• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

建築

このテーマに投稿された記事:6935件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c276/427/
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

【緊急報告】福岡・日田豪雨被害 3

 住宅がほぼ無傷であったことは、ほんとうにこの目で確認するまでは信じられないほどに衝撃的な百合さんの動画でした。その後速報ニュースの度にNHKでは大鶴地区の様子をその動画を流して伝えていました。調査で分かったとこは、百合さんの家の両脇の沢が完全に切れて、1階の床の上まで冠水した時間帯があったと言うことです。建築に携わる者とてし被害を見ておいてほしいと言われて、私は帰路大鶴の被害の一番大きなエリアを見て回りましたがそれはひどいものでした。すでにボランティアの方達の活動は始り、必至で宅内に侵入した泥...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.07.15 Sat 07:45

【緊急報告】福岡・日田豪雨被害 2

 今回一番心配だったのは、伺う前に頂いていた寝室の奥のコンセントから泥水が少し滲んで室内に入っていた写真です。床が少し汚れていました。だとしたら、濁流に飲まれたお宅は、床下に泥水を大量に招き入れてしまった可能性があるからです。私はカッパとスニーカー、手袋にマスクと言う重装備で、宅内の床下点検口から床下に潜り点検を始めました。築20年の百合さんのお宅は、当時まだ九州では珍しく、私たちが実践していた基礎断熱工法を用いた高断熱高気密住宅です。軸間繊維系の断熱で、室内側は気密シートでインバリア、外側は...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.07.14 Fri 07:29

【緊急報告】福岡・日田豪雨被害 1

 まずは、現地の沢山の被害に遭われた方達におみまい申し上げます。一昨日、福岡からの高速道路が開通し(杷木インターでの乗り降りは叶わず、日田インターからのUターンルートで)、日田市大鶴地区と言う被害の大きかったエリアに伺って参りました。ここには私たちが20年前に建てさせていただいた井上酒造の杜氏、百合さんのお宅があるからです。あの豪雨の晩、家が流されるかもしれないと濁流に囲まれた百合邸の様子を動画で見た時には頭が真っ白になりました。何よりは関係者の方のご無事確認が出来ましたのでほっと致しましたが、地...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.07.13 Thu 07:55

神のおんまえにて かしこみ かしこみ 地鎮祭

JUGEMテーマ:建築   八万町下長谷新築建売住宅 今回は 思い切って 2LDK+Sで 1650万円の 価格設定で 徳島市内で 中古住宅を買うよりは 新築住宅をというニーズを求めて 土地付き新築住宅価格の手の届きやすい設定にて チャレンジ   「アベ監督 2LDK+Sのこの家 売れるのですか?」   「大丈夫です! 私の建てる 八万町新築建売住宅に お客様 2人もいりません。 1人いれば 充分ですから! 私に 売れない家はない ゴー!」   熱い! 熱い...

あおちゃんの釣り道楽日記他 | 2017.07.12 Wed 16:20

地鎮祭の段取り

JUGEMテーマ:建築   さあ 新築建売住宅建築の安全祈願をかねて 地鎮祭の段取り   「神主さんも カワタ専務もいるので もう 暑いので はじめましょうか?」       「アオヤマさん もう少し 待ってください。あとひとりと お供え物が ありません!」   「えっ?(゜o゜;」   カワタ専務がいたため アベ監督のこと 忘れておりました。   本日のメインでした!(^▽^)   今日のために スーパーで 海の幸 山の幸を 買い出し ...

あおちゃんの釣り道楽日記他 | 2017.07.12 Wed 15:41

建ててはいけない「家」について...。5

 この稿の最後です。「予算がない」「この程度で良い」という常套句で、今後も日本のストック住宅の質が変わらなければ、この国の住環境はいつまでたっても進歩しないという観点から、かなり過激に書きました。それぞれに事情があることですから、一概には言えないのかもしれませんが、ただ、ほんとうに残念なのです。建替えはチャンスです。新築は無限の可能性があります。そこに、景気浮揚などと言う別筋の理由付けをしてスクラップアンドビルドはもういい加減やめた方がいい。皆さんの暮らしの豊かさは、貨幣価値では計り知れない...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.07.12 Wed 07:01

建ててはいけない「家」について...。4

 この国の住まいが、エネルギー負荷の少ない、しかも快適な住まいに変わっていくには、まだまだ時間がかかると思われます。様々な政策が打ち出され、誘導されて行きつつあるのですが、何となく既成の業界の顔色を見ながらと言う部分も多々あるので、変なゆがみを生じないかと言う部分も心配なのです。これから住まいづくりをしたいと思われる方は、ピュアに、環境負荷の低減とご自分達の暮らしの豊かさと快適さをどん欲に求められて然るべきだと思います。そうすることで住まいは良くなるのです。これも、誤解を恐れずに言うならば、...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.07.11 Tue 07:43

建ててはいけない「家」について...。3

 さて、少し過激なテーマでお話ししていますが、表面的には2020年に省エネ法改正全面義務化によって、日本の住まいの性能が向上していくスタートを迎えますが、それとは裏腹に、2020年までに在庫一世処分のように不良在庫が増えていく可能性があることと、2020年以降も義務化の性能では足りないと言うことを申し上げてきました。ここは、これから住まいづくりをしようと考えておられる皆さんには是非覚えていただきたいことです。住まいづくりの現場では、よく「予算がないから」というお話しになるのが常なのですが、ほんとうにそれ...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.07.10 Mon 10:24

建ててはいけない「家」について...。2

 建ててはいけないなどと、私が言うのもおこがましいのですが、建ててあとで後悔しないために、住まい手目線で考えると、建ててはいけないレベルの家が多すぎるということなのです。ご存知の通り25年基準の完全義務化で、2020年には性能値が明らかでない住まいの新築は建てられなくなります。外皮性能を計算で一定基準以上であることを計算して届け出なければならなくなります。ということは、逆に言えば2020年までは野放し状態でどんな性能の家も建てられると言うことになります。その上で、ではこの25年基準はと言うと、国が定める...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.07.09 Sun 05:25

建ててはいけない「家」について...。1

 この国の家はすでに余っているということはずっとお話ししてきていることです。住まいづくりを生業といしている私が言うのもなんですが、もうむやみに家を建てる時代は終わりを告げようとしています。ただ、数の面ではそうですが、いわゆる不良在庫と言うか、住まいとして決して褒められたものではない住まいが沢山現存すると言う事態が今なのです。結婚して、子供が出来て、そろそろ家でもと35年の住宅ローンを組めば、夢のマイホームが手に入りという誰が描き始めたかよくわからないレールに乗って、50年余りも家が量産され続けた...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2017.07.08 Sat 07:21

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 41 - 50 件表示 (5/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!