>
食事・栄養療法
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

食事・栄養療法

このテーマに投稿された記事:579件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c211/25559/
食事・栄養療法
このテーマについて
食事や栄養療法による健康をテーマとします。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「mhealth」さんのブログ
その他のテーマ:「mhealth」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

感染対策におけるクローブの理解:奥平式クローブ水=クローブ+マグネシウム(にがり)

JUGEMテーマ:食事・栄養療法 https://www.dr-okudaira.com/post/infection_control_and_cloves   週刊女性自身 2021年 6/15 号   【感染対策におけるクローブの理解】   クローブは、何世紀にもわたって多くの病気の民間療法に使用されてきた料理のスパイスとしてよく知られています。   呼吸器疾患を治療するために古代からクローブを使用してきましたが、クローブの成分には、?抗菌・抗ウイルス・抗真菌作用、?抗炎症作用、?抗血栓作用、?免疫刺激作用、?麻酔作用がありま...

奥平智之ブログ〜食べてうつぬけ・鉄欠乏女子(テケジョ)・栄養精神医学・血液栄養解析・栄養型うつ・うつよけ〜 | 2021.06.03 Thu 23:30

認知症の予防には「運動」と「腸」:【アルツハイマー病予防における運動とプロバイオティクス】

JUGEMテーマ:食事・栄養療法 https://www.dr-okudaira.com/post/exercise_and_probiotics 運動トレーニングとプロバイオティクスの補給は、認知の低下の進行を遅らせることが示唆されています。 プロバイオティクスとは、ビフィズス菌や乳酸菌などの腸に存在する有用菌のことです。   マウスに運動トレーニングとプロバイオティクス治療を行い、機能的、生化学的、マイクロバイオームマーカーを分析しました。 これらの条件下で、マウスはモリス迷路テストでコントロール群を大幅に上回り、海馬のベー...

奥平智之ブログ〜食べてうつぬけ・鉄欠乏女子(テケジョ)・栄養精神医学・血液栄養解析・栄養型うつ・うつよけ〜 | 2021.05.31 Mon 20:43

ビタミンD代謝のしくみ:チトクローム450(CYP27B1・CYP24A1)、ビタミンD代謝阻害剤FGF-23(線維芽細胞成長因子-23)

JUGEMテーマ:食事・栄養療法 https://www.dr-okudaira.com/post/vitamin_d_metabolism チトクローム450であるCYP27B1とCYP24A1を調整することにより、からだの細胞内のビタミンD濃度を調整しています。   チトクローム450(=CYP=しっぷ)の活性中心は鉄でできています。   ※FGF-23(線維芽細胞成長因子-23)は、ビタミンD代謝阻害剤です 骨より分泌される。活性型ビタミンDの合成を阻害し、腸管からのリンの吸収を低下させます。 FGF-23は、からだのリンの排泄を促進するリン調節ホルモ...

奥平智之ブログ〜食べてうつぬけ・鉄欠乏女子(テケジョ)・栄養精神医学・血液栄養解析・栄養型うつ・うつよけ〜 | 2021.05.30 Sun 17:52

ビタミンDは赤血球生成をサポート:「炎症型テケジョ」を救え!:抗炎症と赤血球増殖の両方の効果を発揮するインターロイキン10 (IL-10) を増やす

JUGEMテーマ:食事・栄養療法 https://www.dr-okudaira.com/post/vitamin_d_and_red_blood_cells   ビタミンDは、赤血球前駆細胞のビタミンD受容体を直接刺激し、赤血球前駆細胞の成熟と増殖を助けます。   ビタミンD受容体の活性化は、炎症性サイトカインを減らし、赤血球の前駆細胞に対する抗炎症活性を増やしたり、抗炎症と赤血球増殖の両方の効果を発揮するインターロイキン10 (IL-10) を増やします。 IL-10は、抗炎症性サイトカインです。マクロファージや T細胞(Th1)などの細胞によって生成さ...

奥平智之ブログ〜食べてうつぬけ・鉄欠乏女子(テケジョ)・栄養精神医学・血液栄養解析・栄養型うつ・うつよけ〜 | 2021.05.30 Sun 15:08

老化促進物質「AGEs」が関連する病気は?統合失調症の合併症リスク:美容に大切。鉄欠乏女子(テケジョ)も注意

JUGEMテーマ:食事・栄養療法 https://www.dr-okudaira.com/post/ages_and_aging AGEsってきいたことありますか?美容の敵となる「老化促進物質」です。 終末糖化産物(Advanced Glycation End Products)のことで、 タンパク質の糖化反応(メイラード反応:ホットケーキがこんがりきつね色に焼ける等)によって作られます。 炎症、酸化につながり、老化(エイジング)の原因になります。 例えば、皮膚のコラーゲン同士を結合させ、弾力性を低下させ、肌のシワやタルミの原因になるなど・・・   ...

奥平智之ブログ〜食べてうつぬけ・鉄欠乏女子(テケジョ)・栄養精神医学・血液栄養解析・栄養型うつ・うつよけ〜 | 2021.05.30 Sun 09:51

老化促進物質「AGEs」が関連する病気は?統合失調症の合併症リスク:美容に大切。鉄欠乏女子(テケジョ)も注意

JUGEMテーマ:食事・栄養療法 https://www.dr-okudaira.com/post/ages_and_aging AGEsってきいたことありますか?美容の敵となる「老化促進物質」です。 終末糖化産物(Advanced Glycation End Products)のことで、 タンパク質の糖化反応(メイラード反応:ホットケーキがこんがりきつね色に焼ける等)によって作られます。 炎症、酸化につながり、老化(エイジング)の原因になります。 例えば、皮膚のコラーゲン同士を結合させ、弾力性を低下させ、肌のシワやタルミの原因になるなど・・・   ...

奥平智之ブログ〜食べてうつぬけ・鉄欠乏女子(テケジョ)・栄養精神医学・血液栄養解析・栄養型うつ・うつよけ〜 | 2021.05.30 Sun 09:51

鉄欠乏女子(テケジョ)+ビタミンD欠乏女子(デケジョ)に注意

JUGEMテーマ:食事・栄養療法 https://www.youtube.com/watch?v=6Fpl8v4xgMU&t=11s https://www.dr-okudaira.com/post/tekejo_and_dekejo 鉄欠乏女子(テケジョ)はビタミンDの欠乏も伴うことが多い。 ビタミンDは、ヘプシジン(鉄吸収抑制ホルモン)を低下させてくれる抗炎症ビタミン。 ビタミンD欠乏女子(デケジョ)は、炎症体質のリスクをかかえています。そのため、炎症による鉄の利用や吸収に問題がでている可能性があるので注意が必要です。   ちなみに、鉄欠乏もビタミンD欠乏もセロト...

奥平智之ブログ〜食べてうつぬけ・鉄欠乏女子(テケジョ)・栄養精神医学・血液栄養解析・栄養型うつ・うつよけ〜 | 2021.05.29 Sat 23:55

ヘプシジンとは?炎症があるテケジョ「炎症型テケジョ」は、「ヘプシジン」により鉄の吸収ができない:鉄吸収抑制ホルモン・鉄代謝調節ホルモン

JUGEMテーマ:食事・栄養療法 https://www.youtube.com/watch?v=6Fpl8v4xgMU&t=11s   炎症がある鉄欠乏女子(炎症型テケジョ)は、ヘプシジン(鉄吸収抑制ホルモン:鉄の吸収や利用を抑制するホルモン)が上昇しているため、腸から十分な鉄が吸収できません。   ヘプシジンとは、肝臓から分泌される「鉄代謝調節ホルモン」です。 炎症などのヘプシジンレベルが異常に高い状態では、マクロファージや肝細胞内に鉄が閉じ込められ、腸の鉄吸収が低下するため、血清鉄が低下します。 重症化す...

奥平智之ブログ〜食べてうつぬけ・鉄欠乏女子(テケジョ)・栄養精神医学・血液栄養解析・栄養型うつ・うつよけ〜 | 2021.05.29 Sat 23:22

鉄欠乏女子(テケジョ)とは?:絶対的鉄欠乏と機能的鉄欠乏(炎症による鉄の利用障害)

JUGEMテーマ:食事・栄養療法   https://www.dr-okudaira.com/post/what_is_tekejo   https://www.youtube.com/watch?v=6Fpl8v4xgMU&t=11s   鉄欠乏状態には、?絶対的鉄欠乏と?機能的鉄欠乏(炎症による鉄の利用障害)の2つがあります。 鉄欠乏女子(テケジョ)の多くは、絶対的鉄欠乏がありますが、慢性炎症を伴っている人もいます。例えば、スイーツなどの糖質過多による肝臓の炎症、胃腸が悪いなど・・・。このような「炎症型テケジョ」は、フェリチン(貯蔵鉄)が高めになってい...

奥平智之ブログ〜食べてうつぬけ・鉄欠乏女子(テケジョ)・栄養精神医学・血液栄養解析・栄養型うつ・うつよけ〜 | 2021.05.29 Sat 22:29

ビタミンD欠乏は、「炎症体質」の一因に:「炎症型テケジョ」は、ビタミンDの適正化を

JUGEMテーマ:食事・栄養療法   https://www.youtube.com/watch?v=6Fpl8v4xgMU&t=11s   ビタミンDには、抗炎症作用があるため、慢性的なビタミンD欠乏状態では、炎症をひきおこしやすくなります。 慢性的な炎症は、からだの小さな火事です。胃腸の粘膜の炎症、花粉症がひどい時などは炎症です。 炎症があると、組織における鉄の利用や、腸管における鉄の吸収が低下してしまいます。 これを「炎症による機能的な鉄欠乏」と言います。 炎症があると、鉄欠乏女子(テケジョ) の治療は時間が...

奥平智之ブログ〜食べてうつぬけ・鉄欠乏女子(テケジョ)・栄養精神医学・血液栄養解析・栄養型うつ・うつよけ〜 | 2021.05.29 Sat 21:51

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全579件中 11 - 20 件表示 (2/58 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!