• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

建築

このテーマに投稿された記事:7194件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c276/427/
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

パッシブハウスジャパン8周年記念大会の3日間(2)

 大会当日は、森代表理事の挨拶に始まり、午前中にビルダー会員のプレゼンテーションと理事を交えたパネルディスカッション。各エリアでの成功事例を参加者全員で共有しようと言う試みは、大変面白く、興味深いものとなりました。会場別室では、昼休みなどを利用してのアワードのパネル展示が行われ、会場審査の投票が行われています。この臨場感が溜まりません。10日ほど前からWEB上で行われていたWEB投票もまだ増えつつづけているなか、審査員の会場審査が行われました。午後からの基調講演は、京都大学大学院経済学特任教授安田陽...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2018.03.07 Wed 07:31

パッシブハウスジャパン8周年記念大会の3日間(1)

 3月2日は、所属する一般㈳パッシブハウスジャパンの8周年記念大会でした。一年に一度、全国のお仲間達と再会し、例年、楽しい数日を過ごさせていただくのですが、今年も事務局長補佐・九州エリアリーダーとして、充実の数日間を送らせていただきました。当会は、ファイスト博士率いるドイツのパッシブハウス研究所を母体とし、パッシブハウスの普及に日々会員相互の研鑽を積み、各地で住まいづくりを実践している仲間たちの団体です。今年は前日の3月1日に全国のエリアリーダーが集まるリーダー会議を催し、年次報告や今期の計...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2018.03.06 Tue 07:18

早送りの時間から暮らしを取り戻すために。5

 乏しい海外渡航の経験からも、帰国するといつも、この国の時間の流れの早さはすごく感じてしまいます。あらゆるものを経済と言う加速装置で使い捨て、何事も時流で消費していく世の中は、一見にぎやかで豊かな雰囲気は味わえますから、余り文句を言う人もいないのかもしれません。この空気感は、もしかすると戦後の実を伴った高度成長期からずっと今も変わらず、実はもうとうにその実態は空洞化して、空しいすきま風が吹きつづけていても、皆考えると辛いから、認めると辛いから、総じてそのポーズをとりつづけているかのようにも思...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2018.03.05 Mon 07:35

早送りの時間から暮らしを取り戻すために。4

 私たちは、お客様に住まいを建てていただく事でそれを生業としています。ですから建てていただかないと商売にならないのですが、だからといって闇雲にどんな建物でも建てればよいと言う訳でもありません。私たちの仕事にも、やはりモラルがあると思います。社会的な正義として、のちのちすぐに陳腐化して、取り壊さなければならないような建物を建てて良い筈もないのです。ご同業でもその物差しは多種多様で、一概には言えませんが、やはり気持ちのよい仕事をしようとすれば、住まいは30年、50年と大切に使いつづけて頂ける仕掛けが...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2018.03.04 Sun 07:32

早送りの時間から暮らしを取り戻すために。3

 科学技術が進み、今後AIの発展でやがて人間は仕事をしなくても良くなると言う事も言われています。ただ、よく考えると、無駄を省いて効率化して私たちの日々は豊かにゆっくり流れているでしょうか。むしろ以前よりは、早送りの映像のように、セカセカ時間が過ぎていって、物も事もすべて巷に溢れているのに気分としては豊かではないのです。私などは、これからの暮らしの改善は、多分そこがポイントなんだと思います。少なくとも、この技術をもって暑い寒いを克服できていないと言う事はそれに煩わされる時間を借り強いられていると...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2018.03.03 Sat 06:21

早送りの時間から暮らしを取り戻すために。2

 「そこまではいらない」という台詞は、住まいの性能のお話をしていると必ず出てくるフレーズです。ただ、こんな寒い冬を我慢して暮らすことが、たまの事だからよいというお話では本当はないと思います。辛抱が美徳であると言う考え方を否定はしません。ただ、辛抱は報われるから耐えられるのであって、皆さんが何となくしているのは単なる我慢なのです。例えば、その我慢で極端にエネルギー消費が抑えられるとか、健康になるとか、建物のコストが極端に安価になるとか、何か要素があれば、報われる辛抱と言えますが、私の経験からす...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2018.03.02 Fri 06:32

建築業者さんに 早くリフォームをしてもらう方法

JUGEMテーマ:建築   最近は 建築業界 人手不足で リフォームを依頼しても 順次さばいて いるのですが いつきてくれるかわからないのが 現状   大型台風一過のあとの防水屋さんに お仕事を依頼するぐらい この春の移動時の改装で建築屋さんにきてもらうのは バブル時代の タクシーを止めるぐらい大変です。   不思議なもので こんな建築屋さんが なかなかつかまらないときに 限って ものって壊れます。(>o<)   ついに 当社事務所の玄関の引き戸のドア...

あおちゃんの釣り道楽日記他 | 2018.03.01 Thu 17:33

早送りの時間から暮らしを取り戻すために。1

 今年の冬は寒かったですね。まもなくおひな様ですから、これからはようやく桃から始る春が感じられる季節に移行していきます。今年ほど、住まいの寒さを実感した事は近年ではなかったのではないでしょうか。トイレに行くにもあまりにも寒くて、けたたましく駆け足で、急いで用だけを済ましたらまた急いで茶の間に戻るなんていうお宅はざらだったと思います。温熱的に言えば、およそ日本の住まいは、人間が中で暮らすことにいくらも快適を提供する事になっていないのが現実ですから、ここでどれだけ損をしているかと言うお話を少しし...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2018.03.01 Thu 06:25

住まいづくり報告 福津市U邸木製サッシ

 いよいよサッシの搬入が始りました。国産の高性能木製サッシを待ちつづけてこの日は朝から現場関係者が集まりました。木製サッシの存在感はただ者ではなく、と同時に非常に重い。笑。一番大きなヘーベシーベなどは4人でも抱えられないほどの重さになります。取り付けは大変ですが、それが故に取り付けられた存在感はひとしおなのです。今回は南面とファサード周りはこの国産の高性能サッシ、水回りなどは樹脂サッシを採用しています。現場もようやくここまで来たかと言う状態です。お施主様が迷いに迷って決められたカラーも、優しい...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2018.02.28 Wed 07:47

住まいづくり報告 福津市U邸PJパネル搭載

 現場の室内は、上棟の日を堺に一変しました。いつまでも寒い季節ですが、室内の休憩が、急に楽なものになったからです。何となくですが、すでにほっと暖かい。今回のU邸も3年越しで準備をしてきた自社開発のPJパネル(壁PJ-W,屋根PJ-R)を採用しています。一昨年来、職人さん高齢化と不足、現場の性能均一化に向けて、汎用パネルの開発に取り組んで結実した結果です。構造面材と軸間断熱材を一枚のパネルとして工場生産し、棟上げの時に現場に搬入して取り付ければ、構造補強と断熱工事のあらかたが終了してしまいます。屋根パネルは通...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2018.02.27 Tue 07:24

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 51 - 60 件表示 (6/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!