[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] ベルカント発声法のブログ記事をまとめ読み! 全321件の15ページ目 | JUGEMブログ

ベルカント発声法
  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ベルカント発声法

このテーマに投稿された記事:321件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c61/24757/
ベルカント発声法
このテーマについて
ベルカントは、数十年前に消えてしまった、自然で無理のない イタリアの伝統的な発声法です。
意図せずに、いつの間にか失ってしまった、音楽の歴史上 最も価値があるとされるこの発声法について考えてみたいと思います。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「cerutti」さんのブログ
その他のテーマ:「cerutti」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20 >

才能について

JUGEMテーマ:ベルカント発声法   詩人ライナー・マリア・リルケの書簡集「若き詩人への手紙」は、見知らぬ青年が送ってきた数編の詩と、添えられた感想、アドバイスを求める手紙への返答から始まります。 (数十年前に読んだ本なので、細かい部分は曖昧ですが・・・)   リルケは 「私に送ってきたということは、他にも色々な人や出版社に同じものを送って、私の作品はどうでしょうか? 詩人になる才能があるでしょうか? と尋ねていることでしょう。 今後一切、こういうことを人にきくのは おや...

アカデミア デル ベルカント | 2023.12.31 Sun 10:18

アッポッジョ

  ギリシャ語エピステーメー(科学)とは、真の知識のことで、それは現実の上にある・・・とギリシャ人は言い表しています。 その 「上に乗っかってる」 に使われる言葉が アッポッジョ です。 声の支え アッポッジョ は、何かに乗っかってるイメージなんです。 日本語で 支え というと、力・筋肉 を思ってしまうかもしれませんが、上から押さえつける圧ではありません。  

アカデミア デル ベルカント | 2023.12.26 Tue 11:11

母音とキアロスクーロ

JUGEMテーマ:ベルカント発声法 ベルカント唱法は、イタリアの伝統的な発声で、イタリア語によって歌が生まれました。 母音を大事にします。声は母音だから・・・ 貴方の母音が、貴方の声です。 取りあえず母音は5つ、A・E・I・O・U (イタリア人はこの順番で言う)   日本語のU は 浅いので、正しい U を訓練する必要があります。 何年もイタリアに住んで勉強していても出来ない人が、結構います。なんとなく自分に許していると、いつまでも出来ないような・・・ 唇を小さく前に突き出せば出来るか...

アカデミア デル ベルカント | 2023.12.25 Mon 09:47

自分が鳴ること

JUGEMテーマ:ベルカント発声法   きのう、軒下につるされた風鈴状態、と書きましたが・・・ 私たちが風鈴を鳴らすのではなく、私たち自身が風鈴であり・・・私たちが鳴るんです。 (なんだか禅問答みたいになってきた・・・)笑   風鈴を目の前に置いて観察、どうやって大きな音を出そうかと考えるのが音声医学のやり方です。 直径を大きくしようとか、長さを継ぎ足そうとか、ハンマーで叩こうとか・・・もっと強くたたいたら、もっと大きな音が出る?(いや壊れるでしょう)   私たちが...

アカデミア デル ベルカント | 2023.12.24 Sun 10:28

声楽教則本

JUGEMテーマ:ベルカント発声法 ネット上で、ベルカントは、あ〜だ・こ〜だ と言っている人を集めて、一度 討論会をやってみたい。 みんな自分の先生の言うことや 本に書いてあることを紹介しているだけで、深く理解しているわけではないんですよね。   現在広く流通している声楽教則本は、1800年代後半のマヌエル・ガルシーア以降の現代発声です。 筋肉を使った体の操作によって、機械的に声を作る、強制された響きです。   自然なベルカント発声は、軒下につるされた風鈴状態。 苦労せず、完...

アカデミア デル ベルカント | 2023.12.23 Sat 09:05

Youtube を見て・・・

JUGEMテーマ:ベルカント発声法   よく ネットの情報は 玉石混淆 と言われますが・・・ベルカント発声に関しては、石 ばっかりかも・・・ Youtube をみても、日本人のもの、イタリア人のもの・・・星の数ほどあっても、真実を語っている人を私は知りません。 ゼロ。(もちろん全部見たわけでないですが・・・) 皆さん、我こそは本物のベルカント、とおっしゃっいますが、それは19世紀半ば、ガルシーア以降の人工的な操作によるフランス生まれの現代発声です。300年以上続いたイタリアの伝統的な発声法ではあ...

アカデミア デル ベルカント | 2023.12.19 Tue 09:08

響きを作るのは・・・

声帯で生まれた振動を 豊かで美しい響きに変容させてくれるのは・・・ノドと口の空間です。 ノドと口は繋がってますから、一つ、みたいなものです。 ここだけなんです。   音声学者が解剖図を見ながら、鼻腔・副鼻腔に響かせよう、目にも空洞がある、あっちの空洞・こっちの空洞に響かせたらもっと大きな声になる・・・っていうのに惑わされてはいけません。 ウソです。 鼻腔・副鼻腔に響かせたら、声は美しさを失い、音量もダウン。 頭蓋骨のほかの空洞も、問題外。   ノド仏を下げるとノドの空...

アカデミア デル ベルカント | 2023.12.16 Sat 08:37

丹田?

JUGEMテーマ:ベルカント発声法   臍下丹田というと、おへその下3寸、気を集めて煉るところ。 重心をここに置いて、身体と精神を整えるような東洋的な大事な点でしょうか・・・ 声楽でも、下腹に力を入れて支えるとか、さらにわき腹や背中まで固めて横隔膜の動きをコントロールしようとしたり・・・ 最近は、声を骨盤で支えるとか、骨盤底筋を使って呼吸するとか…色々な流派があるようです。 これ、日本の伝統的な和楽、謡ものなど、サムライ的な発声(?)にはいいかもしれません。 西洋音楽、...

アカデミア デル ベルカント | 2023.12.15 Fri 08:47

自然の中に神が・・・

JUGEMテーマ:ベルカント発声法 17世紀の哲学者スピノーザは、自然の中に神を見ました。 私たちが潜在的に持っている認識・知識や能力も自然です。 神のように完璧な自然が、万物の中に内在していると言っています。 < しかしながら、みんなが共通して持っている認識や能力・才能は、信頼に値しないものだと見下され、代わりに、専門的で自然の本質から外れた認識・知識を人々は熱望し、憧れる。>   ホントにそう・・・ 一つ例を挙げたい・・・ 私たちは、ア・イ・ウ・エ・オ って発音できます。み...

アカデミア デル ベルカント | 2023.12.14 Thu 08:26

唯一の発声法

JUGEMテーマ:ベルカント発声法   それは、正しい音程が一つであるように・・・ それは、完全な均衡の中心が一つであるように・・・ 正しい発声法は一つです。 すべての現象が、変わることのない普遍の宇宙の法則に従います。   ある歌手は、多少バランスを崩した発声であっても、欠点を隠したり、上手くごまかすことが出来たりしますが、それはまがい物であり、完全な 純粋な調和のとれた声とは違います。 正しい発声法での素晴らしい歌手と、間違った発声法にもかかわらず(多かれ少なかれ)...

アカデミア デル ベルカント | 2023.10.27 Fri 08:51

このテーマに記事を投稿する"

< 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20 >

全321件中 141 - 150 件表示 (15/33 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!