• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

建築

このテーマに投稿された記事:6994件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c276/427/
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

日々刻々、淡々と。3

 良く、一票の格差などと言う言葉が取りざたされます。確かに大切な事ですが、現実に見れば、様々な選挙の半数にも満たない投票率の実態から見れば、私はまだこの国は捨てたものではないと思えるのです。この過半の人々が目覚めれば、世の中は大きくシフトします。「誰を支持して良いか分からないから選挙には行かない」と言う人が、まだ目覚めていないのです。半分にも満たない人の中の改憲勢力が近年増えていると言う数字はありますが、この眠れる過半の方々が、改憲を望み、右傾化を心から望んでいるとも思えません。例えば今のと...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.09.30 Sat 07:26

土留め工事中。

古河市「K-School」は、工事を行うための工事 「土留め」を行いました。   建物が大きいため、地面の中に作る基礎の深さも 3m近くになります。 そのため、穴を掘った際に近隣の地盤が崩れて 流れ込まないようしっかりとした土留めを行うのです。   土留めが曲がらないよう、慎重に、正確に。 職方さんと、監督さんと呼吸を合わせて。                 アトリエキノコ 磯貝

きのこ日誌 | 2017.09.28 Thu 09:48

果てしない旅としての住まいづくり 5

 少しでも良い住まいにという想いのあるプロは沢山いらっしゃいます。どうかこれから住まいづくりをされる方は、そう言う水先案内のプロを、混沌とした中からだから、少し大変かもですが、必ずやお探しください。住まいづくりはこれから始る果てしない旅の旅支度のようなものです。水先案内人は、服装、装備、備蓄などなど、微に入り細に入りあなたのためにその支度のお手伝いをします。何処へ向かう旅なのかは、やはりあなたが決めなければなりません。山なのか海なのか、宇宙に飛び出すのか、それはあなた次第です。誰とどんな暮ら...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.09.27 Wed 07:31

果てしない旅としての住まいづくり 4

 住まい手が性能の事をいちいち気にされなくても、建てられる住まいのすべてが一定の性能以上となれば良いのですが、残念ながら2020年に義務化される基準も国際的な基準からは甚だ心もとないものとなってしまっているこの国では、まだしばらくの間住まい手自らが性能についてとても気にしなければいけないという状態が続きます。業界にいる者のひとりとして忸怩たる想いがありますが、ただ、住まい手の皆さんにはやはり、人生転換の大チャンスに、目を見開き、様々な事に思考を巡らせ幸福を実感できるような暮らしのために覚醒...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.09.26 Tue 07:49

果てしない旅としての住まいづくり 3

 高性能住宅の性能は、何かを感じるためにあるのではなくて、ストレスを感じないためにあると言う事を書きました。つまり、出来てしまえばノンストレスの快適さは享受できるのですが、快適になれてしまえば特にどうと言うことはなく(大半の性能の足りない住まいとは雲泥の世界ですが)そこから始る暮らしこそが「住まい」そのものなのだと思います。建ち上がったそこから、本当の暮らしが始る訳ですから、どんな暮らしが始る事になるのか性能を語る事と同じように、あるいはそれ以上に暮らしの機微が語られるべきだと思います。  ...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.09.25 Mon 08:41

家創り教室 「資金編」

家創り教室 〜資金編〜 のご案内     「家創り」を失敗無くすすめる為の要となる 資金   数多くあるローンの形式の中で最適なものは何か?   それは人それぞれ違ってきます。              選び方を間違うと、その後の生活に影響を及ぼすことになります。 家創りの基本となる「資金」のポイントを学んでみませんか? 疑問や不安をたくさん持ってお越しください。 無料で開催しておりますので、お気軽にお申込ください。 日 時   平成29年 10...

サンキ建設のこだわり注文住宅 | 2017.09.24 Sun 18:16

果てしない旅としての住まいづくり 2

 普段住まいの性能が一番大切だと連呼している私が、意外な事を言い出したと思われるかもしれませんが、実はそこには矛盾はありません。住まいの大切さはまさに中身なのです。そのためにこそ住まいの性能があるのだと思います。私たちは住まいの性能を語る時に、「外皮性能」という言葉を良く使います。いわゆる「皮」の部分でどれだけ熱をコントロールするかというお話を良くしているのですが、住まいの本質は、当然の事ながら皮の部分ではなくて中身です。乱暴な言い方ですが、私たちはこの皮の部分を高性能にして、住まい手の暮ら...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.09.24 Sun 08:51

果てしない旅としての住まいづくり 1

 昨今のブームで、随分高性能住宅の事をお調べになって、本を何冊も読まれていらっしゃる方も随分多くなりました。とても良い事だと思いますし、一生に一度の大きな自分投資ですから悔いのないように納得の材料を沢山お持ちになる事は大切だと思います。その上で、高性能住宅にして行く事は当然の事として、私などは「どんなくらしを描かれていますか?」というようなことを手を替え品を替え聞きまくるのですが、中にはたまにそこがすっぽり抜けてしまっている方もおられるのです。「そう言われてみれは、その事は本に書いてなかった」...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.09.23 Sat 09:15

静かなる高性能住宅...。3

 外界からの音を切ると同時に、遮音と言う意味では「室内の音を外に漏らさないと言う遮音」も、同じような説明がつきます。実は以前、私は住まい手から、「夜中でもドラムを思いっきり叩きたい」と言われてはたと困った事がありました。その時、様々な知人のつてを探して、出会ったのがカラオケルームやFMのスタジオを作られる方でした。様々なノウハウを教えていただいた上で結論づいたのは、私たちは常から、遮音のための施工と同じような事を、省エネと言う観点から行っていたと言う事でした。当時も私たちが普段使いしていた木製...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.09.20 Wed 07:23

静かなる高性能住宅...。2

 外からの遮音のことを、嵐の日の体験でお話ししました。一般的に、木造の住まいは「音」に関しては少し脆弱です。貧弱な構造では変な振動を起こして音場も整わない。楽器やオーディオもなかなか実力を発揮しません。強度のある固い建物は、音場も良いようで、住まいのしっかりとした作りは音楽を愉しむ方には安心と同じように必要なようです。例えば、断熱材で使用するグラスウールは、しばしば残響音を調整する吸音材や、遮音材としても使われます。スピーカーのエンクロージャー(箱)の中にも変な共鳴をしないようにグラスウールが...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.09.19 Tue 07:28

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 21 - 30 件表示 (3/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!