>
食事・栄養療法
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

食事・栄養療法

このテーマに投稿された記事:579件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c211/25559/
食事・栄養療法
このテーマについて
食事や栄養療法による健康をテーマとします。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「mhealth」さんのブログ
その他のテーマ:「mhealth」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

鉄欠乏女子は、ビタミンD(日光ビタミン)が大切!:テケジョをサポートする抗炎症ビタミン(鉄吸収促進ビタミン):ビタミンD欠乏女子(デケジョ)は多い

JUGEMテーマ:食事・栄養療法 https://www.dr-okudaira.com/post/iron_and_vitamin_d   鉄欠乏女子(テケジョ)は、ビタミンD(日光ビタミン)が大切。 にもかかわらず、ビタミンD欠乏女子(デケジョ)は多い。 D欠乏は鉄欠乏の回復の阻害因子です。 ビタミンDは、テケジョをサポートする大切な抗炎症ビタミン(鉄吸収促進ビタミン)です。   【テケジョおけるビタミンDの効用】 ?炎症で増えるヘプシジン(鉄代謝調整ホルモン)の発現を低下・・・ヘプシジンのプロモーター領域中のビタミ...

奥平智之ブログ〜食べてうつぬけ・鉄欠乏女子(テケジョ)・栄養精神医学・血液栄養解析・栄養型うつ・うつよけ〜 | 2021.05.29 Sat 16:51

ビタミンD欠乏(D欠乏女子:デケジョ):あなたも隠れD欠乏? 大切な日光ビタミン

JUGEMテーマ:食事・栄養療法 https://www.dr-okudaira.com/post/iron_deficiency_and_energy_deficiency   都市部に住んでいる慶應義塾大学病院の女性勤務者571人の血中ビタミンD濃度を測定したところ、若い世代の女性の方が、「ビタミンD欠乏」が多かったという結果でした。 39〜49歳のビタミンD欠乏女子(デケジョ)は32%であり、60〜69歳の女性の2倍でした。 ビタミンD不足も入れると、なんと8割近くの方がビタミンD(日光ビタミン)を補う必要があります。   お肌を紫外線から守るために...

奥平智之ブログ〜食べてうつぬけ・鉄欠乏女子(テケジョ)・栄養精神医学・血液栄養解析・栄養型うつ・うつよけ〜 | 2021.05.29 Sat 15:30

鉄欠乏女子(テケジョ)は「エネルギー産生不足女子」:手先が冷え冷えちゃん、疲れやすい、仕事や運動のパフォーマンスが低い、胃腸が弱い、お肌の不調など・・・

JUGEMテーマ:食事・栄養療法 https://www.dr-okudaira.com/post/iron_deficiency_and_energy_deficiency   鉄欠乏女子(テケジョ)は、ミトコンドリアでのエネルギー産生がうまくできません。全身の細胞において、効率的にATPが産生できません。そのため、全ての臓器の機能低下につながっています。 手先足先が冷え冷えちゃん、疲れやすい、仕事や運動のパフォーマンスが低い、胃腸が弱い、お肌の不調など・・・いろんな症状がみられることがあります。   鉄欠乏女子(テケジョ)は、まさに、「...

奥平智之ブログ〜食べてうつぬけ・鉄欠乏女子(テケジョ)・栄養精神医学・血液栄養解析・栄養型うつ・うつよけ〜 | 2021.05.29 Sat 14:44

「ビタミンD欠乏」は不妊の原因に:妊娠出産にはビタミンDの適正化が大切

JUGEMテーマ:食事・栄養療法 https://www.dr-okudaira.com/post/vitamin_d_deficiency_and_infertility 不妊に悩んでいる女性は少なくありません。隠れビタミンD欠乏の女性は非常に多いですが、「不妊」の原因にもなります。 動物実験では、出産を75%低下させ、新生児の成長にも影響を与えました。 卵巣の細胞には、ビタミンDが作用し、ビタミンDを蓄積します。 男性の場合も、ビタミンD欠乏は、生殖能力の低下につながりますが、これはビタミンDno直接的な要因ではなく、低カルシウム血症が原因です。 &nbs...

奥平智之ブログ〜食べてうつぬけ・鉄欠乏女子(テケジョ)・栄養精神医学・血液栄養解析・栄養型うつ・うつよけ〜 | 2021.05.28 Fri 23:33

ビタミンD欠乏は膵臓のインスリン分泌にも関与

JUGEMテーマ:食事・栄養療法 https://www.dr-okudaira.com/post/vitami_d_deficiency_and_insulin ビタミンD欠乏は、インスリンの分泌低下に部分的に関与する可能性があります。 下記の論文では、ビタミンD欠乏ラットに1,25(OH)2D3を補充すると、食物摂取量が増加し、インスリン分泌が改善しました。 ビタミンD欠乏症がインスリン分泌の障害と関連しており、食物摂取量の減少が少なくとも部分的にこの障害の原因である可能性があることを示唆しています。 CHERTOW, B. S., et al(1983). Cellular mechanisms...

奥平智之ブログ〜食べてうつぬけ・鉄欠乏女子(テケジョ)・栄養精神医学・血液栄養解析・栄養型うつ・うつよけ〜 | 2021.05.28 Fri 22:18

口腔粘膜疾患と亜鉛欠乏:口腔扁平苔癬、再発性口内炎、舌痛症、口内乾燥症、萎縮性舌炎

JUGEMテーマ:食事・栄養療法 https://www.dr-okudaira.com/post/zinc_and_oral_mucosal_diseases 亜鉛欠乏は、口腔内の疾患につながる可能性があります。亜鉛欠乏は、炎症や、キズの治りを遅らせたり、粘膜上皮のバリア機能の低下につながります   亜鉛は、少なくとも3000のタンパク質の補因子として機能しています。 再発性口内炎、口腔扁平苔癬、舌痛症、萎縮性舌炎、口内乾燥症などの口腔粘膜疾患は、亜鉛欠乏が様々なメカニズムを通してリスク因子の一つになっている可能性があります。 血清亜鉛...

奥平智之ブログ〜食べてうつぬけ・鉄欠乏女子(テケジョ)・栄養精神医学・血液栄養解析・栄養型うつ・うつよけ〜 | 2021.05.22 Sat 21:35

コーヒーの「カフェストール」の2つの作用:⑴コレステロール上昇作用 ⑵解毒作用⑶胆汁酸の合成を抑制

JUGEMテーマ:食事・栄養療法 https://www.dr-okudaira.com/post/coffee_cafestol コーヒーは、炭水化物、脂質、窒素化合物、ビタミン、ミネラル、アルカロイド、およびカフェイン、カフェストール、カーウェオールなどのフェノール化合物を含む、1,000を超えるさまざまな化学物質で構成される化合物の複雑な混合物です(Spiller MA. Caffeine. Boca Raton: CRC Press; 1998. The chemical components of coffee; pp. 97–161. )   コーヒー豆中にはカフェストールが多く含まれているため、コーヒー豆そ...

奥平智之ブログ〜食べてうつぬけ・鉄欠乏女子(テケジョ)・栄養精神医学・血液栄養解析・栄養型うつ・うつよけ〜 | 2021.05.20 Thu 00:48

クスリが、プレグナンX受容体(解毒受容体)を活性化させてビタミンDを分解する可能性〜抗てんかん薬・ステロイド・胆汁酸・セントジョンズワ―ト・コーヒー〜

JUGEMテーマ:食事・栄養療法 https://www.dr-okudaira.com/post/pregnane_x_receptor_and_vitamin_d   一部の抗てんかん薬(カルバマゼピン・フェノバルビタール)やステロイド、胆汁酸、セントジョンズワート(成分のハイパーフォリン)、コーヒー(成分のカフェストール)は、プレグナンX受容体を活性化します。   プレグナンX受容体は、活性型ビタミンD3を不活性型に代謝する酵素(ビタミンD分解酵素)であるCYP24を誘導します。   プレグナンX受容体は、「ステロイドおよび生体異物検...

奥平智之ブログ〜食べてうつぬけ・鉄欠乏女子(テケジョ)・栄養精神医学・血液栄養解析・栄養型うつ・うつよけ〜 | 2021.05.18 Tue 22:22

新型コロナ感染時における「ビタミンD」のレニン・アンギオテンシン系の調整作用とは?:抗炎症・血栓抑制・重症化予防につながる

JUGEMテーマ:食事・栄養療法 ビタミンDの不足・欠乏者は非常に多いです。新型コロナ感染対策において、ビタミンDは3つの点で重要です。   A.免疫調整作用 ➡抗菌ペプチド(カテリシジン・ディフェンシン)の産生促進、自然免疫↑獲得免疫↑   B.抗炎症作用 ➡炎症性サイトカインの抑制 サイトカインストームの抑制   C.レニン・アンギオテンシン系調整作用 ?【レニン阻害作用➡組織障害↓】 レニン活性を抑制することで、アンギオテンシン2...

奥平智之ブログ〜食べてうつぬけ・鉄欠乏女子(テケジョ)・栄養精神医学・血液栄養解析・栄養型うつ・うつよけ〜 | 2021.05.18 Tue 02:04

血液栄養解析を活用!尿素窒素(BUN)低値はタンパク・ビタミンB群不足?、高値はカロリー不足?

JUGEMテーマ:食事・栄養療法 https://www.dr-okudaira.com/post/blood_nutrition_analysis_bun   血液検査結果をみるときに注意してみましょう。 血液検査の項目の「尿素窒素(BUN)」、高いと腎機能低下とされる項目ですね。 栄養面からみますと、低すぎる時は、タンパク質やビタミンB群が不足、高すぎるときは、カロリー不足かもしれません。 他にも、上昇因子・低下因子があります。上昇因子と低下因子が併存することもあります。 上昇因子がなければ、BUNは、原則として15〜19くらいが理想的で...

奥平智之ブログ〜食べてうつぬけ・鉄欠乏女子(テケジョ)・栄養精神医学・血液栄養解析・栄養型うつ・うつよけ〜 | 2021.05.16 Sun 22:53

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全579件中 21 - 30 件表示 (3/58 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!