• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

建築

このテーマに投稿された記事:7705件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c276/427/
このテーマに投稿された記事
rss

< 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14 >

GWの住宅展示場巡り、その前に 5

 さて、住宅展示場のことを書きました。あまり否定的なことは書いてはいけませんが、そこにあなたの住まいづくりのすべてがあるというのは思い込みでしかありません。実は選択肢は無限に広がっています。また、各社の営業マンさんはよくよく伺うと微妙にずれた解説をされます。そこが各社の得意分野だったり、ウィークポイントだったりもします。その辺りを冷静にジャッジすること、またあくまで皆さんの暮らし、連綿と続く皆さんの日常がそこにフィットしていかなければならないという命題は、その滞在の数十分では判断がつかないと...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2019.05.04 Sat 06:54

GWの住宅展示場巡り、その前に 3

 まずは、皆さんの住まいは一生涯の大半を暮らす場所です。現代人は生涯の9割を屋内で過ごすと言いますから、学校や職場を含めてもいかに住まいの中で生きているかということは明らかだと思います。そう考えると、展示場で滞在する数十分で何が見えて来るかというお話しです。冬の住宅展示場で「床暖房が暖かくて快適だった」夏の展示場で「輻射冷房が涼しかった」というお話しを時々伺いますが、少なくとも3.4時間そこにいない限り、快適のものさしにはならないと思います。瞬間的に暖かいと感じる床は、逆にNGです。おそらく数時間...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2019.05.02 Thu 07:18

GWの住宅展示場巡り、その前に 2

 私たちが、そもそもそういうモデルルーム展示場を持って、皆さんにあらかじめこんな住まいは如何ですか?とものを示せば早いのですが、中小の設計事務所や工務店にそれほど資金力がある訳でもありませんのでなかなかそれは叶いません。つまりそこにはそれなりの資金力があるビルダー・ハウスメーカーのみの住宅が並んでいると言う訳です。弊社などを訪ねて来られるお客様は、いわゆる強者の部類で、そう言う展示場を一通り巡り、各社の解説を聴きまくったあげくに「ウーン、なんか違う」と思って答えを探して来られる方達ですので、そ...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2019.05.01 Wed 07:18

GWの住宅展示場巡り、その前に 1

 いよいよ10連休が始まりましたが、みなさま愉しんでおられるでしょうか。季節柄、これから住まいづくりをしようとされる方はエリアの住宅展示場へ足をお運びになられる方も多いのかもしれませんね。敵前視察、ではないのですがその昔、私も家族をつれて訪れたことがありますが、人相風体と醸し出す雰囲気が災いして「あのー、申し訳ありません」と声をかけられてご同業ではないですか?とつまみ出されたことがあって、笑、以来足を向けたことがありません。まあ下におかないおもてなしと、マシンガン営業トークは凄まじいものがあるら...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2019.04.30 Tue 07:16

もう言っちゃいます。住まいは「夏を旨とすべし」5

 鎌倉の世から今もなお活き活きと「徒然草」で呟かれる兼好法師の有名な一節「住まいは夏を旨とすべし」について述べてきました。これまで言われて来た「夏旨」は、「兼好法師も言っているが、日本の家は夏向きに建てるべきだ。夏向きとは、風通しよく開放的にということ。気密・断熱とんでもない」と言うものでした。この言霊の呪縛は、広く住宅建築に関わる者に浸透し、根底にそう言う感覚が植え付けられています。私などは正義感から、いやいや、時代とともに変わっていくからと何十年と反論してきましたが、近年気密・断熱も計画...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2019.04.29 Mon 09:44

もう言っちゃいます。住まいは「夏を旨とすべし」3

 徒然草の「住まいは夏を旨とすべし」の一節の背景に触れました。鎌倉の時代、兼好法師が京都の酷暑のなか、冬の寒さは暖を取り何とかなるが、夏はたまらないから風通しよく建てた方がいいよという究極の選択のひと言なのです。あたかもこの国の住まいはそうあるべきだ、そうでなければならないというようなものではなかったことがおわかり頂けるでしょうか。ただ、現在の引用のされ方はしばしばそのような意味を含めてつかわれるので厄介なのです。言われるこちらとしては、余計なことを宣ったものだと兼好法師を恨めしく思うことも...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2019.04.27 Sat 07:06

もう言っちゃいます。住まいは「夏を旨とすべし」2

 まず、徒然なるままに宣った兼好法師の「夏旨」の一節には、呟きですから当然後先があります。ひらたく言うと、「住まいは夏を旨とすべし」と書いたあとに、さらに「冬の寒さは何とかなるから」と綴っているのです。つまりこれは、積極的な住まいのあり方論を語っているのでも何でもなく、究極の選択として、冬の寒さは着込んで一杯引っ掛けて、布団をかぶって寝てしまえば何とかなるが、夏の暑さは如何ともし難く溜まらないから、冬を切り捨て、夏に照準を合わせようと言う「消極論」です。重ねて言うならば、法師はそれが「快適だ...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2019.04.26 Fri 06:51

もう言っちゃいます。住まいは「夏を旨とすべし」1

 25年以上前に、高気密・高断熱などと言えば、ご同業は顔をしかめて「九州だよここは」と逆にお説教をくらうこともしばしばありました。ただ、現在大騒ぎしているエコ省エネ住宅、エコハウスの類いは、すべてこの高気密・高断熱の手法をもって建てられている訳です。呼称がすり替わっていますが要はそう言うことなのです。笑。当時の認識は「断熱」は寒い地方でするもので、九州などでそんなことする必要がないと言う感覚が主流でした。「断熱」でそれですから、「気密」などというお話しをすれば尚更で、「お前達はガス室を作るつも...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2019.04.25 Thu 07:17

「エコハウス」以前、住まいの性能と健康 5

 近年の気候変動の影響か、寒さ対策が必要な季節が終ったらすぐさま冷房なしでいられないほどに暑い日々が続くと言う年が続いています。風通しを重んじることは悪いことではないですが、外気温が著しく乱高下する昨今の気候は、やはり暑い寒いを室内に持ち込まない、あるいは和らげて室内の担保に取り込まなくては私たちの身体は大きなストレスを被ってしまいます。快適などと言う言葉からほど遠く、時と場合によっては命の危険にも晒されかねない状況が住まいの中で起こりうるということをよくよく理解してほしくて、今回は「エコハ...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2019.04.24 Wed 07:09

「エコハウス」以前、住まいの性能と健康 4

 さて、すこし切羽詰まった感じで、この国の住まいの性能についてお話ししてきました。理由はやはり年々発表されるヒートショックの死者の数が増えつづけているにもかかわらず何の規制も掛からないこの国の現状と、上っ面のエコハウスブームが少しずつ浸透して、近頃流行りの「出来てる感」に満たされていることを危惧するゆえです。住まいは一旦建てると30年、50年とそのご家族の生活を支えます。支えると言うことは、実が伴っていなければ足も引っ張る訳で、この雰囲気感の中で、それほど性能も高くない「なんちゃってエコハウス」...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2019.04.23 Tue 07:30

このテーマに記事を投稿する"

< 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14 >

全1000件中 81 - 90 件表示 (9/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!