• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

美術鑑賞

このテーマに投稿された記事:3838件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c89/2890/
美術鑑賞
このテーマについて
美術展や身近な個展等に行って感じた事や
鑑賞するのに役立ちそうな豆知識。
または、開催の告知など
このテーマの作成者
作者のブログへ:「mawaruze」さんのブログ
その他のテーマ:「mawaruze」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

2544 東京都美術館(台東区上野公園8):第67回モダンアート展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 東京都美術館(台東区上野公園8)では、第66回モダンアート展。 毎年ながら、モダンアート展の時期、 上野公園の桜は満開。 公園の狂気じみた人込みくぐり抜け、 東京都美術館に入れば、そこは静寂のアート空間。 満開の桜のかわりに、 静かに抽象画を愛でることにします。 第1室 会場風景 モダンアート協会(展)の創立は昭和25年。 東京本展の後は、京都、福岡、名古屋と巡回展を行う、 抽象系の有力公募展です。 手堅く、絵画的納まりの良い、抽象表現が並びます...

画廊めぐりノート | 2017.04.30 Sun 05:17

2543 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):久我通世展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4)では、久我通世展。 会場風景。 展覧会タイトルは、−想い出の旅路・ヨーロッパの古都−。 リトグラフ版画によるヨーロッパの古都の風景画。 センスがあって絵が上手だといいなあ、と、 素直に羨望の念が沸きます。 写真はそのままの記録ですが、 個人の旅の印象、感動、思い出を 香り、楽しさ、静けさなどの総体として表現しようとすると、 絵画という手段になります。 感性の冴える、独特の構図と空気感が印象的な作品です。 ...

画廊めぐりノート | 2017.04.30 Sun 05:10

カラバッジョゆかりの地へ♪トスカーナの漁師町ポルト・エルコレ

フィレンツェのヴェッキオ宮殿内にある500人の広間 ポルト エルコレの戦いbatteria di porto ercole↓の絵画が飾られています。 それでは、現地ポルト・エルコレへ♪ ガイドブックには、あまり紹介されていませんので… 元モンテアルジェンタリオ住民の私が見どころをご紹介いたします! 旧市街にやってきました! ポルトエルコレといえば…やはりカラヴァッジョですよね♪ ポルトエルコレの街並みを カラヴァッジョ巡りしてみましょう! 足腰が鍛えられます!坂...

イタリアに嫁入り!ヘアメイク朋美のイタリアオーガニックなライフスタイル★トスカーナの旅風景 | 2017.04.29 Sat 23:10

2542 StepsGallery(中央区銀座4-4):森彬博展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 StepsGallery(中央区銀座4-4)では、森彬博展。 会場風景。 展覧会タイトルは、−Re:PLANET−。 グラフィカルな図案風。 純度の高い抽象表現。 写実的なシュールリアリズムっぽい絵。 イラスト風。 作風の多様さに戸惑います。 多くの画家は、自分の「芸風」との相性の良さで、 モチーフを選びますので、 個展は、バリエーションの展開の場となりますが、 この作家の場合、 モチーフの方が優先され、作風を適宜、選択し、 器用にも、それぞれ面白い絵画になっています。 ...

画廊めぐりノート | 2017.04.29 Sat 05:24

2541 Gallery-58(中央区銀座4-4):高橋 桃展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 Gallery-58(中央区銀座4-4)では、高橋 桃展。 会場風景。 画面いっぱいに霧のような煙のような、 実態をもたないものが蠢いています。 あるいは、モノですらなく、 何かの、 変化する性質や、ありさまを絵画化しているのでしょうか。 ※作品名は無題です。 事物が描かれない以上、 鑑賞者の前で、画面は語らず、存在しています。 そのように、内包された感覚は、 謎めいた中にも、 「確かにある」という説得力のあるイメージを作り出し、 鑑賞者はその前で呼吸し...

画廊めぐりノート | 2017.04.29 Sat 05:14

7月までに行きたい美術展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 展覧会って「まだまだ開催中〜」と思っていると、あっという間に会期末で大混雑。という経験ありますよね。 ってことで作ってみました、展覧会会期情報一覧。 会期終了日順に並んでいるので、上から攻めていけば慌てないはずです...   https://drive.google.com/open?id=0B0DmSSrNnRMAdHAxWlNYdGNlOEE        

ぷらっと展覧会 | 2017.04.28 Fri 17:54

ウォルター・クレインの本の仕事@千葉市美術館

JUGEMテーマ:美術鑑賞   千葉市の千葉市美術館で開催中の「絵本はここから始まった ウォルター・クレインの本の仕事展」に行ってきました。 http://www.ccma-net.jp/exhibition_end/2017/0405/0405.html   ウォルター・クレインは、19世紀後半にイギリスで活躍した画家。絵本画家として頭角を現したのち、ウィリアム・モリスとアート&クラフト運動にも参加しています。当時の風俗が見て取れる絵本の挿絵や、浮世絵に影響を受けた画風なども色々興味深いのですが、なんといっても特筆すべきは、細...

ぷらっと展覧会 | 2017.04.28 Fri 17:43

2540 GALLERY枝香庵(中央区銀座3-3):浅見哲一・山中現二人展・2

JUGEMテーマ:美術鑑賞   GALLERY枝香庵(中央区銀座3-3)では、 浅見哲一・山中現二人展。 それぞれ、多くを描き込まず、優しく温かな作風ですが、 全くテイストが異なりますので、 二回に分けて紹介。 二回目は山中現の作品。 作品名に「時」がよく使われています。 時は概念ですが、やわらかな形やモノが描かれ、 時間のうつろいそのものが仮託されているようです。 形やモノは 人々の心に様々な意味を暗示しますが、 それらの無重力感、浮遊感によって、 変化してゆく感覚も内包され...

画廊めぐりノート | 2017.04.28 Fri 05:09

2539 GALLERY枝香庵(中央区銀座3-3):浅見哲一・山中現二人展・1

JUGEMテーマ:美術鑑賞 GALLERY枝香庵(中央区銀座3-3)では、 浅見哲一・山中現二人展。 それぞれ、多くを描き込まず、優しく温かな作風ですが、 全くテイストが異なりますので、 二回に分けて紹介。 最初に浅見哲一の作品から。 画面の隅に月が光っているので、 夜が描かれているようです。 ですから、そこに描かれているのは、 夜中、 温かい光で包み込まれることで、 見えるようになった世界です。 昼間なら当たり前の風景は、 画家の独特な感性によって、 闇の中から浄化されるように取り出...

画廊めぐりノート | 2017.04.28 Fri 05:03

2538 コバヤシ画廊(中央区銀座3-8):泉本奈生美展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 コバヤシ画廊(中央区銀座3-8)では、泉本奈生美展。 会場風景。 展覧会タイトルは、−在りか−。 作品名もすべて「在りか」です。 具体的な意味を持たない形態の組み合わせによる 抽象画のように見えますが、 ちょっと見るスタンスを変えると、 何かが見えてきます。 吊られたジャケットや、ドライヤー(違うかも)など。 そのような具体的な事物の前に、 菱形がかぶさり、鑑賞者を混乱させます。 理解において、これ以上近づくことができない。 在ることと、見えること。 ...

画廊めぐりノート | 2017.04.27 Thu 05:18

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!