• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

美術鑑賞

このテーマに投稿された記事:4582件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c89/2890/
美術鑑賞
このテーマについて
美術展や身近な個展等に行って感じた事や
鑑賞するのに役立ちそうな豆知識。
または、開催の告知など
このテーマの作成者
作者のブログへ:「mawaruze」さんのブログ
その他のテーマ:「mawaruze」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

3156 ギャラリー檜 e(中央区京橋3-9):湯沢茂好展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 ギャラリー檜 e(中央区京橋3-9)では、湯沢茂好展。 会場風景。 展覧会タイトルは、ー為体・身体ー。 ※為体:ていたらく 壁際に背の高い木彫が立っています。 尖がった三角錐のようなシルエットですが、 それが何なのか、 あるいは、何を再現、暗示したのかはわかりません。 全体のフォルムよりも、 表面に執拗なまでに、深く、多く刻まれた 鋸跡のインパクトが強く、 このような事態に至ったモチベーションが 気になります。 彫刻は三次元の実在なので、空間...

画廊めぐりノート | 2018.04.24 Tue 05:50

3155 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):伊藤純子展

JUGEMテーマ:美術鑑賞     ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9)では、伊藤純子展。 会場風景。 展覧会タイトルは、ー方法の深度?ー。 楕円、楕円曲線を組み合わせて、 そこから生まれる区画を色分けしています。 結果、葉型パーツが重なり合い、 睡蓮池のような光景が生まれますが、 それは、筆者の個人的なイメージであって、 創作意図とは異なるのでしょう。 テーマは、画像を生み出す「方法」なので、 生成に伴う動きや成長が作品を見る喜びとなります。     ...

画廊めぐりノート | 2018.04.24 Tue 05:45

3154 art space kimura ASK?(中央区京橋3-6):サカイ トシノリ展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 art space kimura ASK?(中央区京橋3-6)では、 サカイ トシノリ展。 会場風景。 展覧会タイトルは、ーたとえば青ー。 紙に水彩・コラージュ・アクリルのミクストメディア。 生々しく衝動的な筆跡ではなく、 切り取られた素材の組み合わせという、 ドライで理知的な手法により、 奔放で陽気なテイストながら、 冷静に絵画的着地点を見据えた画業です。 見たものの記憶やイメージを、 一旦、コラージュのパーツに置き換え、 それらを混じり合わせ、 気分の全体図をつく...

画廊めぐりノート | 2018.04.23 Mon 05:09

3153 アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5):佐藤誉大 日本画展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5)では、 佐藤誉大 日本画展。 会場風景。 展覧会タイトルは、ーアニマの樹海ー。 日本画的な表現といえば、 線による縁取りと、平面的でマットな着彩ですが、 それはイラスト、漫画、アニメを起源とする ポップアートに共通する、 現代的な感性に通じます。 画家は、日本画の伝統と ポップな要素を、同時に取り込むことで、 おどろおどろしくも妖しい世界を、 妙な明るさとドライな感覚で表現しています。 日常では意識しない...

画廊めぐりノート | 2018.04.23 Mon 05:03

3152 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3): 中井川由季展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3)では、 中井川由季展。 会場風景。 二つの、陶による大作が床に置かれています。 作品の成り立ちは、 パーツとその組み合わせという関係において 共通しています。 24個組は、 前に寄りかかって3列縦隊をつくっていますが、 最前列の3体は完全に倒れています。 2個組は、 お尻の突起が、相手の頭に窪みに嵌合されて 横たわっています。 遠目の迫力は圧倒的ですが、 土味というか、肌合いが味わい深く、 ​...

画廊めぐりノート | 2018.04.22 Sun 05:24

3151 ギャラリー川船(中央区京橋3-3):山崎豊三展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 ギャラリー川船(中央区京橋3-3)では、山崎豊三展。 会場風景。 展覧会タイトルは、ー霧ノ向コウー。 〜の向こう、風の匂いなど、 造形に置き換えられそうにないテーマが 作品名になっていますが、 それでも、自身が感じた事は明確である以上、 自身がそれに形を持たせることは、 なんとかなりそうだ。 あるいは、無心で粘土をこねていたら、 以前、「霧の向こうはどんな景色なんだろう」 という、特に正解を求めない疑問が ふと湧いた時のニュアンスに近いな。 ...

画廊めぐりノート | 2018.04.22 Sun 05:14

3150 ギャラリーなつか C−View(中央区京橋3-4):宮下怜展

JUGEMテーマ:美術鑑賞   ギャラリーなつか C−View(中央区京橋3-4)では、宮下怜展。 会場風景。 展覧会タイトルは、ー玩具焼ー。 「玩具焼」 味わい深い響きです。 近い言葉で「人形焼」がありますが、 それは、餡子入りの顔型カステラなので、 「少し」違います。 違いは明白ですが、 既視感のある「形、フォルム」に語らせる、 という共通点があります。 それが何か、判別可能な「形、フォルム」を残しながら、 片方は陶のファインアートになり、 片方は和菓子になります。 陶...

画廊めぐりノート | 2018.04.21 Sat 05:34

3149 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):瀧田亜子展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4)では、瀧田亜子展。 会場風景。 菱形(三角)が横に繰り返され、 それが何層か重なっています。 それが何なのかは、わかりませんが、 観ていて心地よいことは(自分の事なので)明白です。 純度の高い抽象表現ながら、 反復がベースなので、 ありがちの、過剰なアグレッシブにはならず、 観る者を拒むことはありません。 「牧歌的な風景」に見えないでもありません。 反復という迷いのない筆跡は、 見る者をも開放感へと導きます。 ...

画廊めぐりノート | 2018.04.21 Sat 05:27

3148 ギャラリー椿GT2(中央区京橋3-3):中村亮一展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 ギャラリー椿GT2(中央区京橋3-3)では、中村亮一展。 会場風景。 展覧会タイトルは、ー多様性の模索ー。 作品名はすべて、「a study of identity」。 モノクロのポートレイトを転写、加工した作品。 これらの古い写真は、 全て戦前、戦中、戦後、アメリカの強制収容所に入れられ、 苦難の人生を送った日系1世、2世、3世の人たちです。 さらにエイジング加工や、 加筆されているので、 一層、オリジナルの状態がわかりにくくなっています。 オリジナルの写真が撮...

画廊めぐりノート | 2018.04.20 Fri 05:26

3147 ギャラリー椿(中央区京橋3-3): 北村奈津子展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 ギャラリー椿(中央区京橋3-3)では、北村奈津子展。 会場風景。 展覧会タイトルは、 ーStrange of Happinessー。 ※幸福の不思議? 立体作品、平面作品。 何の予備知識もなく、 美術作品として鑑賞しても充分楽しいのですが、 作品に込められた寓意を前提にすれば、 俳味、茶味がぐっと増します。 ・展覧会の中核をなす白馬群は、 上にまたがるべき「王子様」の不在を表わします。 白馬だらけという状況は、 「婚活」の機会と内実のかい離を思わせます。 ・長々と続く...

画廊めぐりノート | 2018.04.20 Fri 05:20

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!