• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

建築

このテーマに投稿された記事:8076件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c276/427/
このテーマに投稿された記事
rss

< 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13 >

今だからこその住まいの性能 1

 世の中は大変な状況に様変わりして、日常が大きく変わったまま硬直化して身動きが取れないままという方も多いのではないでしょうか。おうちにいて、こんなに時間をすごすのも、考えてみればはじめてと言う方も多いと思います。特に日本人はいつもは激しく動き回り、自分の日常と言うよりは社会の小さな歯車のひとつとしてあくせくルーティンをこなしていると言う感じなので、戸惑いも多いと思います。  何もせずに家に居ることを強いられると言う今回の新型コロナが私たちの暮らしに深く落としている影ですが、何処までもネガテ...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2020.05.02 Sat 07:48

「タイム イズ マネー」からのこれから 4

 あれ程「安・近・短」を追求して、安くて手近で早いものに囲まれて、時間の効率を上げてきた結果、その余った時間を持て余し始めるという自己矛盾の中で、今、私たちはその効率を度返しした急ブレーキを踏まざるを得なくなり、暮らしをどうしたら良いか本当に迷っています。ちょっとしたパニック現象かもしれません。一頃、SFまがいの未来予測で、今後AIなどの進化とともに人間は仕事をそういう代替に任せて、やがて生産活動をしないで暮らす日が来ると言うようなものがありましたが、私はそういう未来予測にあまり夢を感じませんで...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2020.04.30 Thu 07:41

「タイム イズ マネー」からのこれから 3

 世の中のすべてを、便利にすることが幸福に繋がると信じてひた走りに進んできた世の中が、ぴたっと減速する中で、私たちは今「時間」と言うものをよくよく考える好機を迎えてきます。時間短縮と効率化の果てに、何となく余った時間を持て余しているという悪循環の中で、一体私たちは何を求めてきたのでしょうか。便利なことは本当に有難いことで、全国何処にいても同じものが手に入り、同じ情報を得て暮らしている。それを否定する訳ではありませんが、そのフラットさは、私たちの中からどんどん固有の思考回路を単純化し、鈍化し、...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2020.04.29 Wed 07:50

「タイム イズ マネー」からのこれから 2

 私はまさにその高度成長期とともに育ち、戦後の右肩上がりの世の中を目一杯謳歌した世代の一人と言っても良いかもしれません。オリンピック、万博と国を上げてのお祭り騒ぎに近未来の明るい社会を想像し、いつの間にか500mごとに24時間営業のコンビニが夜中じゅう昼間のように明るく営業していて、日本国中くまなく欲しいものは、お金さえあればすぐに手に入る本当に便利な国になりました。物質的には国民は満たされたかのような日々、ただこのコラムでも私はそれで良いのだろうかと言うことはずっとお話ししてきています。満たされ...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2020.04.28 Tue 07:43

「タイム イズ マネー」からのこれから 1

 Time is Money (時は金なり) という言葉。アメリカ建国の父と言われるベンジャミン・フランクリンの言葉なんだそうですが、時として日本では、効率アップを即する時などに良く用いますよね。一刻も無駄にするな、というような感覚でしょうか。本来の微妙な真意は、英語の苦手な私には知る由もないのですが、おおよそ私たち日本人はそう言う使い方をしてきたのではないかと思います。戦後の75年を走り続けて、高度成長をなし、極東の島国が経済大国とまで言われるようになった奇跡のこの国は、まさにそのひと言に象徴される一にも二に...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2020.04.27 Mon 07:13

みんなが繋がっていると言う感覚 5

 見る見る減速して、日々社会の形が変容していっている中で、自分の立ち位置を見失い勝ちになり始めている人もいるかもしれません。ただ、急に始まったこの新型コロナウィルスとの戦いも、ついこの間までの暮らしの延長にあります。私たちはずっと家族や友達と繋がりあって、時には助け合い、支えあって日常を送ってきました。それがごく普通のことだから、潜在的で感じにくくなっていただけです。  今、人と会うな触れるなと言われると、どれほど孤独に陥れられるかと思ってしまいますが、その繋がりの確認方法は少し工夫す...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2020.04.26 Sun 07:32

みんなが繋がっていると言う感覚 4

 今大切なのは、一にも二にも人と人がなるべく接触しないこと。距離を保ち、移動を控え、もし自分がすでに感染していたらと言う仮定のもとに、それを拡大しないということをひとりひとりが徹底することでこの難局は乗り切れます。ウイルスは、人を介さなければ生きていけないそうです。このウイルスの難しさは、感染力よりも致死率よりも、潜伏期間が長いと言うこと。つまり意図せず自分以外の人に感染させてしまうリスクが他のものより非常に高いと言うところなのだそうです。だから皆で「会わない、動かない」を一定期間徹底するこ...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2020.04.25 Sat 06:59

みんなが繋がっていると言う感覚 2

 昨日の首相の記者会見は、未だ感染拡大が止まらないこと、外出自粛が徹底できていないことなどを空虚な数字で示し、更なる自粛と5/6以降の自粛要請延長の可能性をなんとなく示唆しました。いよいよ辛抱溜まらない国民ですが、根本的に自粛要請と補償はセットであるという部分が欠落しているし、そもそもなぜこんな事態に陥ったかと言う事実経過の部分もろくな説明がない政治には苛立ちを隠しきれません。これ以上辛抱だけを重ねろと言う政治には当然の権利として個人である私たちは意見して良いのだと思います。  ところが、「こ...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2020.04.23 Thu 07:28

みんなが繋がっていると言う感覚 1

 緊急事態宣言が出て2週間。政府が言う感染者減少に転じる起点と言う時期に来ていますが、現状はそうそう甘いものでもないようです。ただ、海外諸国の状況を見れば、おおよその予測はつくと言うもので、やっている感全面押しの記者会見に何だか白々しさを感じている方も多いと思います。ただ、この戦いはどんなに詭弁を並べても、実際に未知のウイルスを何とか撲滅するための人類全体の戦いですから、私たちひとりひとりが自覚を持って取り組まなければならないのだと思います。ドイツのメルケル首相の国民に向けた演説は素晴らしいも...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2020.04.22 Wed 06:54

おうち暮らしのヒント 4

 気分の調整に、音楽と言うものは欠かせません。普段は沈黙で空気が重くなりすぎないように、FMラジオが小さく掛かっています。私は学生時代からジャズが大好きで、気分を変えたい時はその頃から大切にもっているアナログレコードを聴いたり、CDを聴いたりして過ごしています。自分の感覚に素直に、なるべくポジティブでいられるようにその日の気分と言うのが大切です。ただ、安直に何となく沈んでいるから元気で明るい曲をという訳ではありません。同質の原理という言葉がありますが、鼓舞するために元気な曲を聴くとかえって落ち込...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2020.04.20 Mon 07:29

このテーマに記事を投稿する"

< 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13 >

全1000件中 71 - 80 件表示 (8/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!