• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

建築

このテーマに投稿された記事:6994件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c276/427/
このテーマに投稿された記事
rss

< 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13 >

やっぱり「やさしさ」なんだよなぁ。5

 「やさしさ」とか「思いやり」だとか言う言葉を使えば、何だか青臭く聞こえてしまうかもしれません。ただ、長年仕事をしてくると、ぐるっと回って遠道のあげく、たどり着いたのは原点だったと言う感じがしてならない。住まいづくりに及ばず、根源的には仕事の向こう側にある人の事を思うやさしさでしかないと言う感覚が日に日に強くなって行くのを感じます。対価を頂いて生業としている事ですから、それだけではない筈だと言われてしまいそうですが、この無味乾燥な殺伐とした事の多い世の中で、あえて言いたい。青臭かろうが甘かろ...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.08.09 Wed 05:53

やっぱり「やさしさ」なんだよなぁ。4

 結局は、どれだけの「やさしさ」が込められたかと言う事が、その「住まい」をかたち創っていくというもの。デザイン力も技術も全てはその為に使われるべきものだと考えます。予算には限りがありますが、それぞれの立場で協力しあえば、「知恵」は無限に出てくるというものです。またその解も無限です。住まい手が描く理想の暮らしに向けて、私たちが創造し、描き、予測をし、皆さんで心を一つにして具体的な空間を創り上げて行く事が大切です。修業時代に、沢山のパターンの仕事を見てきました。施工店さんを鼻血も出ないほどギリギ...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.08.08 Tue 06:40

maWoが特集記事に掲載!

  こんばんわ。YIAのイシウエです。 homifyというサイトで『maWo』が特集記事で掲載されました。     とても丁寧な記事で嬉しく思います。 ここからリンクしています! ぜひぜひご訪問下さい。 文章だけでは寂しいので、写真も載せてみました   JUGEMテーマ:住宅 JUGEMテーマ:建築  

イシウエヨシヒロ*ブログ | 2017.08.07 Mon 16:37

ほんと久しぶりですが…

  久ぶりのブログです。   遊んでいたわけではありません(笑)   松山で進めてきた住宅の竣工写真が上がったきたので、外観だけですがアップします。     今回の住宅は、とてもシンプルな形の住宅になりますが、外壁のテクスチャには少し手間をかけています。   鱗状のガルバは、モザイク調の色合いでなかなか不思議な効果を生み出せたと思います。     近々、内観の写真もアップしていきたいと思います。   JUGEMテーマ:...

イシウエヨシヒロ*ブログ | 2017.08.07 Mon 16:22

やっぱり「やさしさ」なんだよなぁ。3

 お為ごかしや押し付けがましい優しさではなくて、住まい手にそっといつも寄り添っている様な、「さりげないやさしさの住まい」って、どうしたら出来るのだろうかといつも考えています。そう考えると、私たちは常に何かあらかじめ万人向きのメニューをご用意しておくのではなくて、住まい手自らがどんな暮らしを望んでいるのかと言う事を、「良く聞く」ということから始めなければならないのだといつも思います。私はその材料を沢山頂かなければプランが出来ません。すごく時間がかかる事ではありますが、そう言うプロセスが住まいに...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.08.07 Mon 07:22

やっぱり「やさしさ」なんだよなぁ。2

 人はときとして残酷になるし、焦れば利己的にもなります。昔の時代劇のように勧善懲悪ではなくて、人はひとりのなかに多面的に色々な部分を持ち合わせているから、そう言う部分が誰の中にもあると思います。もちろん私の中にも澱のように溜まり時々沸々と表立ってこようとするのですが、まさにそれを他人様にばらまかなくて良い為には、お気に入りの空間だったり、音楽だったり、目を愛でるアートだったりでデトックスされていく術をもつ事が大切で、そういう道具をいかに持ち合わせているかと言う事が、そのひとの人生をやさしくし...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.08.06 Sun 07:39

やっぱり「やさしさ」なんだよなぁ。1

 住まいづくりをしていて、日々つくづく思うのは、技術力や知識もさることながら「やさしさ」なんだよなぁと思います。いかなるシャープなデザインも、片時の審美眼を癒す事は出来ても、シャープすぎて刺さってくるようなものでは住まい手は生き苦しくなるし、逆に配慮のない荒削りなものはすぐ飽きが来て住まい手はくつろげません。なんとなく暮らしに寄り添ってくれて、邪魔をせず住まい手を見守ってくれるような空間は、ひとえに「やさしさ」ではないかと思います。描く一本一本の線に、依頼者の安心やくつろぎを織り込めないかと...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.08.05 Sat 07:10

立ち止まれば、道は開ける。5

 さて、従来の既成概念を一旦見直し、住まいづくりを再考しようと言う内容で書いてきました。最近私の頭の中ではその答えは何だ?と言う自問自答がずっと巡っています。もちろん、価値のあるほんとうの意味で50年、100年住まい続ける事が出来る住まいづくりが王道だとは思います。私もそれを求めて30年近く仕事をしてきています。ただ、それにはそれなりのコストもかかります(もちろん、こう書くと途方もない予算がかかるように思われがちですが、実際はそれほどでもありません、時間軸を見直せば確実に住まい手にとってはそのほうが得...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.08.04 Fri 06:32

立ち止まれば、道は開ける。4

 大変有り難い事ですが、弊社の20年ほど時間が経過した仕事で、レトロフィットやお手入れのお問い合わせを頂く事が出来ているのは、ひとえに住まい手の方達が愛着をもって住まいを見つめ続けてくださっている事によります。どんなに丈夫な住まいでも、どんなに高性能な住まいでも、人の心に残らない住まいはぞんざいに扱われてしまいます。これから始る人口減少によってさらに加速されていくと思われる、かつてのニュータウンのゴーストタウン化は、まさにこの愛着というものが欠けているのではないかと思ったりするのです。そこに暮...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.08.03 Thu 06:06

立ち止まれば、道は開ける。3

 住まいづくりにも知恵が必要な時代になってきました。国民はしたたかに、現在の不良在庫も念頭におきながら、スクラップアンドビルドとは一線を画した自ら幸福になる為の住まいづくりをして行くべきだと思います。土地と建物を考えると、生涯をかけて返済して行くローンを組まなくてはいけません。35年のローンを組んで20年後はゴーストタウンでは悲しすぎます。ご存知かもしれませんが、今の税法では木造の住まいは18年で殆ど無価値と評価されています。まあ、悲しい現実として昨今の不良在庫はまさに20年で無価値となっていますが...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.08.02 Wed 07:12

このテーマに記事を投稿する"

< 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13 >

全1000件中 71 - 80 件表示 (8/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!