• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

建築

このテーマに投稿された記事:8120件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c276/427/
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

意識改革できた人から変えよう、住まい創り。1

 2020年も折り返しましたが、今年は大変な年になりましたね。新型コロナウィルスの脅威は人類をスッポリ脅威の中に包み込んでしまってその実体がまだ見えない状況が続いています。目に見えないウィルスの話だけに、対応の度合いもまちまちで、どこまで予防したら良いのか、緩めて良いのか訳がわからない。おまけに誘導する国や自治体も迷走の一途で、お茶を濁してばかりでどっち向いているのかよくわかりません。しばらくは自己防衛の日々が続きますが、私たちはこの大きな変化から、何を学び取って進むべきなのでしょうか。  考...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2020.07.16 Thu 07:31

コロナ禍と住まいの高性能 5

 新型コロナウィルスの猛威は、私たちの日常を一変させました。これからどれくらい時間が掛かってもとの暮らしが取り戻せるのか、あるいは取り戻せないかもしれないという不安が広がる中で、アフターコロナ、いやウィズコロナなどと行き先不安は今も続いています。ステイホームが日常化した今、住まいに関する皆さんの意識も大きく変わって来ていると言っても過言では無いでしょう。YouTubeなどで、How to 的な情報発信が拡大し、情報は皆さんの手元まで降りて来る事も拡大しました。そんな中で、住まい作りは一気にエコ・省エネへ舵...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2020.07.15 Wed 07:33

コロナ禍と住まいの高性能 4

 もちろんのことですが、私は昨今の高性能、エコハウスブームを否定するものではありません。もっともっと進めるべきです。エネルギー事情を考えても、環境保全を考えても、先進の欧州に倣い、日本はもっと省エネ化を進めるよ幅があるわけですから、これまでの既成概念を取っ払って変えていくべきだと考えます。そのためにも、一般の方たちが、興味を持ちニーズとしてそういうものを求めていくことは大切だと思います。ただ、住まいづくりという複合的な大変複雑なプロセスの中では、その分野もまた一つのカテゴリーに過ぎないわけで...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2020.07.14 Tue 07:59

コロナ禍と住まいの高性能 3

 天邪鬼な私は、皆さんが住まいの性能のことをあまり気にしなかった時代から、そのことに着目して少しでも性能の高い住まいを建てたいとずっと取り組んできました。今あえて、住まい作りはただそれだけではないということを語ろうとしています。お客様が、住まいの性能値について細かく訊ねてこられると、私などは「あぁー業界は住まい手にとって昔よりも信用できない何だか頼りない存在になってしまっているなあ」と少し申し訳ない気持ちになってしまうのです。私の25年以上前のお客様たちは、少なくともご自分の住まいの性能値...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2020.07.13 Mon 07:14

コロナ禍と住まいの高性能 2

 ステイホームが続くなかで、一気にスマホやタブレットが担うコミュニケーションの度合いは日々増していて、情報の窓といえばただただテレビだった時代から、SNSやYouTubeと言ったインターネットを通じての情報発信が一気に増えました。店舗型のご商売や、人と人とが実際に会うことがなかなか難しい中、それに代わるものとして爆発的に広がるのは自然の流れだと言えるでしょう。お仲間にもそういう分野に華々しいデビューをされる方が数多くおられますが、(私は何ともそういう分野に暗いので(笑)このコラムを10年以上続けていますが、...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2020.07.12 Sun 06:59

コロナ禍と住まいの高性能 1

 俗にいう「コロナ禍」と言われる新型コロナウィルスによる世界的な禍の渦中に身を置いて半年が過ぎようとしています。本当に私たちの暮らしを根本からゆさぶり、一変させ、そして元の世界へ戻ることを許されない日常があります。単にアフターコロナからウィズコロナと言葉がすり変えられ、なす術もない今に戸惑いを隠せないのは私ばかりではないと思います。きっと下火になるだろうと言われていた湿潤で高温な今現在においても、日々感染者は増えるばかりで、政治は封じ込めをあきらめたかのように、人の命を蔑ろにして「経済」を連...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2020.07.11 Sat 07:16

気密って、「夏」どうなのよ。 5

 さて、例えばこの福岡においても、イメージでは今でも窓を開けて、自然通風に期待して快適を得ようという 思いは根深くあります。ただ、それがどれほどの時間あるかと言うことは冷静に考えてみなければなりません。春から夏へまた夏から秋への「中間期」と言われる期間、窓を開けて外と同化したいと言うシチュエーションは、気候変動によって年々減ってきているような気がしてなりません。  いわゆる打ち水、通風という古来からあるこの国の涼の取り方をもってしても、人の体温を上回るような 酷暑では、快適を得られない...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2020.07.10 Fri 07:24

気密って、「夏」どうなのよ。 4

 このように、空調、換気、結露(耐久性)という要素について、気密性能が大きく関わってくるということがわかると思います。夏はいよいよ密閉空間では、息も詰まる思いがしてしまうというようなイメージもなくはないのですが、お話ししてきたように夏こそこの性能を発揮させることによって、実は今までよりも省エネで快適に過ごせる住まいは実現すると言っても過言ではないのです。  これまでもご説明してきましたように、エアコンは空気の温度を一気に整える能力に長けた装置です。しかし、作った空気がどんどん外に逃げていくよ...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2020.07.09 Thu 06:57

気密って、「夏」どうなのよ。 3

 次に、今では法律にも謳われていますが、住宅には窓を閉めきった状態でも空気が一定以上入れ替わるように、機械換気の導入が義務付けられているのですが、この換気システムがまともに機能しないという第二の「コントロール不能」です。かつては第3種換気システムという方法が主流でした。排気側にファンがついていて、ファンが回ると室内が負圧になり、吸気口から新鮮空気が入ってくるのですが、スカスカであれば勝手に出入りしてまず室内が負圧になりません。つまり、吸気口とさだめた場所から新鮮空気が入って来ないということにな...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2020.07.08 Wed 07:19

気密って、「夏」どうなのよ。 2

 いわゆる気密性能がないスカスカの家がなぜ悪いかといえば、一言で言えば「コントロール不能だから」と言うことになります。あらゆることが制御できなくなります。  まず大前提として閉じたい時に閉じれずに、解放したい時に解放できない「コントロール不能」が第一。この梅雨の時期に湿度をコントロールしたり、夏の酷暑、冬の厳寒を私たちは空調で整える事で室内を快適にしたいのですが、整えた空気がどこからともなく漏れて出入りしてしまってはこの性能が発揮できません。皆さんが普段使っているエアコンは短時間で空気の温...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2020.07.07 Tue 07:28

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 31 - 40 件表示 (4/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!