• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

建築

このテーマに投稿された記事:7263件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c276/427/
このテーマに投稿された記事
rss

< 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 >

ゴールデンウィーク真っ最中 1

 カレンダーはゴールデンウィークに突入しました。人によっては10連休と言う方もあるそうです。いつものごとく、こういう感覚に疎い私にはいつもと変わらぬ何の変哲もない毎日ですが、定時にアシスタントが出社して、珈琲を一杯と言うルーティーンからは様子が変わって、いつもより少しだけ静かな朝が巡ってきています。  一昨日は年老いた母が気になっていた実家の補修を日曜(土曜でしたが笑)大工しました。そして昨日はご案内を頂いていた糸島の櫻井神社まで朝から足を伸ばし、本日の大注連縄掛け祭りの祈願書奉納に出かけまし...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2018.04.30 Mon 07:39

あったかい気持ちになれるように 5

 近頃、見聞きする事がどうにも殺伐としていて、ついつい気鬱になってしまいがちですが、総じて感じるのは優しさのなさです。もう少し気遣いできればと思うのですが、すべての価値観が損得勘定で、行き過ぎた拝金主義があらゆる分野でモノ・コトをギスギスしてしまっているようで仕方ありません。何事にも畏敬の念というのが大切だと書きました。想像は、私たちを取り巻く環境に対して人工的な手を加えると言うこと。少なからず環境破壊です。その根本に「ちょっと我儘、お許しください」という畏敬の念がないと、傍若無人な振る舞い...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2018.04.29 Sun 07:45

家創り教室 ~ 資金編 ~ のご案内

家創り教室 〜資金編〜 のご案内       「家創り」を失敗無くすすめる為の要となる 資金   数多くあるローンの形式の中で最適なものは何か?   それは人それぞれ違ってきます。              選び方を間違うと、その後の生活に影響を及ぼすことになります。 家創りの基本となる「資金」のポイントを学んでみませんか? 疑問や不安をたくさん持ってお越しください。 無料で開催しておりますので、お気軽にお申込ください。 日 時   平成30...

サンキ建設のこだわり注文住宅 | 2018.04.28 Sat 14:01

あったかい気持ちになれるように 4

 何事も、何となく優しくないのです。経済が上向きだから文句ないだろうと嘯くリーダー。ミスを認めず責任転嫁ばかりの閣僚達。誤摩化しと隠蔽のお役人達。それをネタに対立軸を形成して口汚く罵り合うSNSの住人達。人と人がそんな場所でふれあうと、まず誰彼かまわず、「自分は悪くない」「文句あるか!」「あいつの方が悪いことしてる」となんとも優しくないのです。江戸や上方に区別なく、例えば落語で熊さん八つぁんが往来を進む時でも「ちょっとごめんよ」手を分け入って「ご免やっしゃ」という台詞の描写が見られます。ちょっし...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2018.04.28 Sat 09:40

あったかい気持ちになれるように 3

 とにかく急ぎ、大量生産を仕掛け、数百メートルごとに夜中でも煌々と灯りが灯るコンビニに行けば、どの店でも同じものが買える。そんな夢のような現実を獲得した私たちは、ちっとも安心できないでいます。今この国はかつての絶頂期をなぞらえて、イベントを目白押しにして起死回生を計ろうと躍起です。ただ、私に言わせれば、やはり、戦争で失ったものが、何十年、何百年と構築してきたものであったならば、それはまた、それだけの時間をかけなければ「得られないもの」そう認めることだと思います。大量の資源を輸入して、確固たる...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2018.04.27 Fri 07:11

あったかい気持ちになれるように 2

 考えてみると、この国は敗戦から70年余りと言う時間を、2/3くらいは、焼け野原から世界に冠たる技術立国への華々しい右肩上がりの経済成長期として過ごし、言わばなりふり構わずイケイケドンドン。残り1/3はその栄光から停滞、少しずつ後退していく事実を認められず、その歪みを何とか軌道修正しようともがき苦しんでいる時間として過ごしてきたようにも思われてきます。辻褄合わせに終始して、すでに下り坂をおり始めていると言うのに。今は、そのもがきにも疲れ、次々と誤摩化してきた現実が露になり、誰も責任を取りたくないから...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2018.04.26 Thu 07:17

あったかい気持ちになれるように 1

 今の世の中、どことなくやるせない空気感で一杯ですね。見るもの聞くもの薄汚く、我欲に狂気の政治家たちと腐敗と瓦解のお役人たちの醜聞は、失望と言う言葉を通り越して、日々の暮らしにまでも何となく暗い影を落としています。こんな国になってしまったのは、いつ頃からどうしてだったのだろうかと、時々考えてしまうのですが、何となくかなり長い時間をかけて、徐々にこうなってきてしまったような気がしてなりません。失望と幻滅ばかりで打ち拉がれてばかりいてはいけないので、何か出来ることから手当をしなければと考えます。...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2018.04.25 Wed 07:37

庶民パワーの住まいづくりのススメ 5

 国は再生エネルギーを促進すると言いながら、未だ原発は止めようとしません。長持ちする住まいを建てようと言いながら、多額の住まいづくりからも「消費税」を徴収する。消費しない住まいでもです。この矛盾だらけの施策に、庶民は振り回されてはいけません。住まいは、私たちの暮らしそのものです。本当は、子どもや孫が住み継ぐことが出来て当然なのです。これは、同じ家に子や孫が順番に住むと言うことに限る訳ではありません。エリアや規模で、様々なストックがあれば、その価値が下がらなければ、価値の等価交換をして移り住め...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2018.04.24 Tue 07:40

庶民パワーの住まいづくりのススメ 4

 18年課税した木造住宅は無価値になり、国としては補助金でも何でも補填して、どんどん壊しては建てをやってほしい。なぜならそれが重要な内需のひとつであり、経済の一躍を担っているGDPの要素だということたからにほかありません。ただ、その数字に固執するあまり、庶民はそう言う誘導で結構割りを喰っている感があるのです。皆さんにとってはそんなことはどうでも良いことで、本当に快適で耐久性のよい住まいを建てる為には、それ相応の予算はかかりますが、次の世代や次の次の世代は負担がないと言うベースを構築することの方...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2018.04.23 Mon 07:31

庶民パワーの住まいづくりのススメ 3

 さて、私は年間の住宅着工件数が日に日に先細っていく今、戦後の焼け野原を何とかスクラップアンドビルドで埋めてきたこの70年あまりから、本当に必要な住まいを建てる時代にようやく変わるチャンスだと考えています。新築ばかりに限らず、優良な過去の仕事は積極的に更新して使用するべきであるし、そもそも数は足りているのですから、ゆっくりと良質なもののみに更新していくことが、この国の社会資産形成の鍵になると思います。私の身の回りに起こる住まいづくりには、私はそう言うジャッジを下しますが、業界全体はなかなかそう...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2018.04.22 Sun 07:28

このテーマに記事を投稿する"

< 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 >

全1000件中 61 - 70 件表示 (7/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!