[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] ベルカント発声法のブログ記事をまとめ読み! 全154件の6ページ目 | JUGEMブログ

ベルカント発声法
  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ベルカント発声法

このテーマに投稿された記事:154件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c61/24757/
ベルカント発声法
このテーマについて
ベルカントは、数十年前に消えてしまった、自然で無理のない イタリアの伝統的な発声法です。
意図せずに、いつの間にか失ってしまった、音楽の歴史上 最も価値があるとされるこの発声法について考えてみたいと思います。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「cerutti」さんのブログ
その他のテーマ:「cerutti」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

ベルカントと<微笑>

JUGEMテーマ:ベルカント発声法   1700年代の 発声について書かれた資料は、すべて <微笑>について触れているそうです。 微笑について書いていないものがない・・・ 全ての歌手が<微笑>を使って歌っていたということですね。   ベルカントの<微笑>とは、<息を吸う時に><口の中で>僅かに笑うような意識を持つことです。 息を吸う時だけで、歌い出したら やりません。 顔の表面の笑顔、頬を上げる、とかでなく、<口の中>です。   こうすると、縦長のノドの空間と、横...

アカデミア デル ベルカント | 2019.11.24 Sun 23:57

ノドと声

JUGEMテーマ:ベルカント発声法   声種は、主に 声帯の 長さ・幅・厚さ と ノド(響きの空間)の大きさで決まるようです。   声帯の幅が広くて厚いと音量が出やすい。 ノドの空間が大きいと 声は低くてドラマテック。   小さければ、声は高くて軽め。 ・・・と言われています。   高い声に憧れる人って、小さなノドにあこがれてるってことかな?(笑) 高い音が出るのは、発声がいいから・・・と必ずしも言えないし、 発声が良くても高音の出にくい人もいる(テバルディ...

アカデミア デル ベルカント | 2019.11.06 Wed 09:38

アンナ・ネトレプコが素晴らしかったころ

JUGEMテーマ:ベルカント発声法 ベルカント発声の ” 息の上で、言葉を言う”  ノドの大きな共鳴の空間と小さな言葉の言い方が完璧なバランスでした。 最近は・・・重たいレパートリーを歌うようになって、 絶妙なバランスが壊れてしまいました。 残念。

アカデミア デル ベルカント | 2019.10.26 Sat 07:17

「声を集める」 とは

  JUGEMテーマ:ベルカント発声法 歌のレッスンの時、先生から 「もっと声を集めて!」 とか 「もっと細く!」 って、よく言われませんか?   「声を集める」 「かぶせる」 「回す」 ・・・ 不思議な業界用語(?)がありますね。 (何を何に かぶせるのか・・・)笑   声って集めなきゃいけないもの? どうやって声って集めるのかな?   ベルカント発声では、「集める raccogliere」 という言葉は使われません。 では 「集める」 を ベルカント発声の考え方から説明...

アカデミア デル ベルカント | 2019.10.20 Sun 10:13

「大きな声」 の落とし穴

JUGEMテーマ:ベルカント発声法 「大きな声が出るようになりたい」・・・声楽を勉強している人の目的としてよく耳にしますね。 イタリアの伝統的なベルカント発声の 「大きな声」 は、 dolce e flessibile  甘く優しく、柔軟で、よく響く、力強い、威力のある声、です。 残念ながら、地球上から完全に消えてなくなった発声法です。   それに対して現代の発声法は、お腹に力を入れて横隔膜を止めて歌う ・ 軟口蓋を上げて、口を縦に大きく開ける ・ ノド仏を下げる ・ 舌を固定する ・  声を...

アカデミア デル ベルカント | 2019.10.14 Mon 09:10

次回のレッスンのお知らせ

JUGEMテーマ:ベルカント発声法   次回のレッスンのお知らせ ミューザ川崎 練習室2  13時〜 12月28日(土)  残り3名 2020年1月4日(土) 残り1名 1月6日(月)   残り1名   ミラノ・マスターコース : 2020年5月1日〜7日 お問合せ・お申し込みは メッセージをお送りください

アカデミア デル ベルカント | 2019.10.14 Mon 09:06

動画: カルダーラ作曲 たとえ つれなくとも

JUGEMテーマ:ベルカント発声法   この邦題、「たとえつれなくとも」 はウソですね。 Sebben のあとに < , >がありますから、 「つれない人よ、たとえ貴女に苦しめられても」 だと思いますが・・・

アカデミア デル ベルカント | 2019.10.14 Mon 09:01

動画: ヘンデル作曲 緑の牧場よ

JUGEMテーマ:ベルカント発声法   特に初心者の方にも勉強していただきたい3曲を up しました。 繰り返し部分のヴァリエーションの装飾は、勝手に You Tube から拾って付けていったら、 ランポ先生から NG が多くて、直してもらいました。 時代の形式と合わない、ってことですね。 いや難しい〜〜〜

アカデミア デル ベルカント | 2019.10.14 Mon 08:58

動画:ベッリーニ作曲 苦悩にふるえ

JUGEMテーマ:ベルカント発声法  

アカデミア デル ベルカント | 2019.10.14 Mon 08:56

裏声

バロック時代の発声、というと、ファルセット裏声 って思う人もいるかもしれませんが、ちょっと違います。   当時の花形歌手はカストラート(去勢された、女性の声を持つ男性歌手)で、 作曲家は、特定のカストラートのために曲を書きました。 彼らは、超絶技巧で、好きなカデンツをつけて華々しく歌っていました。 再演時、カストラートがいない場合、その役を普通のテノールが歌うことになると、 高音が出ないわけです。笑 そこで苦肉の策、裏声で歌うしかなかった・・・ってことだそうです。 カスト...

アカデミア デル ベルカント | 2019.08.26 Mon 10:10

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全154件中 51 - 60 件表示 (6/16 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!