• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

美術鑑賞

このテーマに投稿された記事:4451件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c89/2890/
美術鑑賞
このテーマについて
美術展や身近な個展等に行って感じた事や
鑑賞するのに役立ちそうな豆知識。
または、開催の告知など
このテーマの作成者
作者のブログへ:「mawaruze」さんのブログ
その他のテーマ:「mawaruze」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

3043 LIXILギャラリー GALLERY2(中央区京橋3−6): 金工のかたりべ展 第二期

JUGEMテーマ:美術鑑賞 LIXILギャラリー GALLERY2 (中央区京橋3−6)では、 「金工のかたりべ展」の第一期から、 同じ作家で、作品の展示換えした第二期。 会場風景。 「クリエイションの未来展」の第14回目となる企画。 監修者である宮田亮平氏と、 現在第一線で活躍する無形重要文化財保持者2名を含む 金属工芸家11名による作品。 金属工芸は長い伝統により、 多彩な素材と技術が蓄積されています。 それらの「ツール」を生かすことと、 作家の個性と、この時代の美の解釈が ...

画廊めぐりノート | 2018.02.23 Fri 05:25

3042 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):川名晴郎展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4)では、川名晴郎展。 会場風景。 風景が描かれていますが、 風景がモチーフの風景画ではないようです。 作品における風景は、背景ですが、 それは「何の」背景なのかが判然としないものの、 「何かが」起こっている予感はあって、 あてなく彷徨うかのような眩惑を感じます。 日常の風景は、 画家の感性によって再発見、再構築され、 幻想的な空間、時間が生まれています。 このように、記憶の出来事、場面を再生し、 日常に混在させ...

画廊めぐりノート | 2018.02.22 Thu 05:53

3041 ギャラリー川船(中央区京橋3-3):高田啓二郎展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 ギャラリー川船(中央区京橋3-3)では、高田啓二郎展。 会場風景。 顔、顔、顔。 描かれたのは青年の顔で、 背景、行動、態度、仕草などの「説明」は 表現されていません。 表情も読み取れませんが、 無表情ではなく、 内面で起こっている何事かが、 目の奥から染み出ていて、 こちらを落ち着かない気分にさせますが、 それが「青年」と共感できることに、 不思議な心地良さがあります。 優れた絵画なのでしょう。 さて、 多くの作品には日付が書かれていて...

画廊めぐりノート | 2018.02.21 Wed 05:21

見てきた展覧会一覧(画廊別 あ・か行)・2018

JUGEMテーマ:美術鑑賞 画廊名 ■あ行 ・藍画廊(中央区銀座1-5) 201801 3010:三輪美奈子展 201802 3036:吉野涼子展 ・青樺画廊(中央区京橋3-5) ・あかね画廊(中央区銀座4-3) ・ 阿曾美術(中央区銀座3-3) ・art space kimura ASK?(中央区京橋3-6) 201802 3030:五島一浩展 ・アートギャラリー石(中央区銀座1-9) ・アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5) 201801 3001:墨で描く展・1 201801 3002:墨で描く展・2 ・あらかわ画廊(中央区京橋2-8) ・ 一...

画廊めぐりノート | 2018.02.19 Mon 18:21

見てきた展覧会一覧(画廊別 さ〜わ行)・2018

JUGEMテーマ:美術鑑賞 画廊名 ■さ行 ・彩鳳堂画廊(中央区京橋3-3) ・四季彩舎(中央区京橋2-11) 201802 3025:松下大一 個展 ・柴田悦子画廊(中央区銀座1-5) ・SILVER SHELL(中央区京橋2-10) 201802 3024:山下裕美子展 ・StepsGallery(中央区銀座4-4) 201801 3016:倉重光則展 ・純画廊(中央区銀座1-9) ・SCAI PARK(品川区東品川1-33-10 TERRADA Art Complex 5F) ■た行 ・T−BOX(中央区八重洲2-8) ・ TERRADA Art Complex(品川区東品川1-33-10 TERRADA Art Co...

画廊めぐりノート | 2018.02.19 Mon 18:21

見てきた展覧会一覧(鑑賞年月別)・2018

JUGEMテーマ:美術鑑賞 ■ 201801 2994 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):遠藤美香展 2995 ギャラリーなつか C−View(中央区京橋3-4):ジョ・ギョウヨウ展 2996 LIXILギャラリー GALLERY3(中央区京橋3−6): 平井智展 2997 LIXILギャラリー GALLERY2(中央区京橋3−6): 金工のかたりべ展 第一期・1 2998 LIXILギャラリー GALLERY2(中央区京橋3−6): 金工のかたりべ展 第一期・2 2999 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3): ...

画廊めぐりノート | 2018.02.19 Mon 18:20

3040 Gallery-58(中央区銀座4-4):マツキ ヒトシ展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 Gallery-58(中央区銀座4-4)では、マツキ ヒトシ展。 会場風景。 展覧会タイトルは、〜万人絵画 重層されるレイヤー〜。 外から刺激を受けると、 ひとはそれを感じ取り 自分自身の中で感情や言葉が生まれ、 それを起点に、様々な発想が広がります。 作家は刺激〜感化〜言葉・感情の流れを、 総体として描かず、 シークエンス毎に画像化し、重ねることで、 結果としての、発想の広がりの絵画化を 試みているようです。 映画において、シークエンスを重ねてしまうと...

画廊めぐりノート | 2018.02.19 Mon 05:16

3039 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):神林學X大輪眞之展

JUGEMテーマ:美術鑑賞   ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4)では、 神林學X大輪眞之展。 二人展の表記ですが、 作家が神林學、額の制作者が大輪眞之という、 異色の連名となっています。 額縁は絵画を飾るためのフレームですから、 芸術性において、絵画と同等ではなく、 鑑賞時も絵画に対するほどの興味が湧きませんが、 今回のように、あえて連名になることで、 絵画と額縁、総体、それぞれの単体への鑑賞へと 導かれます。 中世イタリア技法によって制作された額は、魅力的で、 絵画世界...

画廊めぐりノート | 2018.02.18 Sun 05:15

3038 コバヤシ画廊(中央区銀座3-8):永原トミヒロ展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 コバヤシ画廊(中央区銀座3-8)では、永原トミヒロ展。 会場風景。 自身が生まれた時から暮らす岸和田の風景をモチーフにした油彩画。 風景をモチーフにした油彩画であり、 風景画ではないようです。 ある特定の風景を描こうというモチベーションは、 街並みや、大自然、あるいは季節感などに宿る、 多彩な色の表現です。 画家は、モノクロームの色彩で描いています。 それは、白と黒との混合で得られる無彩色ではなく、 全ての色をるつぼで溶融させたような、 ...

画廊めぐりノート | 2018.02.17 Sat 05:27

現代美術に魅せられて@原美術館

JUGEMテーマ:美術鑑賞   品川の原美術館で開催中の「現代美術に魅せられて 原俊夫による原美術館コレクション展」に行ってきました。【3月11日(日)まで】 http://www.art-it.asia/u/HaraMuseum/NGs6zPJwCV3WYyQrk9De/   現代美術に焦点を当てた美術館として日本の先駆けといえる、原美術館。館長である原俊夫氏が自らのコレクションをキュレーションした本展覧会では、ポロックやリキテンシュタイン、ナム・ジュン・パイクなど現代美術の教科書に出てくるビッグネームの作品が鑑賞できます。草間彌生の...

ぷらっと展覧会 | 2018.02.16 Fri 17:47

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!