• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

建築

このテーマに投稿された記事:6935件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c276/427/
このテーマに投稿された記事
rss

< 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13 >

梅雨を快適にすごせてますか? 5

 漸く福岡も、ねっとりとした空気感が出てきました。これから外出の度に、何となくシャワーを浴びたい季節が続きます。湿気と真正面で戦うと言うことが、ごく最近始ったと言うことはお分かりいただけたかもしれません。その対策として、外気を取り入れて通風を即すると言うことが、時には悪循環になって、かえって室内に湿気を呼び込むことになってしまっていると言うことも事実です。とても小さなエネルギーだけで快適に、ここが重要ですが、快適に暮らそうと思うと、発想の転換が必要です。後発の発明品のエアコンを電気ばかりを喰...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.06.20 Tue 07:42

梅雨を快適にすごせてますか? 4

 断熱・気密で基本性能を平均的にあげていくと、例えば福岡の場合、年間を通した空調にかかるエネルギー負荷は冷房の方が大きいので、やがて暖房は必要ないけれども、冷房は必要と言う領域に入っていきます。冬の暖房は、日射や生活による内部発熱が助けてくれるので、極端な話、何処までも性能をあげていけば無暖房は可能になってきます。ただ、夏は日射や内部発熱が逆に負荷となるので冷房はなくならないのです。この話は実感に乏しいかもしれません。何せ徒然草の「夏旨」によって、夏の蒸し暑さは通風のみでしのげと言われ続けて...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.06.19 Mon 07:03

梅雨を快適にすごせてますか? 3

 こんなに雨がまとまってこないと、後半の集中豪雨などが心配されます。私は山中の土木現場で、2年近くエリアの天気のデータを一つのグラフにつけ込む仕事をしていた事があって、リアルタイムを過去数年のグラフに重ねていくと、多少のずれこそあれ、何処かで平年並みに辻褄が合うと言う事が分かっていきます。自然とは、四季の移ろいとはすごいなとそのとき初めて思いましたが、地球は生き物のように一年の予定をそつなくこなしていきます。例年であれば、福岡は7月15日早朝の追い山をもってほぼ梅雨明けとなる感じですが、未だ梅雨...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.06.18 Sun 07:03

梅雨を快適にすごせてますか? 2

 皆さん良く御存知の「夏旨(なつむね)」などと呼ばれている吉田兼好法師の徒然草にある「住まいは夏を旨とすべし」は要するに風通し良く、夏向きに家づくりをするべきだと言う表現です。私も専門教育では、日本の住まいのあり方の原点として教えられました。決して間違いではないし、当時兼好法師は、うだる夏の京都にいました。私も京都に暮らした事がありますが、京都盆地の夏はそれは厳しいものです。ただ、その一行のあとに「冬は何とかなる」と書いているのです。つまり、不快きわまりない夏の京都に暮らした兼好法師が、究極の...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.06.17 Sat 06:38

確認申請 下付!

  茨城県古河市で進行中の専門学校「K-scool」の 確認申請が下付されました。   確認申請とは、計画の建物が法律に適合しているかの判断を 第三者機関に提出し、適合していることを確認する申請です。   建物の規模が大きくなる・利用する人数が増えるにつれ、 人命を守るための法律が多くなり、複雑になるため 建物の計画が難しくなっていきます。   今回の専門学校の計画では、複雑に絡んでくる法律を シンプルに整理し、法律によって出来上がる形を デザインに活か...

きのこ日誌 | 2017.06.15 Thu 09:26

ジメジメの梅雨をどう乗り切るか。5

 さて、今回こんな原稿を書いていると、事務所のFMラジオから、ラジオショッピングの黄色い女性の声が聞こえてきました。「電気代が気になるし、健康のためにも余りエアコンは使いたくない!!」何何?と聴いていると、気化熱を利用した冷風扇のコマーシャルでした。電気代もかからないし、身体も不快ではないと言う訳です。これなんです。エアコンの冷房は電気を喰って健康に悪いという言葉の表現が、皆さんの腑にすっと落ちる。こういう感覚が一般的なのだと思います。確かに、そう言う感覚は間違いではありません。夏を旨とすべしの、...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.06.15 Thu 07:36

ジメジメの梅雨をどう乗り切るか。4

 小さなエアコンを持続運転して、除湿効果を使いながら快適に暮らす事が、結局は消費エネルギーを減らす事だと言う計算が成り立つ性能の住まいの構築は、もはや現実のものとなりつつあります。それが何となく自然に抗っているように感じたり、本当に快適なのだろうかと懐疑的に見えてしまったりするのは、性能に満たない住まいが多すぎる事と、これまで冷房に頼らない湿気のコントロールは一旦諦めたライフスタイルを続けてきた慣習に他なりません。順序として、コタツにファンヒーターの茶の間越冬型の住まいから、全館暖房の方がヒ...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.06.14 Wed 07:28

ジメジメの梅雨をどう乗り切るか。3

 九州では、心の何処か根底に「夏は暑いから、風通し良い家にしたい」という気持ちが根深く残っています。おまけに福岡は日本海型の気候で以外に晴天日も少ないから、「日当り良く」となるのです。決して間違いではないのですが、ただただそうすれば快適だったのは、例えば野中の一軒家。十分に風が通り、空気も新鮮で穏やかな気候だったころの名残と言ってしまうと乱暴でしょうか。今は軒をつき合わすほどに隣接して、おまけにお隣さんのエアコンの室外機がどんどん熱を屋外に出している時代です。牧歌的にその感覚にただ従って住ま...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.06.13 Tue 07:16

COCOが特集記事に掲載!

こんばんわ。YIAのイシウエです。 homifyというサイトで『COCO』が特集記事で掲載されました。 とても丁寧な記事で嬉しく思います。 ここからリンクしています! ぜひぜひご訪問下さい。 文章だけでは寂しいので、写真も載せてみました JUGEMテーマ:建築 JUGEMテーマ:住宅

イシウエヨシヒロ*ブログ | 2017.06.12 Mon 18:23

ジメジメの梅雨をどう乗り切るか。2

 さて、梅雨は何故鬱陶しいのでしょうか。関西以西では、湿気をかき分けて前に進むなどと言う表現が出てくるくらい、空気がどんより重く、不快なエリアがあります。福岡も日本海側の湿気を含んだ空気が北から吹くのでかなり過酷なエリアかも知れません。私たちは様々な温熱情報を身体で感知して暮らしていますが、複雑なセンサーが絡み合って快適か不快かを判断しています。「体感温度」というものを数値化する公式がありますが、ここには温度と湿度、そして風速を入力して導きだします。つまり湿気は重要な要素の一つなのです。温度...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.06.12 Mon 07:39

このテーマに記事を投稿する"

< 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13 >

全1000件中 71 - 80 件表示 (8/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!