[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] 歴史のブログ記事をまとめ読み! 全3,425件の4ページ目 | JUGEMブログ

  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

歴史

このテーマに投稿された記事:3425件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c43/682/
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

水戸学が水戸藩を不幸にした時代

JUGEMテーマ:歴史   「こう読み直せ!日本の歴史」(宮崎正弘)にて「水戸学が水戸藩を不幸にした」という目次を見つけた。 一般的に、哲学は人を幸福にする学問と考えてきた私にとって、衝撃的な事実があった。 経緯詳細はWikipediaにて確認できる。   天狗党の乱 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%8B%97%E5%85%9A%E3%81%AE%E4%B9%B1   353名斬首の幕末の悲劇。天狗党の死は、敦賀でどのように受け止められたのか https://serai.jp/hobby/1030700   著者宮崎正弘...

にきみたまの道 日本史探訪 | 2023.12.06 Wed 07:29

『戦国の軍隊』で戦国の戦闘単位を考えてみた

JUGEMテーマ:歴史   『戦国の軍隊(西股総生 著/角川ソフィア文庫)』というそのものずばりのタイトルの本があることを知りました。そのあたりには古本屋も新刊書店にも見当たりません。となるとAmazonで買うしかないと思っていたら、ヤフオクでAmazonよりも安い価格で売っていたので買いました。もともと2012年に学研から発刊されたものでしたが、2017年に角川ソフィア文庫として発刊されました。だいたい新しい本の方が、レイアウトやフォントも読みやすくなっていることが多いので、角川ソフィア文庫のものを買い...

上高地 仁の真・百斤の黄金 | 2023.12.01 Fri 20:27

豊臣秀吉は漢の武帝を見習うべきだったのか

JUGEMテーマ:歴史   織田信長の衣鉢を継いだのは豊臣秀吉でした。秀吉が主君である織田家を押しのけて天下人となったのは、息子の織田信雄も織田信孝にも天下人としての器量を持ち合わせていないと考えたからでしょう。信雄も信孝も日本をどうするのかというヴィジョンは持ち合わせておらず、天下人になった後のことはわかっていなかったと思います。信長のヴィジョンを理解していのは、秀吉だけだったのです。しかし秀吉は子孫を残すことはできませんでした。信長は本能寺で倒れても、織田家は滅びませんでした。秀吉は...

上高地 仁の真・百斤の黄金 | 2023.11.29 Wed 20:57

築城と攻城の鬩ぎ合いの果てにあるもの

JUGEMテーマ:歴史   お城から歴史を考えるというのは、歴史学にとっては主流ではありません。歴史学というのは、Wikipediaによると 過去の史料を評価・検証する過程を通して 歴史の事実、及びそれらの 関連を追究する学問 だそうです。「追究する学問」なんですよ。結果の正誤は関係ないようです。しかも材料は「過去の史料」なんですね。平たく言えば、過去の史料が読める人が「こうでした」というのが歴史学というものです。そういう意味では、過去の実相を知るための学問ではなく、古文書読みが能書き(...

上高地 仁の真・百斤の黄金 | 2023.11.27 Mon 18:31

開館記念展 皇室のみやび ー受け継ぐ美ー

金ピカの美しい図録。   皇居東御苑内の三の丸尚蔵館が改築され、現在、『開館記念展 皇室のみやび ー受け継ぐ美ー』が開催中である。皇室に受け継がれてきた貴重な品々が…有り難くも国宝が展示されている訳ですよ。以前は皇室の御物(私有品)、今は国宝となった大好きなアレがですね。複製品ではなくモノホンが観られる大チャンス! 私は確実に喰らいつく!   すなわち、国宝 《蒙古襲来絵詞》に!   元寇に興味がある人は是非ともお友達になって下さ行って下さいって! オンラインで...

漫画を読む。 | 2023.11.27 Mon 06:57

地下世界を行く・その2 〜諏訪の本地(甲賀三郎)

その1からの続き   《4》地下世界譚  地底の世界を描いた話としてまずは『記紀(日本書紀・古事記)』に登場する黄泉国(よみのくに)を上げておきます。 イザナギは死んだ妻のイザナミを追いかけて黄泉国に向かいます。 そこで腐って蛆がわいているイザナミの姿を目にしてイザナギは逃げだしてしまいます。 辱めを受けて怒ったイザナミは鬼女たち(よもつしこめ)と共にイザナギを追いかけてきます。 イザナギはかろうじて黄泉平坂(よもつひらさか)という場所に千引き石(ちびきのいわ)を置いてイザナミを封じます。 古...

アルカイック・ハウス | 2023.11.26 Sun 02:03

『織田信長家臣人名辞典』で岩室長門守を調べてみた

JUGEMテーマ:歴史   『織田信長家臣人名辞典』が届きました。大きさは菊判・544ページです。菊判というのは、印刷用氏のA版より少し大きい用紙サイズで、仕上がりもA5サイズより少し大き目です。でハードカバー、箱入りです。本文は三段組で、一段の長さは約56.5mm。1行に19文字なので文字サイズは12級、つまり8ポイントでした。ページ数が多いのですが、文字数も多いため、文字は一般の書籍より小さめです。一般に文庫本の文字サイズは9ポイントで12.6級となります。これを通読するのはたいへんです。  

上高地 仁の真・百斤の黄金 | 2023.11.22 Wed 21:14

人斬り以蔵

岡田以蔵と武市半平太って、幕末BL的に主流? 主流??   以前、Audibleアプリ内を「中井和哉」で検索したらば、司馬遼太郎の『人斬り以蔵』が引っ掛かった。幕末なんて丸で分からないのに、司馬遼の以蔵は余りにも魅力的だった。鼻血が噴出しそうなほど興奮した為、少しばかり時間を置いてクールダウン! Kindle版の『人斬り以蔵』を購入し、読みながらAudible版の『人斬り以蔵』を聴く。何とも贅沢なひと時である。勤王の志士とか土佐勤王党とか、そういう小難しいのは知らん! ただただ以蔵と武市の関係性にキュンキュンし...

漫画を読む。 | 2023.11.20 Mon 07:29

『織田信長家臣人名辞典』を注文してしまいました

JUGEMテーマ:歴史   とうとう『織田信長家臣人名辞典; 第2版(谷口克広 著/吉川弘文館)』を注文してしまいました。信長のことをいろいろ書くなら、持ってて当然だろ、という声は聞こえてきそうですが、まあそうはいっても、歴史家じゃないしね。そこまで揃える必要はあるのかなと思いますね。定価は税込で8,250円ですよ。辞典ですからね、そんなものなのでしょうけど。研究者にとっては高くはないでしょう。 観光がてらに城跡めぐりをして、観光じゃないんですよ、本を書くためにいろいろと行っているわけです。...

上高地 仁の真・百斤の黄金 | 2023.11.17 Fri 19:13

地下世界を行く・その1 〜信仰の場としての洞窟

JUGEMテーマ:歴史   《1》異世界訪問  和歌山の岩橋千塚古墳群(紀伊風土記の丘)は石室(玄室)の中に自由に入れる古墳がいくつかあることがウリです。 最大規模の石室のある天王塚古墳の公開は不定期ですが、それ以外の中小の古墳の石室はいつでも入ることができます。 暗闇の中に入っていくときのワクワク感と少しばかりの恐怖感が並びたった不思議な心理におちいります。 九度山(和歌山)には真田の抜け穴なるものがあって、江戸時代の大阪冬夏の陣の際、この地に蟄居させられていた真田幸村がこの穴を通って大阪...

アルカイック・ハウス | 2023.11.16 Thu 08:41

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 31 - 40 件表示 (4/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!