのです。だから、壁、屋根、基礎、土間下など、外部と接している部分を断熱材でくるんであげる事で、断熱性能と言うものが産まれます。温暖地では、断熱は「冬に着込む事」と同じだと言う誤解があります。だから「九州はある程...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.08.23 Wed 07:42

省エネは熱漏れ対策から 1

 日本国内でも、省エネ基準の義務化が数年先に迫って、住宅の性能が話題になる事が日ごと増えています。悪い事ではありませんが、世の中がブームになればそれは商売ネタとして沢山の人がその分野に参入してくるという自然の流れを産みます。ただでさえ新築着工件数が人口減少や少子高齢化によって伸び悩みつつある中で、「省エネこそ起死回生の糸口」と、こぞって「エコ・省エネ」を連呼する風潮には、長年こういう事をやってきた私のような人間からすると一抹の不安を覚えます。要は、基本的な事が分からないまま、目先の表層部分で...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.08.22 Tue 07:36

ライトツアー1日目

前回は駆け足でフランク・ロイド・ライトの建築ツアー訪問先をご紹介しましたが、今回からもう少し詳しくお伝えしていきたいと思います。   今回参加したのは、アメリカ東部のライト建築を8日間かけて見学するツアーで、参加者は28名。やはり建築関係の方が多くいらっしゃいました。 また、ライトの弟子で当館の建設にも携わった遠藤新のお孫さんにあたる建築家・遠藤現さんがナビゲーター役として同行されました。 今回は、ニューヨーク近代美術館でライト生誕150周年を記念して開催されているライト展の見学も含まれ...

ヨドコウ迎賓館だより | 2017.08.21 Mon 18:46

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 51 - 60 件表示 (6/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!