• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

美術鑑賞

このテーマに投稿された記事:5084件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c89/2890/
美術鑑賞
このテーマについて
美術展や身近な個展等に行って感じた事や
鑑賞するのに役立ちそうな豆知識。
または、開催の告知など
このテーマの作成者
作者のブログへ:「mawaruze」さんのブログ
その他のテーマ:「mawaruze」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

3526 ギャラリー椿(中央区京橋3-3):金井訓志展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 ギャラリー椿(中央区京橋3-3)では、金井訓志展。 会場風景。 展覧会タイトルは、 ー花、美しくも妖しいカタチー。 国立新美術館での独立展は、 高い画力を備えた個性派揃いの見応えある有力公募展です。 筆者は、あの作家の今年の新作は? といった興味で会場を回りますが、 「あの作家」に当然、金井訓志も入っていて、 今年(86回)の出品作、 なぎさの線のままならずには意表を突かれ、唸りました。 ※82回、83回の作品も凄かったです。 花の妖しい美しさが、 色が...

画廊めぐりノート | 2018.12.14 Fri 05:15

3525 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):高浜利也展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4)では、高浜利也展。 会場風景。 展覧会タイトルは、 朽ちる家 ― 落石計画(おちいしけいかく)より―。 エッチング・アクアチント・ドライポイントによる、 重いタッチの抽象表現。 展覧会タイトル(制作された背景)に関しては、 筆者は知識を持ち合わせませんが、 この会場で対峙した作品群はとても心に迫る 何かをたたえていて、 そのような、作品と筆者との間に起こる出来事については、 何か書けそうです。 黒い背景に浮かび上がる...

画廊めぐりノート | 2018.12.13 Thu 05:30

3524 ナンヅカ・アジェンダ 渋谷(渋谷区渋谷2−17):ハビア・カジェハ展

JUGEMテーマ:美術鑑賞   ナンヅカ・アジェンダ 渋谷(渋谷区渋谷2−17) では、ハビア・カジェハ展。 会場風景。 展覧会タイトルは、ーDo Not Touchー。 会場に足を踏み入れれば、 そこで展開されている世界に驚かされ、 この世界を出現させた発想の自由さと、 それを実現させる感性、技術、 つぎ込まれた労力に唖然とします。 少年のキャラクターが等身大?で、 作られ、描かれ、 彼らの日常や、道具類も、 それに見合った巨大サイズで、 丁寧に作られ、描かれています。 第三者に無条...

画廊めぐりノート | 2018.12.12 Wed 05:31

「画廊の夜会」in Xmas アートフェスタ

JUGEMテーマ:美術鑑賞   銀座にあるギャラリー37軒が所属する銀座ギャラリーズでは、「Xmasアートフェスタ」を12月15日まで開催中です。今回はその中のイベントの1つ、「画廊の夜会」に行ってきました。 http://www.ginza-galleries.com/xmasartfes.html   金曜日の17時〜21時まで開催された「画廊の夜会」。クリスマスのディスプレイが美しい銀座の街を歩くのも、楽しかったです。巡った画廊は全部で9つ。ラインナップは次の通りです。   ・宝満堂「明治の工芸展」日本刀の鍔や蒔絵な...

ぷらっと展覧会 | 2018.12.11 Tue 20:12

3523 TSCA(品川区東品川1-33-10 TERRADA Art Complex 3F):大山エンリコイサム展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 Takuro Someya Contemporary Art(TSCA) (品川区東品川1-33-10 TERRADA Art Complex 3F) では、大山エンリコイサム展。 会場風景。 展覧会タイトルは、ーBlackー。 文字通り黒色だけで描かれています。 断面が四角いチューブがうねり、絡まる様子を グラフィカルに描く作品と、 同じモチーフながら、 様々な要素が複雑に重なる、 抽象水墨画的な作品の、 二つのシリーズに大別されます。 通常の絵画は、筆の運動の痕跡ですが、 これらの作品は運動そ...

画廊めぐりノート | 2018.12.11 Tue 06:39

サヴィニャックパリにかけたポスターの魔法観てきた感想

JUGEMテーマ:美術鑑賞 展覧会へ   12月の頭、展示期間が残り2週間ほどに迫ってきている、兵庫県立美術館で開催されているレイモン・サヴィニャックの展覧会を見に行ってきました。   その時の感想を書く前に、まずはその展覧会の基本情報を紹介しておきます。   =====   場所:兵庫県立美術館 企画展示室 期間:10月27日[土]−12月24日[月・振替休日] 休館日:月曜日(ただし12月24日〔月・振替休日〕は開館) 開館時間:午前10時−午後6時(金・土曜日は午後8時まで)...

Shinonome_WebDesign | 2018.12.10 Mon 18:30

3522 ANOMALY(品川区東品川1-33-10 TERRADA Art Complex 4F):チンポム(Chim↑Pom)展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 ANOMALY (品川区東品川1-33-10 TERRADA Art Complex 4F) では、チンポム(Chim↑Pom)展。 会場風景。 展覧会タイトルは、ーグランドオープンー。 チンポム(Chim↑Pom)とは、 2005年に東京で結成されたアート・コレクティブで、 社会的メッセージを持つ作品を次々と発表しています。 16作品がそれぞれのスタイルで展示されています。 会場の奥の一画にある場面が造られています。 にんげんレストラン(ドキュメントVer.) チンポム(Chim...

画廊めぐりノート | 2018.12.10 Mon 05:34

3521 ユカ・ツルノ・ギャラリー(品川区東品川1-33-10 TERRADA Art Complex 3F):流麻二果展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 ユカ・ツルノ・ギャラリー (品川区東品川1-33-10 TERRADA Art Complex 3F) では、流麻二果(Manika Nagare)展。 会場風景。 展覧会タイトルは、 ー「色の足処」The Colors Have Gone Throughー。 具体的な図像のない、 色の薄い重なりだけで成り立つ抽象表現ですが、 青地に紫色の雲がたなびくような作品に、 ー色の跡:和田三造「南風」ー という作品名が付けられていることにはっとします。 近代西洋絵画の記念碑的な作品、 和田三造の「南風」は、1907(明治40)...

画廊めぐりノート | 2018.12.09 Sun 05:14

ピカソ 版画をめぐる冒険 フランス国立図書館版画コレクション

フランス国立図書館が所蔵する約100点の版画作品。新しい表現形態を模索し続けたその足跡を確認できるボリュームたっぷりの展覧会でした。   いやあ、版画でもピカソの熱量は高いなあ。芸術面でも生活面でも現状に飽くことを知らず、常に前進しなければ気が済まない人だったんでしょうね。表現様式の多様さはもちろんのこと、関係した女性の数の多さからもそのことがうかがえます。妻・恋人たちの肖像だけでも何人分あった事か。途中で数えるのをやめちゃいました。70代で子供をもうけるなんて、並の熱量では無理、無...

Un gato lo vio −猫は見た | 2018.12.08 Sat 16:47

【東京店】取扱作家から毎週一作家1点ずつご紹介。 第15回は、糸園和三郎(1911年〜2001年) 

JUGEMテーマ:美術鑑賞 みぞえ画廊のコンセプト:「流行や時代に左右されない、上質な作品、作家を提供」をもとにセレクトされた取扱作家から毎週一作家、1点ご紹介します。   第15回は、糸園和三郎(1911年〜2001年)    『 牛 』 油彩F8号   1911(明治44)年呉服商の三男として大分県中津町に生まれました。尋常小学校5年生の時に骨髄炎にかかり、手術を受けて1年遅れて小学校を卒業しましたが、病気のために進学を断念。1927(昭和2)年上京して次兄と共に大井町に住み、川端画学校...

みぞえ画廊 スタッフブログ | 2018.12.08 Sat 14:31

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!