• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

建築

このテーマに投稿された記事:7741件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c276/427/
このテーマに投稿された記事
rss

< 9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19 >

大阪府立狭山池博物館 vol.1

先日「大阪府立狭山池博物館」へ行ってきました。安藤忠雄の設計です。  

ガロンの提案するレザーアイテム  ハンドメイドと日常 | 2019.04.19 Fri 22:24

暖かい季節に「断熱」は必要かというお話し 5

 「断熱」は暖かさをキープすることではなく、内外の温度差をキープすることだという基本を理解すると、色々な誤解も解けてきます。セーターにウィドブレーカーののお話しは良く私たちも例え話として使いますが、この事をしっかり理解していないとお話しが変な方向に行ってしまいます。今回は良く口にされる誤解に関して、少し詳しくご説明しました。「あのね、吉田兼好がね…」という方はまだまだいらっしゃいます。ただ、室町鎌倉の時代から、私たちのライフスタイルはどれほど変遷して来たでしょうか。いにしえの古き良き時...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2019.04.19 Fri 07:12

暖かい季節に「断熱」は必要かというお話し 4

 「夏」に限って言えば、冷やす必要がないのであれば、「断熱はいらない」って言って良いのかもしれません。ただ、最近の夏はどうでしょう。どうかすると気温が体温に迫るような酷暑もありますよね。いくらファンで空気をかき混ぜても、そもそもの温度が私たちには耐えられない温度になっていることもしばしばあります。断熱も余りしない家で、対策としてエアコンで冷房することは、とんでもなく効率が悪いことをしていると言わざるを得ません。ただ、「断熱はいらない」という方達の多くはこの自己矛盾の中で、しかも我慢して暮らし...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2019.04.18 Thu 07:12

暖かい季節に「断熱」は必要かというお話し 3

 セーターウインドブレーカーは「保冷」も出来ていると言いました。断熱というシステムは温冷関係なく温度差をキープすると言うことですから、「保温」出来ると言うことは「保冷」もできると言うことです。魔法瓶のポットは、熱湯のお湯も冷めませんが、氷水の冷たさもキープしてくれませんか?それと同じです。夏暑いのは、そもそも「保冷」の「冷」が人間の身体で常に発熱体であるから、夏も「冷」ではなく「温」なのです。皆さんが言う「保冷できない」ではなくて保温しているだけなんです。私たちが変温動物で、自ら体温を下げ...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2019.04.17 Wed 07:27

暖かい季節に「断熱」は必要かというお話し 2

 着衣のお話しと、住まいの外皮のお話しで決定的に違うのは、発熱をしている私たちの身体との距離感に他なりません。皮膚の直接上に肌着を着てセーターを着て、そしてウインドブレーカーを着た状態で、セーターの中のウール繊維に絡まっている空気が体温として熱を発散している私たちの身体からもらった熱をそこで貯めてくれて、寒くない、いわゆる暖かい状態をキープしてくれます。つまり、外からは入って来る冷たさよりも、体温から発散する熱が勝って、そこに貯められる状態があるから暖かく感じるのです。夏は、外部がそもそも体...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2019.04.16 Tue 07:19

ゴールデンウィーク、休業日のご案内

ゴールデンウィーク営業のご案内   2019年 4月29日(月)より 2019年 5月 6日(月)までお休みさせていただきます。 2019年 5月7日(月)より通常営業致します。 よろしくお願いいたします。 JUGEMテーマ:建築 100年たっても住みたい家 サンキ建設のホームページはこちら 生活を楽しめる家創りにこだわる サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

サンキ建設のこだわり注文住宅 | 2019.04.15 Mon 09:29

暖かい季節に「断熱」は必要かというお話し 1

 桜の季節もそろそろ終り、これからは「寒さ」というものを余り意識しなくても良い季節に入って来ます。よく、住まいの断熱のお話しになって、「温暖地だからそれほどいらない」とか「夏はかえって暑いだろう」と言うようなお話しは今でも良く耳にします。根も葉もないことではないのですが、こういう表現には多分にいろいろな誤解が含まれています。今回はそんなお話をしたいと思います。まず、私たちも良くそんな表現をしますが、冬寒い時にウールのセーターを来て、その上からウインドブレーカーを来て、風を停めてしまえば、ウー...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2019.04.15 Mon 08:05

誰がためにエコハウスはある...。5

「誰がためにエコハウスはある…。」などと少し大げさなふりのタイトルをつけましたが、答えは皆さんが思われるとおり、シンプルにすべては「住まい手のため」だと思います。省エネで環境負荷を軽減した住まいは社会全体に寄与しますが、それも住まい手の我慢の上に立っていては、意味がありません。「エコハウス」というからには、知恵を集積して、これまでの日常よりも消費を減らしながらも、これまでより断然快適な住環境を確保するようでなくてはいけないのではないでしょうか。  弊社ではその性能を担保するための下限...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2019.04.14 Sun 06:44

誰がためにエコハウスはある...。4

 省エネと快適は、高性能であると同時にあらゆるバランスが整っていることが条件となっていきます。外皮性能はUa値によって表せますが、これも全体の外皮の平均です。本当は全体がまんべんなくそうであれば良いのですが、壁の部分と窓の部分では値が違いますし、違い過ぎればそこに温度差が生まれたり、結露リスクが産まれたりします。厳密に言えば、壁を見ても断熱材の部分と、柱の部分ではU値が違う訳で、同じUa値であっても、様々な建物が成立することは理解しておく必要があると思います。また、気密測定を現場で行うのは必須条件...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2019.04.13 Sat 07:27

建築YA髭が珈琲を入れる理由。

明後日のHIGECAFEのための豆を仕入れに、馴染みの豆屋のマスターのところへ行きました。もう何十年ここに通っているのだろう。試飲はないお店ですが、いつも行く時間を伝えておくと珈琲を入れて待ってくれていて、「まぁ座らんねー。」と四方山話が始まります。「最近凄いねー、もう何処かで店やったらー」とマスター。いやいや僕は建築YAですから。でも、どうしてこんなに珈琲を入れるようになったのだろうと考えました。特別高価な豆ではないけど、中挽きでさっと落とすと雑味がなく、甘みとコクが残る豆だから砂糖もミルクもなくて...

建築YA「髭」のCOLUMN | 2019.04.12 Fri 17:55

このテーマに記事を投稿する"

< 9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19 >

全1000件中 131 - 140 件表示 (14/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!